FC2ブログ

えいがざんまいのとしのせ~2

まぼろしの
…。

明日に!
夢にときめけ!
明日にきらめけ!

スポンサーサイト

としのせのえいがざんまい~

アルゼンチンのお話し
オリンダ
(オ)リンダ(ニャハハ)はイタリアからの移民
ペーターはドイツ人で、女性を探しにやってくるんヨ
映像、ところどころ、ププッてふきだしてしまう感じのとこあるねんけど
ドラマチックですよ

猫ストーカーの映画
猫
フムフム…そうねぇ
路地の感じ素敵やねぇ
ほんま、猫、いそう・・・
ほんま、そんな女の子、いそう・・・


あと…
企画もんのスピンオフやねんけど
大洗
はぁ…
このタイプの映画は今後
"ナイス系"
そない、名付けるとする
ナハハ 勝手にネーミング
何がエエかなぁ…
"コマネチ系"?…とか考えたんやけどな
あ、"ナイス"は、決してナイスってことではないよ
そんな題名の映画あるやろ、それそれ
(言わんでもわかるか…いちお言うとこ)
ま、世間的には"脱力系"?いうのんかなぁ…
いぃ~や、ちゃうちゃう!
ぜぇんぜん、ちゃうわ

ま、僕の勝手な、あれやけどな…

そやけど、どこが、どない面白いんやろ…


いやぁ 映画は、出会い、やなぁ
ホンマに

映画三昧の年の瀬~♪

1936ねんのえいがかぁ

一人息子

〔風に揺れる洗濯物〕

-風の強い日
「あれがごみ焼却場ですよ おかぁさん」
ごみ焼却場の見物に出かけ
草っ原に座る
東京で思うように暮らせていない息子と
やっと信州から東京に会いに出てきた母

その時の息子の“告白”というよりも…”甘え、そして言い訳”…
「東京になんて来るんじゃなかった…」
「どうしてだい」
「お母さんと暮らしていたほうが…」
「どうしてだい 
 どうしてそんな事言うんだい」

〔風に流れる工場からの煙〕

「しょうがない」の”あきらめ”
母の失望…

〔壁に貼った”疳の虫”のおふだ(逆さに貼った多分不動明王かなぁ)〕

お向かいの家の息子に不慮の事故…
母親が病院でつぶやく
「あのこ ミット(野球のグローブ)欲しがってたのよ
こんなことなら 買ってあげれば良かった…」
幼い妹が、そんな母の袖を引っ張り、見上げて言う
「ねぇおかぁちゃんあたいに毬(マリ)買ってね」

その出来事で
予定通り東京見物に連れて行けなかった夜に
お母さんが言う
「いいや、今日は、どこへ連れて行ってもらうよりもよかった…
今日は、ほんとに誇らしかった」

〔風に揺れる洗濯物〕
 
母役の飯田蝶子が信州に戻り
絹糸工場の長屋に居住まいしてるんやけど
板間を拭きながら
東京で会った息子の話し(・・・)をする
そのあと外に一人で出て、工場の広い壁の前に腰掛ける

〔鎖がかけられ閉ざされた工場の大きな木製の門〕

観る側の僕らの感情で深い映画と完成するんや…
〔風に揺れる洗濯物〕は〔テーブルにある珈琲カップ〕なんや
あ…ひとりごと ひとりごと

エエ映画よ うん

メリィクリスマス♪

"アオイトリベントウ"クリスマスイブバージョン♪ナハハ、いつもとおんなじ
091224blue

メリークリスマス!♪
ベランダのローズマリーに飾りつけしたりして
"なんちゃってツリー"テーブルに飾ったりして
小さいツリィ♪
"食前酒~"とか、やったりして
シェリィ俺は転がりつづ…
さて!
今年のクリスマスイブディナーのメニューわぁ~
"ロォスト・ビィィィィフゥ~"(声:大ヤマのぶよ)
クリスマスディナー
簡単やんねぇ、けど、めっちゃパーティーメニューな感じやん♪
とか、食べたりして

そんでぇ
!(絵文字:びっくりな目)
"クリスマスケーキ"!
手作りしてくれたのんなんて最高やんねぇ
美味しかった~ぁ♪
"タルト"って大好きやわぁ
カスタードとイチゴの甘酸っぱい感じ♪
ピスタチオの演出♪エエ感じやなぁ
ホンマ美味しかったわぁ
ご馳走さまでした

ありがとう

楽しいディナー
ありがとう

ホクホクだいこん シーズン!やん♪

簡単やし、大根安い季節なったなぁ~やし、エエやん
"ふろふきだぁこん"♪
大根!
熱々を「ふぅふぅ」言うて食べる

蒸し風呂の"風呂吹き"(垢すり職)
背中に「ふぅふぅ」言うて、息吹きかけて背中こするのん思い浮かべるんか
はてまた 
漆器の乾燥室(風呂)の壁に大根の茹で汁を吹くのがエエ言うて、ほんで、その時に茹でた大根が旨い

…諸説あるねぇ、語源

前者の"ふろふき"の感じがエエなぁ…
そやけど
『寒い冬は何と言っても"ふろふき珈琲"!』
とか
『新発売!揚げたて"ふろふきドーナツ"!』
とか
『ふろふぅ~きイモぉ~♪あつあつでおいしい"ふろふき芋"はいかがですかぁ~』

『お前のその"ふろふきなボディ"に俺はイカれちまうぜ!』

そない言わへんしな…

んな あほな事考えながら
「ふぅふぅ」ホクホクの大根と
やっぱ冬は熱燗やねぇ
の 夜は更けてゆく~

1952年のえいが

"あほいとりおべんと"
091222blue

さて
「おかあさん」
小さい写真やな…
プロローグはね…
金魚鉢 蝸牛 鳥篭 子供…(ふふ) 

『おかあさん(田中絹代)は、少し小さくて、長いほうきが大嫌いで ~ 』
娘(トシ子)の語りで始まるこの成瀬巳喜男監督のこの映画
短いほうきで掃き掃除の姿に、いきなり笑けてしまうねんヨ

その娘が好きなのは
“お父さんの大好物、それがあれば他はいらないくらい大好きな
おしょおゆをかけた煎り豆
それを食べる音♪”
ナハハハ

娘の今川焼の屋台のシーンで出てくる“猿とび佐助”の純文学???て、どんなんやろか

そや
妹がお姉ちゃんに話すねんけど…これがエエのよ
「わたし、おさしみになりたい」
「なんで?」
「だって、そうしたら、かぁちゃん、いつも ~ 」
おばさん(お母さんの妹)の子、幼い”テッちゃん”を預かってて、
手がかかるやん?そやし、そんな風に思うことやねんけど、
なんかしらん、胸がワァ~ッてなる言うか、
ニヤケてしまう言うんか、な
(ナハハ、上手い事説明できひんなぁ…)

そやそや
“福原クリーニング”を手伝う“木村さん”は、ハバロフスクで捕虜だったから、”捕虜のおじちゃん”
とか
花嫁衣裳を着た彼女を目撃した平井ベーカリーの彼の顔…ニャハハ
笑ったなぁ

そやそやそや
”ピカソパン”!言うのが出てくるねん
グローブみたいなん?とか思うやろ、ちゃうねん~
こんなん!
絵
ナハハ
こんな感じの、その"ピカソパン"をな
明日のデート♪で、二人でラブラブで食べるねん!と
一生懸命焼いて、意気込むねんけど
デート当日
なんと!
妹のチャァ子とテッちゃんを連れてきた(アハハ)
そやけど
4人で食べる池のほとりの原っぱの風景
エ~エのよぉ

そやな…
長男ススム君の病気とか、
お父さんのこととか、
チャァ子ちゃんのこととか…
様々な出来事、時代背景や生活
思えば胸が苦しいねんけど
“そやねんけど”と言うなんちゅうか…

「大好きなおかあさん」
最後の”トシ子の語り”はエエなぁ

ちゅうことや

エエ映画やと思うよ

美しい"ひかりのショウ"♪

お昼~青い鳥べんとう"
091221blue

さて!
2009年!中ノ島の
図書館の壁!ウォールタペストリーを観に行きました!
美しいねん

咲き誇る花
舞う雪
鳴り響く鐘の音


その美しい絵たち

沢山の人々が
その景色の一部になって

沢山の人々が
それぞれ感じること…
その美しいショウに

沢山の人々が
それぞれ想い描く感動
その美しい光のショウは
ホンマ大勢の人々に感動をあたえるんや

図書館の壁の前で
みんな
感動してるねん

『美しい』
って

素晴しいやろ
ホンマ素晴しい
そない思うねん

1941年のえいがやで

戸田家の兄妹
タイトルのとおり、”戸田家”の話し
母親の還暦祝いの記念撮影シーンから始まるねんけど
そのシーン、家族それぞれの感じが、すごい伝わるねん
その夜、狭心症の父:戸田進太郎に…
裕福な戸田家は大変なことになるんやけど

そらぁ、それぞれの事情があるんやろうけど
なんか…
そんなん、ちゃうやん!
なんで、そないなん!
と、なんか、あほくさい”世間体”とか”思いやりないわ”とか
観てて色々思うねんけど
ともかく、どこへ行けっちゅうねん!

“お母さん”
“妹:三女の節ちゃん”
“お父さんのエビナ?かな(蘭)の鉢植え”
“キュウカン鳥”

そこへ…
父の1回忌の席

"大阪に鯛釣り"…あ、そやないねん(アハハ)
"天津に仕事"に出ていて、帰って来た、兄:次男の昌二郎(佐分利信)

○×△!

ほんで
最後は、何だかホンワカな感じやねんけど…
砂浜へ散歩言うて逃げる兄
あのシーンで収拾つかへん何かこぉしっくりこん感じの感情?
それが、誘導された感?あるんよなぁ…茶目っ気で…ナハハ

この映画から、あの”東京物語”につながっていくんやな…
そんなふうに感じましたなぁ

"しゅくめい"言う曲、言うことや

sand
以前にも観た映画やけど
"デジタルリマスタ"のん観ました
やっぱり
"サスペンス"ではない
そんなんやないねん
この映画

"♪宿命"
その曲 や

すがすがしい っ!や ナハハ

朝っ!
SOUPでしっかり
窓とか開けたりして
『さぶっ!…でも、すがすがしっ!』
やねん♪
朝SOUP

昼っ!
玄米おむすびでしっかり!
足元の枯葉カサカサ鳴らしたりして
『さぶっ!・・・でも、すがすがしっ!』
やねん♪
091218blue

"元気"
つまり
"生気"や
生き生きしていくでぇ~

ヴィエナ…うん エエよね

すっかり落葉は茶色んなったなぁ…
それでも"青い 鳥べん♪"
091217BLUE

鑑賞してまいりました♪
ミュージアム♪
すごいなぁ、やっぱり
“パラス・アテナ”
そう、分離派のフラッグの様な
まさにオルブリッヒ設計のゼセッションに掲げられた
『時代には時代の芸術を 芸術にはその自由を』
のセリフを語るような…
ワォ! やねぇ

で…や
ラスト2作品のところで…や

趣味のエエ青いネクタイにベージュのスーツの…や
斜め45°上を鋭く見てる…や
マックス・オッペンハイマーの描いた
“アドルフ・ロース” ! や!
オットー・ワグナーとかやない
彼 や

なんか、意図してる?
とか、変な勘ぐりしてしもたがな…(ナハハ)


最後の絵画が
同じくオッペンハイマーの描いた
“エゴン・シーレ”!
…冷めた目ぇしてるねん これが
ププッ
実際はなんや、絵が売れへかって、そないな表情なんらしいけどな…

…そや
あと
“詩的リアリズム”?
“情緒的印象主義”?
呼称は別にどおでもエエか…
エミール・シンドラーの
”森の小道”言うタイトルやったと思うねんけど
構図といい…ふむ
まさに森の小道やねんけどな

-これか…これや、そうか、こういうことなんや…-

ってな
あ…ひとりごと ひとりごと
とにかく!
”グッ”ときたんよ
…うん

そやなぁ…一点一点をじっくり感じるねん
そしたら、ミュージアムを出る時に
なんや、その時代の空気感に入りこめた?
触れれた気がするねん うん。

1942年か…

タマネギってサラサラなるんよね?
シンプルやけど 美味しいよねぇ 
"朝オニオンSOUP♪"
091216朝

本日の~♪"青い鳥弁当!"
いつも同じやん?、そうでもないぜぇ~(ナハハ)
091216blue

さて!
父ありき
あらすじ書くつもりはないねんけど
このシーンはどうしても…やな

金沢の清流 
ハヤ釣り
並んで同じテンポで釣竿を振る
父と息子の後ろ姿

-いつしか時は流れ 少年は25歳-
久しぶりの父と息子、出かけた塩原温泉

那須塩原の清流
並んで同じテンポで釣竿を振る
息子と父の後ろ姿


…あのな
ホンマ、あれやねん
いや、ホンマ…

それから…

父:堀川周平(笠智衆)の
「しっかりやんなさい
なにも悲しいことはない
私は できるだけのことをやった
幸せだった」


息子:良平(佐野周二)の
中学時代から望んだ“夢”…
「たとえ1週間でも一緒に暮らせた
その1週間が、生きてきたうちで、一番、幸せだった」


…あのな
ホンマ、あれやねん
いや、ホンマ…

あ…ちと 書きすぎたかな

そやけど
こんなにこんなに染みこんでくる映画
登場人物それぞれの魅力…

考えてるねん
すごく 考えてる
うん

いやぁ エエ映画や

1952年かぁ…

お昼は"青い鳥お弁当"(友情出演:ピジョン君…"ちゃん"かも知れへん)
091215blue
さて!
お茶漬け
映画の中に出てくるお店やねんけど
とんかつの”カロリー軒”
お店のサインて、豚描いてあるねん、その下に"カロリー軒"て、可愛いねん
そやけど、カロリーって…
とんかつ、カロリー軒やでぇ(ナハハ)
そや、ほんで、
ラーメンの”三来元”のラーメンの味、やねんけど…
なんや想像できたなぁ
え゙!“おかわり”しよったで…やった(ニャハハ)

そや…
笠 智衆の演じる”パチンコ屋さんを経営してる彼”が言うんやけど
「パチンコは、究極の幸福な孤独だよ」てなな
「こんなもんが流行っちゃ駄目ですよ…」って
…いやぁ、なんやグイグイくるわ、ほんのワンシーンやで?なぁ?

そやそや…
せつ子さんを叱るシーン…めちゃくちゃ笑った
…そやけど その後の
「僕みたいな夫婦がもう一組できるだけじゃないか」
「いいの?おじさま」
「しょうがないさ」
「ま…しょうがないよ」
うぉ~~っ、や、思えへん?(わからんか…ナハハ)

茂吉(佐分利 信)がな、妻:妙子( 木暮 実千代)の前で
“(味噌)汁かけご飯”食べてる時の話しやねんけど
「やめてくださる?」
「駄目かい?」
「そんな、犬の餌みたいな 云々」
「…うっかりしちゃった」
とか、煙草”あさひ”の事、とか、うん
「僕の育ちの問題…」
…これ、”夫婦の問題”、つか、
どの時代かて、そうなんやな

そやけど な

そうやねん
“お茶漬けの味”や
その味やねん
二人ともお腹が空いて
他のもんが食べたいんやなくて
”お茶漬け”、が食べたくて
ほんで、夜中、二人で準備して
“ご飯”、”お茶”、”胡瓜の糠漬”…
2人向き合って座って
ほんで、糠のにおいのついた妻の手をにおったりして
二人でたべる

妙子:「美味しいわ」
茂吉:「うん、旨いね」

…ホンマ
”そのお茶漬けの味”
なんやなぁ…うん

えへ?ネタバレ書いてしもた…
そやけど
エエ映画やねん

あ…男はな
ネクタイがいいとか
服のセンスがいいとか
そんなんやない
男は
『たのもしさ』
やねんて…
てなストーリー
エンディングでもう一つあるねんで~

エエ映画やねん

葉のおちた枝からすかす空、綺麗やなぁ

"青い鳥べん"食べて…
091214blue
そんな空、見上げながら思うねん

"政治の四患"言うのがある
『偽』
『私』
『放』
『奢』

古くから言われてるんや…




タイトル…ん~、かんがえるねん

めんどり
シーン、シーンの話しかて、ようさんしたいわぁ
そや…今度
ゆうっくり、この映画の話ししょ

なんとも
いやはや

やられてる わ 僕。

ぬかどこのちょうし

糠床の調子?
エエねん
エエ感じやわぁ~
お漬物
焼酎とコレ♪

かんとく!すきです!

"青い鳥べん"
091211blue
さて…
むぎのあき
紀子三部作言うねんね…
エエわぁ~
観てみて
きぃぃっとわかるから

壮大やなぁ…すごいなぁ…

ツルギ

ほんま映画って、出会いやなぁ…

面白いわぁ
長屋紳士録
いやぁ~笑ったなぁ

おたねさん(飯田喋子)の
「シッ!」ってのん、顔…ワハハ
そや
息子が2000円を当てたお家で
長屋の皆で宴会するんやけど
その時、田代さん(笠 智衆、男前やなぁ…)の
「得意だろ”のぞき”」
このシーンもめちゃ笑った…
そう、”のぞきからくり”やねんけど
“口上”が、めちゃくちゃエエねん♪
茶碗をチンチキ♪チンチキ♪
…たまらんナァ
寝小便
うちわで扇ぐ
砂浜でのおむすびのシーンもエエし

この映画、昭和22年か
空襲のあとの、空き地、瓦礫…
時代背景からの映画論評もあるんやろなぁ…

上野
西郷さんの像
戦争孤児たち…
先日の宮本輝の本思い出したりして…

そや
最後のおたねさんのセリフ
他のシーンとは声のトーンが違うんやけど
グッてくるねん
ほんまそやなぁ…って

もういっぺん観たい
すぐ 思った。

エエよ、ほんまに。

りんごむくシーンはたまらんよ…

"青い鳥べん"
091208blue
さぁ
小津作品
「かならず 幸せに なれ」
「はい」
…うん
たまらんなぁ…

あ、
おじ様のおでこにキスのシーン…
(ネタバレやし言わんとこ)
そん時な
なんかな、メッチャ照れたわ
あれ?
完全に感情移入
してるのんやな…
おじさまに

エエ映画やわ

どうよ…

"青い鳥弁"
091207blue


唄、聞きにいきました
ギタァ
“情熱~♪"
エエねぇ
サンキュ いやホンマ

さて…"映画"って書いたしな…
MILK
さて…
どうよ?
そぉかぁ、ドキュメンタリー調映画やねんね
そやけど、ショーン・ペンて役者の表現力は素晴しいねぇ

さて…
どうよ?
そや、ディエゴ・ルナ君はミスター・ロンリーの子やんなぁ

さて…
どうよ?

なんなんやろなぁ…
 
“自由”ちゅうのんは
”自分に由る”いうこと
そういうことなんやからネ
うん。

ヴォージョレでね♪

大好きなボージョレ"THULUN"とパン(有名なお店やんねぇ…いつも行列できてる)
ヴ♪
美味しいパンとフレッシュなワイン♪
最高~っ!

さて…
voya
オマージュ?
”赤い風船”への…
そうかなぁ
なんやろ…
”日常がドラマチックなんだ” 
うん、そういう感じ?
…そや
小津安二郎作品へのオマージュ
なんやないやろか…てな感じの映画やなぁ


あ…東洋人のソンさんの存在、エエよね
雰囲気もエエし

さて…
ガマ
そやけど、役者の役所広司さんの演技は素晴しいなぁ

さて…
kama

さてと…
ワインワイン♪

話されてるのん聞きたいわぁ…

お話しされてる顔見たいナァ…
いやぁ~面白かった
ほんま
"つまる人ら"や(反義語にしてみたけどあかんか…)
"骨董"のお話しも興味津々面白いなぁ
前登志夫氏との会話!なんとも興味深くてもっと聞きたい(ん?読みたい)わぁ
後半の養老氏や多田富雄氏、科学の話しかて、
なんやろ
白洲正子氏の"引き出しかた"というか…
面白いよなぁ

いやぁ~面白かった!

さんかく さんかく♪

本日の"青い鳥"
…足元の落葉がエエ感じやなぁ
091204blue

△三角いのん
三角
"三角"言うても 
三角縁神獣鏡は日本製か?!
みたいな議論かわしたり
卑弥呼てホンマは…
な何とも楽しい話し~
はてまた バミューダ海域の…
ちゃうねん

ロッピィ♪ロッピィ♪っと
あうよねぇ~っ
"ワインにロッピィ"
ん?最近は慣れたなぁその愛称
"ロッピー"
昔は何て言うてたやろ…
やっぱり
"三角のチーズ"やんなぁ?
今やあたり前みたいやけど
"赤いツマミ"で綺麗にむけるやん?
便利になったわぁ

すっきゃわぁ



雷鳴を聞く…感じる か

北風ピープゥ♪おぉ 清々しいっ!
ブルッ ううっ(ニャハハ)
"青い鳥のお昼"
091203blue

井上靖著
いつの間にか僕は…
その門弟の皆達と共に、蔫薑の話しに耳を傾け、
子の思い、考えに少しでも触れたい、解りたい
そんな気持ちで…
最後の段では僕も
縁側で雷鳴を皆と共に聞くためにいた、ような…
一緒に縁側で感じたい…
それやないかなぁ。
ん~、著書中のこれこれを取り上げて、話したいとか…
ここはどうとか…”上部の斜め読み”的な意見はアホ臭いなぁ…
そやなぁ
“子が言ったかどうか”…そんな問答も
“誰が一番の弟子なのか”…そんな問答も
まったく馬鹿馬鹿しく感じないんよなぁ
ふむ…
其々の子への敬愛が基本にあるからやねんなぁ
ともかく、何だか時間をかけて読みました。
よかったよ

あ、そや
なんだか”蔫薑”に、著者の人柄を重ねてたなぁ

きいろいさんかく


葉っぱ
ハラハラハラ
落葉

黄色 赤…
サワサワサワ
波みたいやなぁ

すっかり葉の落ちた木々

陽のあたるベンチ

冬かぁ…
091202BLUE
そやなぁ
そや
"いちょう"て、雄と雌があるんよな…
雄は雌に恋するんやろか
-あの娘に届け-と花粉を何キロもとばす
その花粉が届いて受粉したこと、その雄に知らせてやりたいなぁ…
-ほら、めちゃりっぱな銀杏の実が、ほら、こんな沢山-言うて
あ…臭い、な…

そやなぁ
そや
"いちょう"て、すごい昔からいる樹木なんよな…
恐竜たちが長い首を伸ばしてその葉を食べる姿を想像する
〔想像〕
なんやすごいなぁ
〔車のクラクション〕
ん?
〔街路樹の葉をほおばる○×ザウルスの後ろは、車の大渋滞〕
ううわ、道路めちゃ渋滞してる…

そやなぁ
そや
なぁんで、黄色くなるんかなぁ…

などなど…
なぁんだかなぁ

師走ですね

月初めの朝soupはなんか特別っちゅうか
なんちゅうか ま いつもとあんま変れへんねんけどな
そや、ソーセージが入ってたりする(ニャハハ)
"ミネストロォネ♪"
091201soup♪
グッドモーニング♪

月初めのお昼ご飯はなんか特別っちゅうか
なんちゅうか ま いつもとあんま変れへんねんけどな
そや、大根が"しそ大根"…あれ?普通か
091201BLUE♪
グッドヌーン♪

月初めの晩酌(お家手酌ですが…)はなんか特別っちゅうか
なんちゅうか ま いつもとあんま変れへんねんけどな
そや!…って ええか
酒と 塩辛と フェラクティ
"塩辛"
ちょびっ♪って箸の先につまんで
"ぬる燗"で
きゅっ♪
わかるかなぁ…
ちょびっ♪きゅっ♪
ちょびっ♪きゅっ♪
うううわ さいこ~
あ…音!
アフロビート♪

ちょ♪きゅきゅ♪ぐびぐび
ちょ♪きゅきゅ♪ぐばばばば~!

あげく一人で両手あげて揺れ踊ったりして…
ヌハハハハ

皆さんもお試しあれ



プロフィール

Arbre de Hiver

Author:Arbre de Hiver
fuyu

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード