FC2ブログ

よるはビールとえいが♪

よう
なんだか
「はぁ~っお茶漬け食べたい」
そんな朝
110228朝お茶漬け
あ…いやいや、昔な「はぁ~っしば漬け食べたい」っつうのが…
あ…う…説明してる僕、くぅっっっ

夜は映画で♪
こんな感じなんや、ええやん

どぉぉぉぉ
こないなるかぁ!
松たかこさんもエエけど
木村よしのさんもエエねぇ

中島哲也監督の思惑通り
そんな映画になったと思うわ

原作に足りない部分の補足の表現やら
観客の心情を揺さぶる描写、手腕やね…


原作は苦手やった(僕はよ)けど
この映画は、エエやん

あれ…?
そんな事て、あんまりないなぁ…

『原作と映画は別もん』
ここでも逆に言うとこぉ
スポンサーサイト

にちようびのはかたしゅっちょう…

よう
(早朝の西へ向かう新幹線の車内から)
売店で買ったのだ
110227朝
さっ"朝のおむすび弁当"食べるのだ
中だよ

お昼は
タダァ~ン♪
110227お昼もつ
"もつなぁべぇ~"

帰阪帰阪、と
お?買って帰るか…
どれにすっかなぁ…
どれにすっかなぁ

で、夜ご飯は
"おうちえきべん"なのだ
これにしました
さぁ♪
なかだよん
この感じ、ビールとあうわぁ~♪
新幹線の車内にいるようないないような
なぁんか面白いねぇ
"おうちえきべん"
ナハハハ

はぁ~っ 今日もお疲れ様でした
僕。

あれ…これ見るかぎりは…
食ってばっかや

ガハハ

けさのリゾ

よう
"かぼちゃのリゾット"
110226朝リゾ
パルメジャーノがっさぁって
さぁ、今日もハリキッテまいるぞ!
おしごとおしごと~
ってか…

さいきんのあさ、なんだかリゾッとるぼく

よう
"春キャベツのクリームリゾット"
110225朝ごリゾット
パルメザン、だぁっってかけて

毎日、あの町のことが気がかりでさ…

よう
今朝は"南瓜でリゾット"
110224朝リゾット

しんやのおうちとざん

よう
今朝は"トマトのスープ"でね
110223朝ごはん

夜は映画♪
2だ
これ、
面白かった。

続きもののタイトルにしなあかんかった事情はわからいでもないけど
別物のテーマやと思う

最初の作品は、"思い"いうのがあって特別や思うから。

"アイガー北壁"
ジョーが語ってくれる

まえもみたんやった

よう
今朝は"玉葱のスープ"でね
"エピ"って好き
110222朝ごパン

夜は映画♪
そないな
…ううう 以前に借りて観たな、コレ

そんな時はいつも
店員さん
「前に借りてはりますけど、エエですか?」
って聞いてくらはるのになぁ…
店員さんによるねんやろね。

さて
"アクション"のコーナーに置いてあるわな
そやけどやっぱり
冒頭のクライミングシーンは「ワァッ」って声出てしまうなぁ
そやけど
クレバスの中でのシーン…あれは、あれやなぁ…
どないかならんやろか
もぉ、ならんわな

映し出される美しい風景も勿論エエ

よう
さぁ朝ごはん食べるのだ
110221の朝ごはん

夜は映画♪
運命を
"ジョー"と"サイモン"
二人は
アンデスの"シウラ・グランデ峰"未踏ルートに挑む
登頂
そして

遭難…


原作
『死のクレバス /アンデス氷壁の遭難』
著者:ジョー・シンプソン

彼は、なぜ書いたのか…

それが

痛いほど伝わってきた。

にちようびのしんさいばし

お仕事でした
心斎橋のお店で
ムムムム!
焼け焦げ痕のついちゃった卓子
うぉっしゃ~っ!
まかせとけぇっ
と、気合


はるかなる…読みました。

よう
さぁ、朝ごはん食べよう
今朝は、"お味噌汁"だな…うん
南瓜が甘くてホックリだ、うん
110219朝!

さて…
ジェフリー・アーチャーさんの
この小説、読みました。

さて…

ニューヨークタイムズ記者のインタビューでも
やはり、と言うか…皆が、そうするように
「では最後に…」と言って、彼に質問した。

「なんで山に登らはるんですか?」(Why do you climb Mt. Everest?)

「なんでも」(Because it is there)

彼、ジュージ・マロリーがそう答えたのは、1923年のことだ

そのインタビューから30年後
1953 年5月29日
人類初とされる歴史的快挙
エドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイは
地球上で一番高いピーク、前人未到の8,848m登頂を果たしたのである。

…とされている。

その初登頂から20年前にさかのぼる1933年のことだ
エベレスト最終アタック、ファーストステップ8460m地点で発見されたのは、
アーヴィンのアイスアックスと空の酸素ボンベだった
9年間その場所に転がっていたわけだ
ひっそりと

9年…

1924年6月8日
エベ
ジョージ・マロリーは北壁セカンドステップの岩盤で声を聞いた
それは、あきらかに頭上にいるアーヴィンの声ではない
幻聴だろうか…

ポケットの中にある"愛妻ルースの写真"を想い
「もぉすぐだ、一緒に見よう、サガルマータからの景色を
まだ誰も見たことのない世界で一番高いところからの景色を」
そのルースの写真を、そこに飾るという約束をした。
それは、"彼女(エベレストという名の)との決別"を意味するという事を、愛妻ルースに示す為だ
…そして自分自身にも。

第五キャンプにいたノエル・オデールは
人類初の快挙を成し遂げて戻るはずの彼らの為に
第六キャンプに向かう途中
見上げる雲の切れ間に彼らを見た。
間違いなく
"セカンドステップにいる彼ら"を…

- 8,848m -

1924年6月8日のことだ。

今や"至踏峰"となったその場所で
彼は、愛用しているコダックベストポケットカメラを取り出した
そして
彼が写したもの、それは
地上で一番高い場所、偉大なる頂点
やっと制覇することができた、ずっと恋焦がれてきたエベレスト…
彼女の上に置いた"愛妻ルースの写真"だった

その時
叫びにも似た突風が写真を空中に巻上げた
一瞬のことだった

1999年5月 1日
8160m地点で発見された遺体は
ジョージ・マロリー彼のものだった。

消息を絶ってから75年後の事だ。

75年…

その場所で…
まるで
愛しい彼女を抱くように


エピローグ:
もちろん、そこにはチャイニーズラダーなんてものはまだまだ無い時代の話し
そんな時代
彼らの2本づつの酸素ボンベ、その酸素残量から考えて…とか
192406
当時の登山装備、技術…時間的要素とか、
チーム1924
そして、マロリーの
切れたザイル
身体についたザイルの傷
ポケットに入っていたサングラス
そして
所持していなかった"愛妻ルースの写真"

未だ発見されないアーヴィンの遺体…
そして
未だ発見されないコダックカメラ
頭から離れん…

「最後に」
僕は、ニューヨークタイムズの記者に質問するんだ

「なんで、知りたいのん?」(Why do you want to know?)

彼は答えるだろう

「なんでも」(Because,they were there ,surely)


などなど想ってみたり♪

 
あっ
本の感想、感想

冒頭の臨場感なかなか
それもそうと、凄いのが
       …つづく。

しんきゃべつ そろそろよぼかな はるきゃべつ

よう
"新キャベツのクリームスープ"♪
110218朝
甘っ
旨っ
ほんまっ

ゆきがふったりあたたかかったり…そろそろサンカンシオン?

よう
"ニュージーランドのかぼちゃポタージュ"♪
110217朝
やっぱり、"ニュージーのかぼちゃ"旨いよ
うん
さっ、今日もハリキッテまいりましょ!

うん

ウィスキーとどくしょ

よう
"シラスズッパ"
110216朝!

夜は
ウィスキー
グラスを傾け
金色の液体ごしに君*を見る
なまめかしい…
ダンディズムな夜
110216夜!

【注釈:*ジョニーウォーカーのボトル】
キャハハ

ゆきぼうしをかぶったやまとびわこ

よう
"ポットアフゥ"♪
20110215朝ごはん
にんじんは大きめに切って
ほお張る感じが好き
甘くて美味しいヨネ♪


今日は滋賀で打合せ
帰りの大津のサービスエリアから琵琶湖を眺む
大津のサービスエリアで
山、綺麗やなぁ~
大津のSAから景色
あの山頂からの琵琶湖…
エエやろなぁ見に行こかなぁ…
などなど

さっ帰阪 帰阪っと

ありがとう って気持ち

よう
110214朝
"しっかり朝ごはん"って感じするなぁ
"ゆかりおむすび"美味しいよねぇ

さぁい鳥弁當を食べようぢゃなゐか
20110214blue

「ありがとう」
さんきゅ
なんや照れくさいわ…
伝わるんやろかなぁ
この「ありがとう」の気持ち。

ホンマに…

ひととなり、いうのんやね、かんじるよね、やっぱり

よう
"めっちゃ具沢山豚汁朝ごはん"
110213朝ごはんだ
ひゃぁ旨っ♪

さてさて…

20世紀になってからと言うもの
世の中っつうのは多大に
世紀末の"ソレ"を発端とする世界だ
"ソレ"っつうのは…
ウィリアム・モリスが率いた"アーツ&クラフツ"と言っても過言ではないだろう…

"ユーゲント・スティール"だろ
"アール・ヌーヴォー"…
クリムト率いる"ゼセッション"
そう、"ウィーン工房"は1903年に開かれようとしていた
そのちょうどその1年前
1902年の事…
ここウィーンに生まれた女の子がいる。
彼女の名前は
"ルーシー"
そして、彼女は20歳になり"ウィーン工業美術学校"に通いだす
"ウィーン工房"は1932年に閉じてしまったが
"ヨゼフ・ホフマン"らは、その学校で講師として彼女に手ほどきをしたのだ
そして
彼女の前に、ひとつの扉が開かれる
その扉の先に続くひと筋の道…
彼女はその道を歩むことになる。
ただし、その道は…

ニャハハ
行ってきました♪
行ってきました♪
"ルーシー・リー"
そんな彼女の生い立ち
戦争の影…
ロンドンへの亡命…
写真もエエよねぇ

目の前の焼き物を通して
ん?こりゃ『焼いてみました…ホ?、結構いけてるやん♪』てのんかもなぁ…
とか
(あ…失礼、そんな訳ねぇな、精魂込めて作品に向かってはったはずや)
そぉか、やぁっぱり、この戦時中の"ボタン製作"っちゅうのが、アレやな、
彼女の作品の、フム…
"彼女の創る器のルーツ"
最終日の今日…
そんな風に想像してみたり♪

そして1990年
彼女が脳梗塞で倒れるまで…
そして
その後の5年間を想ったり…

多くの人たちが感じることのできる感じのいい展示会だったと思うなぁ
うん

お腹すいた~
"カレーのお店"で遅めのランチ♪
あの店のあのカレー
僕はもちろん
スーパーホット♪

ワインとドクショ♪

「ワインでもやるかなぁ♪…」
「よっ♪と」
「ん~ワインオープナーはどれにしょっかなぁ~♪
「ワインでも開けてぇ♪っと」
コッコッコ♪(グラスにそそぐ音)
まったりと
「キュ~ッ ウメッ♪」
「さっ 読書 読書っと♪」

【すべて独り言です(キャハハ)】

ひとりのんびりえいがとほんざんまいするときめてそないするデイオフ today

『大人の見る繪本 生まれてはみたけれど』
大人の
1932の映画や
"サイレント映画"

引越しトラックのタイヤが、轍にはまってしもたシーンから始まるねん
斉藤達雄の演じる"お父さん"はサラリーマン
東京郊外へ引越し
"常務"一家の住む町
彼の勤めてる会社の常務ね

"兄弟"、そして、"お父さん"、"お母さん"役は吉川満子、の家族劇
サイレントとは言え
めっちゃ、"小津監督の描く世界"
好き

引越してきたばかりの兄弟
それに対する"地元子供コミュニティ"の反応
子供達の世界
遊び…何度も出てくるシーン
"雀のたまご"を屋根に梯子かけて採る…
食べるねんよ
手をかざすと相手が倒れ、アーメン、そして指を指すと起き上がる…
主従関係の確認行為やね
子供ら皆でトークセッション
「誰のお父ちゃんが一番偉いか!」
ムフフ


大好きな映画"お早よう"の、"駄々っ子兄弟"の描写シーンの原型が
サイレントでこの映画の中にあったり
そやそや、カメラワーク
…あ、そんなこたエエわな…うん。

そやねん
その"駄々"の原因やねんけど
少年はな、傷付いたんよ
"岩崎常務"、
あ、常務の息子も同じ学校に通ってるんよ
で、その常務、
お父さんの会社の社長な
その家で8mm(かな)映画の上映会するのやけど
子供達は、皆、その"常務の息子"に"貢物"して
この貢物が、ほれ、
"雀のたまご"やねん
その息子が、丁寧に、宝石みたいに箱に並べて入れてる姿…
アハハ
そうそ、でな、
嬉しがって大人たちの後ろで一緒に映画、観るねん
色々な景色のフィルム上映するねんけどな、
でな、
つぎの映画に映ったのは
今まで見たこともない 周り、上司にへつらう様な
兄弟のお父さんのお調子顔、やったんや
うん
ショックやったんやな
で、ラストシーンに繋がっていくんやけど…
このラストシーン
なんや、エエねんで~
(ナハハハ)

観終わって
ふと…
あれ?これって無声映画やったっけ?
な感覚…
なんとも言えん空気感…

"踏み切りの音"や
"電車の音"
"洗濯物を揺らす風の音"とか
それぞれのセリフの言い回しかて、なぁんとも面白いねんよ
…あ

うん そぉや
"サイレント映画"やねんけど
やねん
うん

おしごとおしごと

今日は博多出張だったばってん
帰りの新幹線で遅い昼食
売店に、種類、残ってなかったばい
お昼は新幹線で
いっただきま~す
なかみだよ

ふぅ

やっぱり、こくとうぱんの日はウキウキしてたな…

よう
"椎茸スープ"♪
九日の朝ごはん
朝のひと時、ホックリとネ

するめてなんであたりめって言うんか知ってる?ムフフ

よう
"ポット ア フゥ"の朝ごはん
110208朝
野菜の甘みってエエなぁ♪
朝のひと時、ホックリしよ

ナイトタイムです
0218の夜
なんだ?
今夜は酔いがまわるの早いぞ

そんな夜

やきとりやさんでいっぱい、にはい、さんばい、よん…

よう
"新キャベツのクリームスープ"
20110207朝です
朝のひと時…ホックリしよ

焼き鳥屋さんで
焼き鳥食べよ♪
備長炭で焼いたって聞かんでも
うまそ
焼き鳥ですよ
椎茸焼いてもろたり
椎茸もエエ
すなずり焼いてもろたり
すなずりやろ
ひゃぁ 旨
スンマセン、ビールおかわり

こんごうさんの 巻き その2っ

とてもよく晴れた今日
僕は、あの山の
雪の積もった山頂近くで
じゃぁぁぁん♪これだね
"日清カップヌードル"をいただく。

…あの"透明の樹脂フォーク"を思いながら…

ナハハ

コーヒ
山で飲む珈琲の香りは格別♪

よう
日曜日の早起き
"金剛山ハイキング切符"で南海電車にしばしゆられ
河内長野からロープウェー乗場ゆきバスにゆられ

登山口のお店
登山口のお店
名物??ん~、でも、買って食べてる人結構おらはりました。
「俺の"行動食"は"回転焼"だぜっ」つうのもイケてるかもやな(ムフフ)


この間とは景色が変わるなぁ
景色変わるもんやなぁ…
でも、丸太の階段は多くのハイカーに踏み固められてるから
丸太の階段やけど
カッチカチで、アイススケートリンクを歩く感じ想像しましょう
やっぱり"軽アイゼン"くらいはないと登るの難しいよ 怪我する うん。
それにしても…
陽射しが気持ちいい♪
お日様、気持ちエエ~♪
ん?気付けば…
もぉココまで登ったかぁ
君ならどっち?
君ならどっちに行きます?(ナハハ)
僕?
…内緒っ

山頂広場
カップ ヌードル?!
それにしても、今日は、大勢のハイカーだなぁ
あ…そぉだなぁ…
"シニアな方々の人数"っちゅうのはベースにまずあるわ…変わらず多い
うん
で、今日は、それに"ファミリー"やろ
"子ども会"、"ボーイスカウト"、などなどの人数がオン!なんや
そらぁ多いわ
すげ~っ、なんだかテーマパーク…
"大パノラマ雪の山頂パーク"!
(ニャハハ)

ソリで雪遊びの子供達の楽しそうな笑い声

それを見て微笑む、パパ、ママ達

そして、それを見て微笑む、僕

あ~っ よく晴れて ホント良かったネ うん♪

"転法輪寺(真言宗醍醐派、葛城修験道大本山)"
おおっ!
おおおっ!
あっ
やっぱり、皆、つくるんやねぇ…
みな、つくるんやねぇ(微笑み)

"葛木神社"
手水のとこやねんけど…(水は凍っててないよ)
やっぱり面白い
やっぱり、面白いよ、このイラスト(ウフフフ)
山頂!
お参りして
きれいなソラ
さっ下るかぁ~

"ダイヤモンドトレイル"から小道に外れれば…
すこし外れれば結構な積雪
まだまだ雪、キラキラして綺麗だ
せせらぎの音
せせらぎの音を聞きながらアイゼンを外す-小休止 ふぅ…気持ちいい
雪も消え
雪も消えて…
帰路につきます
バスで一路河内長野駅へ
河内長野駅までバスでゆらゆら

そして…
なんばのあのお店
新ドイツの都市の名前!のお店
美味し~い"唐揚げ"と
"ビール"♪
ムフフフ
…あは、コレも山の楽しみ

はぁ~っ
山、楽しっ♪

じゃぁまずは…朝ごはん食べて、と なんだよ

よう
"大根のホワイトスープ"してみた
110205朝スープ♪
美味しいじゃん…♪

♪タマネギ タマネギ
 サイコロダイコン サイコロダイコン
 炒めて 炒めて
 お水っ (コーラス:おみずっ)
   
 -間奏- スキャット:グツグツ グツグツ(リズミカルに)
 
♪塩っ (コーラス:しぃおっ)
 胡椒 (コーラス:こしょおっ)
 鶏がらスープ (コーラス:もとでしょ?)
 イエス!-右手こぶし、顔の右上から下に(素早く)-
 ミルクッ (コーラス:牛乳っ)

サビ♪) 白味噌っ!(コーラス:えっ!しろみそっ?)
   イエス!-振り付け 同上-  
   
 -間奏- スキャット:グツグツ(コーラス:アゲイン)グツグツ(コーラス:アゲイン)

サビ2♪) 出来上がりぃぃぃぃ-人差し指を前に突き出しながら(ゆっくり)-

きょうは平成23年の"せちわかれ"だね

"せちわかれ"だ

「福はうち、鬼もうち」言うて豆撒くのは、金峯山寺の蔵王堂だよネ
そして、またまた思い出す"節分の鬼"のお話しは、マンガ日本昔話し

「鬼はそとっ、福はうちっ」
今年も豆まき、しました。

そぉそ、子供の頃…
この日の為に、早くたくさんの歳をとりたかったっけ…

ポリポリッ、豆を年齢数分、食べました。

あれ?割れてる豆は2個で1個かいな?
まぁエエ21、22っと…
あんがい適当なの
しかも、食後、日本酒のアテにポリポリ♪食べたのでな…
ニャハハ

今年は、"南南東"を向いて
ガブッ♪てネ あ…コンパスで方角確認ヨォ~シ!よ ハハ
いただきました
「しゃべったらあかんねんで」て、しゃべってしもた。
鰯は
いわし♪美味しい、あ、柊は無いからぶら下げられないなぁ~
"黄金いわし"?
ん~そない書いて売ってたのん、塩焼きのん、美味しそうな"いわし"よ
いやぁ~そやけどイワシて美味しいよなぁ
もっと日々、食卓にあがってもエエんちゃうかなぁ
はぁ~美味♪

さて…
今朝、不思議な出来事があった。

不思議と言うよりも…
些細な偶然の出来事と言った方がいいのだろうか…

今朝、僕は、毎朝そうしているように、
乱れたベッドを整えました。
僕の寝相が悪いからです、残念ながら。

すると…どぉいうことでしょう

ベッドの下からコロコロッと
転げ出て僕の足先に当たって止まったのは…
"一粒の豆"

「へ????…」

もちろん、掃除機はかけています。
ベッドの下に関しても一年間の内に少なくとも10回は、かけている筈なのですが…。

しかし、
間違いなく、僕の足元に転がり出てきたのは
"一粒の豆"
間違いなく、去年の節分の夜に撒いた豆なのです。
いったい、その豆が「鬼は外」の掛け声の時の豆なのか、
さてまた、「福は内」の豆なのかは知る由もないですが…。

僕は屈んで、その豆を、そっと摘み上げました。

すると…どおでしょう

その豆の色は…
黄金色とでも言うのでしょうか?

その時です、
僕は、摘んだ指先に何か異変を感じたのです。
そして、そっとテーブルの上に置きました。

すると…なんと言うことでしょう

その豆は、頭の窪み部分(胚芽の様な部位)から、真っ二つに割れたのです。
そして…
中から、一寸も無い鬼が出てきたではありませんか
淡い緑の鬼です。

最初の内は、生まれたての子牛の様に四つん這いになってヨロヨロしておりましたが
やがてスックと立ち上がり、
そして、目を真ん丸に見開いたまま固まっている僕を、見上げたのです。

何か言っているようです…

小さすぎて聞こえませんので、耳をそっと近づけてみました。

「○△□」

やはり良く聞こえません、もお一度、指を一本出して合図してみました。

「○△□」

「…」

僕は、最大限の小さな声で、鬼を驚かさない様に聞きました。
「まるさんかく…しかく?」

そして、もう一度、耳を近づけました。

「ソォ、マル、サンカク、シィ~カァ~クッ」

僕は、ゆっくり腕を組み考えました。
何かの暗号なのだろうか…
ありがた~い教えなのかも知れないし…
でも、いくら考えても解りません。
その間、淡い緑の鬼は、割れた豆の半分を椅子にして、僕と同じように腕を組み僕を見上げています。

とりあえず、
あまりにも…この何とも言えない空気は、心地悪すぎるので…

「わかりました」

とりあえず…
言ってみました。

すると、なんと言うことでしょう

ついさっきまで、豆を椅子にして腕組みをしていた淡い緑色の鬼は、スッと…
いなくなり、豆は元のとおり丸い形に戻っているならまだしも…
濃い緑色に変化したのです。
濃い緑色の鬼です。
又、何か言っています。

「ホントニワカッタノカ!」

「…わ、わかったよ」

「ジャァ、イウテミィ」

「あの、あれやろ、マルはマル…そっ、丸かぶり巻き寿司や!
そんで…サンカク言うたら…あ!鰯の頭や、そや、そんで…シカクは…
そやそや、豆撒きの枡やっ、どやっ」

「…ナンヤジブン、ソレ、キノキカン、オジンクサァ~イ、シャレナンカイナ…」

「…」

「ワカッタ、シャァナイ、セイカイ、イウタルワ…
マルイチネン、オマメサンカクカクシシテタンハ、ワシヤ、
 ヤ」

「…なんや、シャレやんか…しかも僕以上に、あれやんか…」

「チャウチャウ、サッキハ、ウマレタテデ、シタ、ウマイコト、マワラヘンカッタダケヤ」

「ぷっ」
僕は、思わず吹き出してしまいました。

すると、なんと言うことでしょう

ついさっきまで、豆を椅子にして腕組みをしていた濃い緑色の鬼は、スッと…
いなくなり、豆は元のとおり丸い形に戻っているならまだしも…

ここまでお付き合いいただいた根気強い、と言うよりも、
「ええ~い、ここまで読んだんだから、最後まで読んであげるわ!」な感じの
半ば捨て身な読者の皆さんには、お解かりでしょう…
そぉです!

ブゥ~ッ!
いえ、その色ではないです。

もっと濃い緑色です。
めっちゃ濃いい緑色の鬼です。

すると、なんということでしょう
匠(たくみ)みずからが精魂込めて、家族思い出の一品…

…ゴメンなさい
この辺で、やめてあげます…
やめときます…
やめさせていただきます。
アホナ、ファンタジーニ、ツキアワセテ、ワルカッタ。

そやけど…
一年前の節分の豆が、
一年後の節分の今日の日に、
僕の前に現れたこと…
現れた豆
なんや、やっぱり不思議な気がしてならへんわぁ…。

皆様はどんな節分を過ごされたのでしょうか。
皆様に幸多き一年を…

しばれるよるですネ(ソォデスネッ)そんなよるはにほんしゅですよネ(ソォデスネッ)

よう
やっぱり
お味噌汁
エエわぁ~♪
…って、やっぱり言うてしまうよネ、お味噌汁食べたらネ
ニャハハ
110202朝ごパンです!しっかり食べるのだ
やっぱり
納豆ースト
エエわぁ~♪
…って、やっぱり言わん?
ヌハハハ
おいすぅぃぃぃのにっ

夜です…
晩酌
110202夜タイムです
♪お酒は、ぬるめの 燗がいいぃぃ~
肴はイカぁの塩辛よぉぉぉぉぉ

♪ひとぉりぃざけぇ~てじゃぁくざけぇ~

そして夜は更けてゆくのです…

しろねぎがおいしいきせつですね だいすきですしろねぎ

よう
"具沢山のお味噌汁"でね
白ネギ、甘くて美味しい
110201朝ごパン!しっかり食べるのだ
"納豆ースト"
旨いのだ!

さぁ 二月だ
どんな月になるかなぁ~
なココロモチ、ココロモチ うん
プロフィール

Arbre de Hiver

Author:Arbre de Hiver
fuyu

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード