FC2ブログ

ろくがつもおわりだねぇ

よう
ブルーベリージャムって、色が好きだ
110630朝!

ただいま
さて…
ふむ…ビールだな、やっぱ
110630夜!
グッ グビ グビ 
ぷひゃぁ
な、やっぱりビールやわ
スポンサーサイト

ぬかづけといもじょうちゅう

よう
冷蔵庫の、昨日のスープ残りでね
カレー、"朝カレー"
流行の朝カレー!…だったのか?
よっしゃ、なんかパワーついた気がする
いって!きまぁあす!

石切の歯医者さんの卓子は、椅子に合せたデザインにしてみました
お仕事
ふむ…
つか、すごい、"綺麗に手入れしてはるお庭"見ながら治療してもらえるんやねココ…

ただいまぁ
さぁ"きゅうり"を漬けよう
ぬかです
『買って・食って・支える』か…うん
氷をカララン♪
いもです
うんうん

だいずのみずにはおいしいよね

よう
"大豆たっぷりトマトスープ"
110628朝です
イッテキマス

ただいま
ん~~~
日本酒、冷っ
110628夜です

オヤスミ~

あはは

げつようびのよるはWINEで、なんてことはないのだけれど

ひとりの夜
ワインオープナーでワインをあける瞬間はどうでしょう
なんだか、なんだろう
なんだか微妙な気持ちになりませんか?
ワインをやります♪

そうだ、こんごうさんにのぼろう の巻

よう
開けた窓からは
五角形の光が僕の部屋に
今朝のSUNDAY MORNINGは
正真正銘 SUNDAY MORNINGなりよ

ゆっくりと珈琲を淹れる
そして
ゆっくりと飲みながら
思い浮かべるのさ
"あの山から眺められるだろうその景色"を…

ううぅ…
登るしかあれへんな…
うん
グイと珈琲を飲み干し
さぁっ出発だ(今っ陽が昇るっ♪)

"Mt.ダイヤモンド"へ~("金剛山"ね)

"登山口"
こもれびやろ?エエ感じや
前を行く熟年のハイカーに降りそそぐコモレビ
…なんだか絵になるよなぁ
エエ感じやわ
しばらくは後ろを歩くとする

楠木正儀の墓…五輪塔
塚やねん
別説には"正成の首塚"とも
ふむ
"菊水"が施されてるなぁ…
なんだか
後者の説の方が、しっくりくる感じがする…
でも、それだと…ふ~む…
なわけで

♪青葉茂れる桜井の  
里のわたりの夕まぐれ

など口ずさみながらコモレビをゆく
歌詞はそこしか覚えてなくて…リピートリピート♪
今度、覚えるとする(ナハハ)

しばらく登る
ふと道の脇に
“銀竜草(ギンリュウソウ)”
ギンリュウソウ
ところどころに、銀の龍 
この植物てな、"腐生植物"でな、光合成しいひんねん、まっ白や
ほんで、別名が!
"ゆうぅぅれぇぇぇいたけ"、幽霊茸(ユウレイタケ)
…つうことは
ところどころに、幽霊~
おおぉっ

さて
山頂の金剛桜も濃い緑に色づき
陽ざしを浴び生命感に満ちていた
ひゃあ、今日は淡路島まで見渡せるがな
しばし楽しみ

"鎮宅さん"
苔、なんとも…
苔むしたその佇まいは
なんだか
"廃仏棄釈の悲しみ"を偲ばせている様だ…

しばし、いにしえの世界のひたり

山頂の"葛木神社"にお参り
パン、パンッてね
綺麗な空と緑や

さて…
その景色…
今朝、"想像した景色が見えるはずの場所"に向かうとする

木洩れ陽の道
"春蝉 はるぜみ"が多いに歌う
せみ
ナハハ、この方↑は、この晩春、精一杯鳴いて(…ただろう)
そして、木の根の上でお亡くなりになってた方です
ん?"ヒグラシ"っぽいなぁ…
でも、"ハルゼミ"って見たことあったっけ?
昆虫図鑑買うかなぁ…(あかんあかん、どんどん荷物が重くなる…ハハ)

しばし、ハルゼミの大合唱の中
その力強さ、生命感、そして、はかなさ…にひたり
さて…
その景色…
今朝、"想像した景色が見えるはずの場所"に向かうとする

そして
それは
木々の間に現れた
これが、その景色だ!
眼下の秋津洲は、美しい佇まいだ
そして、背後に広がる雄大な山並み
その中でも、よりいっそう目を奪われるのは
"高見山"の尖峰

ひゃあ、感動やなぁぁぁ
今朝、部屋のベンチで珈琲やりながら想像した景色
僕の目の前にひろがってるねん
うん
そやし、お昼ごはんとする(お腹すいた)
本日のメニュゥ
またまたインスタントォ
そやけどな、めちゃ美味しいねんな
山で食べるゴハンっつうやつぁ、ホンマに♪
今日のランチ
"スポーク(緑のおさじネ)"で、スパゲッティを食べる、つうの…?
めっちゃ"食べにくい事実"に出会いました
…今日の反省点(ガハハハ)

目の前の
"空木(うつぎ)の花"に群がる虫(めちゃいっぱいの蝶々と蜂たち)は
忙しそうに蜜を吸ってる
てふてふ1
夢中やねん
そしたら、目の前のカメラに気付いてな
キャッ!て飛び立つ、みたいに…ワハハ
“卯の花”の白は、ウツギの花の白…か
それにしてもエエ空やなぁ~
てふてふ2
さて、下りるか
下山道の”がくあじさい”の群生が楽しませてくれる
あじさいの色
確か…アルカリ性、酸性の土壌で色が違うんや、うん
可憐やなぁ

さて!
帰りに立ち寄る
ラーメンやさん
これってホンマ至福やなぁ
ビール♪

「くぅぅぅぅぅっ!!
 最高ぉぉぉっ!」

…と、ひとり、カウンターにうなだれて”無言”で叫ぶ
アハハハ

はぁ~ 山 楽し♪

今夜は
“万願寺あまとうがらし”
いただきもののお野菜
お揚げさんと焼きました
やっぱお揚げさんとベストマッチやな♪
フライパンで焼いて、かつおぶしと、さけ、みりん、しょうゆ、しょうがであえるだけ
甘くて、美味し♪
ありがとう!
ほんで、また

「くぅぅぅぅぅっ!!
最高ぉぉぉっ!」

今度は声に出して
ニャハハハ

あさごはんはたべたのか、て

よう
“スープDE オニオン♪”
ハムとオニオンでね、シンプルスープやねぇ
パンはいただきものサンキュ美味しいお店やねぇ

お気に入りの扇風機からの風
“弱”から 
“強”!
でないと汗が…
ふぅぅうう 気持ちエエなぁ~

「ワ・レ・ワ・レ・ワ…」

…どうしても言うてしまう

「キ・ノ・ヲ・モ・オ・ン・ナ・ジ・コ・ト・イ・ウ・テ・タ・デ」

「サッ・オ・シ・ゴ・ト・オ・シ・ゴ・ト・イッ・テ・キ・マ・ス」

あさごはんはたべたか

よう
“スープDE ビーンズ♪”
数種のビーンズでね、ホックリスープやねぇ
110624食べるのだ
お気に入りの扇風機からの風
“弱”から 
“強”!
でないと汗が…
ふぅぅうう 気持ちエエなぁ~

「ワ・レ・ワ・レ・ワ…」

…どうしても言うてしまう

「ソ・ロ・ソ・ロ・ヨ・ウ・イ・シ・ナ・ア・カ・ン」

「イッ・テ・キ・マ・ス」

こんやは何のきぶんかなぁ? っと ナハハ

よう

窓を開けて
朝の空気を僕の部屋に
グイッ~ッて伸びをして
よしっ
さっ
朝ごはん
食べよう!
"舞茸のクリームスープ"♪
朝ごはん食べるのだ!
よしっ
さっ
行ってきます!

ただいまぁ
今夜は"ワインの気分"
ナハハ
『何の気分かなぁ?』って考えるのって
なんだか楽しいよねぇ
vinoでね △でね
もちろん
"ロッピー♪"


うぅ…まぶたが…
重っ…お・も…ZZZZZZZ
ワイングラスを握りながら…
ロッピーかじりながら…
ZZZZZZZ…

おやすみなさい

しんやのきりのどうろのふうけい

よう

とても早く目がさめた朝だ

大好きな詩集でも開いて
お気に入りの詩
声にだして読んでみたりしたりして
ゆっくりな朝ごはん
ゆっくりとね 朝ごはん♪
さぁ、そろそろ出掛けるかな…
行ってきまぁす

今夜は須磨の方で
深夜お仕事
帰りの道は霧
西から流れる霧は
まるで音を鳴らしながら押し寄せているような勢い
霧の深夜
なんだか

とても幻想的な景色

なんだけれども

なんだか

とても寂しい景色

お疲れ様

僕。

いただきもの、うれしいねぇ、おいしいねぇ

よう

朝ごはんを食べよう!
朝定食 ナハハ
鯵♪"いしる漬け干し"
いただき物ですねん
嬉しいねん
フライパンで焼きましてん
美味しいですねん
お味噌汁の具
"根まがり竹"♪
いただき物ですねん
嬉しいねん
ワカメと炊きましてん
美味しいですねん
そんな嬉しい"朝定食"ですねん
よっしゃ 行ってきます!ねん

お昼!
さぁ"青い鳥弁當"を食べようぢゃなゐか
110621blue
"白米"や!
なんや、特別な日な感じのお弁当になるなぁ

まっ 
"毎日がスペシャル!"
なんやもんな
うん

ただいま
夜…
"うべのかまぼこ"♪
いただき物ですねん
嬉しいねん
かまぼこの厚みわぁ~11mmっとぉ♪
"わさび"つけて
旨っ!
かまぼこ板の感じ
エエなぁ♪
深夜の…か・ま・ぼ・こ むふっ
"いも"

"かまぼこ"

"いも"

"かまぼこ"

ぅぅぅぅ
なんと、いけるんや

やっぱり
"今日もスペシャル"
や♪ 

さばがすきや そやけど さけもこうてしまうねや

お早よう
柿の葉にくるまれたお寿司
ほぉんま好きや
鮭と鯖があるんやけど

葉っぱを開く時

どっちやろか…
「鯖っ!」つって
ほんまに"鯖"やったら
なんか、めちゃエエ事がおこりそな気分なる

ほんでも

それが
"鮭"やったとしても

やっぱりな、鮭やろ思たわ
知ってるねん、思たのと反対が入ってるねんな
不思議やわ~

みたいな
楽しい感じになるし
そぉさ さばが好きさ!
そんでまた
食べたら美味しいて


エエなぁ
"柿の葉ずし"

ナハハハ

行ってきます

ひゃあ やなぁ

よう

静寂という名の音の中
谷から沸き立つ
それは
白い獅子たちが舞っているようだ
朝の素敵な風景
ひゃあ、ほんま綺麗やなぁ
朝の風景

梅雨の露
その白い花弁
しずくを落とし揺れる
"どくだみ"の花
ひゃあ、めちゃ可愛いなぁ
どくだみのはな

あじさいなら…
"がくあじさい"が好きだ
可憐に咲く花弁は
まるで
羽根を休める蝶ちょ達
驚かせて、飛び立ってしまわないよう、静かに触れてみる…
雫が跳ねる
ひゃあ、美しなぁ
がくあじさいがしっとりと

そう言えば…
昨日、山道で出会った"蝶ちょ"
しばらく僕が話しかけるのを聞いてたなぁ…
気のせい(ナハハ)
そして
飛んでったんだ
僕の頭の上をヒラヒラと
グルッて一周まわってからね
ちょうちょ

いもり
群がってらぁ
イモリ
いにしえの"惚れさせ薬"
ある方法で処方され、意中の相手に飲ませるという"媚薬"
つうのは、以前日記に書いたことがあるね…
その、彼ら自身
彼ら自身の"惚れ方"っちゅうのは
半端ないんだろうなきっと…
なぁんて…
ひゃあ、愛の季節なんやなぁ
いもりたちは


なぁ、弁
「ひゃあ」やなぁ
BEN!
…なぁ

なぁってよ
聞いてる?

はい
よしよぉし

はい
おいで

ほら
はい、おいでって

おい、こら、きなさい!

もぉっ、

わかった、
たのむから、きてえな



わかった
僕が行くわ



どこいくのんな

おお峯 しすんいわやまに訪れる

梅雨の景色は美しい
美しい景色の中へ…
行者さま

蜘蛛の糸
なんだか美しく映る
雨露に

金峯神社に
階段もしっとり

そして
大好きな場所…
"西行庵"
しばらく…ナハハ1時間くらいいたかなぁ
1時間くらいいただろうか…
霧は時折、庵の姿まで隠す

さて歩くか

てくてく、しとしと
ふと
"青根ケ峰"に立ち寄り
あおねがみねさんちょう

さて歩くか
てくてく、しとしと

峯の道はしっとりと雨露に濡れ
古道…しっとり

山頂に着く
しすんいわさんちょう
さて
お腹すいた
メニューは"簡単ペンネ"♪
お昼ごはんにするとする
さぁ食べよぉ
さんちょうごはん
目の前の景色は
それもまたよき景色
だけど
それも又美しくもあり
立ち上がる霧は
僕をつつむ

四寸岩山は
いわ
"岩間四寸の路"
との、言われあるけど…
ふむ
僕は、別説の"役行者"が馬を留めた
とする
"止駿"(ししゅん)
の方がエエ感じやないやろか…
などなど
温かい"珈琲"などいれて飲み
ゆっくりと霧の景色の中
色ぉんな事、想い

さて
今日はここまで

帰路につくとする

しっとりてくてく
てくてくしっとり
古道…しっとり いやホンマ
てくてくしっとり
しっとり歩く

「うわぁ~ぁぁ」

おもわず声をあげる程
群生の"コアジサイ"は
美しく咲いていて
あじさい
とても綺麗だ

霧の峠を渡り
綺麗だなぁ
そして
金峯神社横の石階段に
石の路に戻りました

ふと空を見上げる

相変わらず
梅雨の空

だけどなんだか

朝の空と
同じなんだけど

少し違って見えた

なんだかね

はぁ 山 楽し♪

ドラマチックやなぁ…

よう
温かい
にゅうめん
ちゅるちゅるいうてな
エエなぁ"朝のにゅうめん"ちゅうのは
朝めんめん
行ってきまぁす



楽しみました

ウエストンさんの登頂から遡る60数年前…

"播隆上人"と"又十郎"は
"槍ヶ岳"のピークにいた

その時…

虹の環の中に現れたのは
"阿弥陀如来の姿"
なんだ

その事実は、事実であって
確かことなんだ
間違いなく阿弥陀如来の姿だったんだ
うん

と熱くなってしまう(ナハハ)

新田次郎の描くヒューマンドラマっちゅうのは
ホンマ引き込まれるなぁ
播隆上人の"ココロ"

"忍ぶココロ"…
やね
ほんま、ドラマティックやわ

文中、播隆上人の言う

『山の頂に向かって汗を流しながら一歩一歩を踏みしめていくときには
ただ山へ登ること以外は考えなくなります。
心が澄み切って参ります。
登山と禅定とは同じようなものです』


それもホンマそぉやね
うん

播隆上人は、
実際、"円空上人"の開山した"笠ヶ岳"を、再興した人
そもそも"開山する"という事…
ならば、実際、
開山したのは播隆上人…
しかしそれを導いたのは円空上人…

そうなんだ
物事は幾重にも重なり

そして
時は流れ…
僕たちの、今
現代に至る

そして

山は
ずっとそこにある


はぁ~ 本 楽し♪

きょうのぬかどこじょうほう ナハハ、ないか

よう
頂きもの"オニオンパン"
美味しいなぁ
今朝のパン!
朝のひととき
さっ
行ってきます

"野菜"はとても美味しい
さぁ、漬けましょ
今日のぬかどこ
"ぬか"を足しましたのなぁ

"いも"はとても美味しい
今夜のさけ!
ついついもぉ1杯…
夜は更けてくぅ~
てかぁ~
うぃっ

玉子はバラバラなるし、レンジ大掃除せなあかんし

よう
さぁ朝ごはん食べよう!
今朝のパン!
たまごはチン♪って
これが簡単早いよねぇナハハ
美味しいしね
そやね、
うん、そやけど
爆発寸前で止めるが
ちょっとしたハラハラ感やん
うぉっそろそろヤバイ?
もちょっと、あ~やばい
お~っっっっ
!
セェェ~フ
みたいな
ナハハ

あ!
いただきものの"パン"
美味しい♪
サンQ

さっ
行こ…行ってきま~す

しずかなよるのろうそくのあかり

よう
にんじん、大き切ってガッサァいうて
"にんじんの御御御つけ"

"白ご飯"

"なすびのぬかずけ"
美味し♪
朝ごはん!
と、言うか…
むしょ~に、こないしてに食べたくなった↓
こないにしたくて・・・
(お行儀わるい?、お家やもんエエやんねぇナハハ)
おおいに、ぶっかけた~
さっ
行ってきまぁす

最近は、ろうそくのあかりが揺れる中
ろうそくのあかり
グラスの氷
カララン♪

たべどきをみのがすな!…て、けっこういつ食べても美味いよねナハハ

バナナがイッポンありました
はバナナがイッポンなんか
バナナの木がイッポンなんか
banananna
バナナンバナナンバナナン♪

かいものかごさげて、とちゅうこうえんで道草、小さい花咲いてるのん見つけにね

ほんまに
昼間のビールっちゅうのは…
昼間のビールて…

予定もなぁんもないデイオフ

さて
映画を観よう
シチリアって映画
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の
なんつうか
監督、彼自身の人生について?
それ、見え隠れぇな感じやなぁ…

"閉じ込められた蠅"が開放されるまでの
ほんの数時間ほどの…
"人生"…
"瞬間"
それは字の如く
"瞬く間"に"過去"になり
なんと早く過ぎてゆくものか…
そして、それは
なんと芳醇なものか

てな

ふむ
どぉかなぁ…
ふむ

まぁエエわ

いやぁ
それにしても
音楽のエンニオ・モリコーネさんとのコンビは
たまらなく好き

はい

さて次の映画
ハラー
もぉ何度観たことだろうか…

原作を読んだことがないので
読んでみようと思う…。

はぁ~ 映画 楽し♪

さて
お腹空いた
てなわけで
買い物籠を下げてね
ブゥラブラ
歩いてね
買出しに出かける

メニューは決めてるねん

さて
タマネギ炒めて♪ 
たまねぎを炒めよう
ワイン(with ロッピー♪)でもやりながらさ
のんびりとさ
ワインをやりながら

そろそろ…
焼こう焼こう

さぁ
"ハンバーグ"を食べよう!
ハンバーグを食べよう

『めちゃくちゃ大きいハンバーグが食べたい』
と言う"衝動"っちゅうのはな
一度沸き起こってしもたら
もぉ抑えられへんもん
なんやねん

うん

ほら、君も
もぉ抑えられない…
明日、ミンチ肉を手にとるでしょう
フハハハハ~

まどから やさしいかぜ ゆらす ろうそくの灯

キャンドルの灯だ

六月の夜
部屋のあかり
けして

あけて
グラスに氷
うかべて

六月の夜
僕の部屋に
やさしい風
ろうそくの灯
ゆらすゆらす

六月の夜
想い
ゆれるゆれる
やさしく

せんぷうきまわしてうどん…ワ・レ・ワ・レ・ハ・ウ・ド・ン・デ・ア・ル

よう
"朝うどん"
朝うどん♪!
冷蔵庫で冷えたお茶は
"ルイボスティ"
美味しいよねぇ

行ってきます!

とこがすこししおからくなっちゃったかもな…ぬかをかいにいこう

よう
近ごろ、早起き
ゆっくりとね
珈琲を飲む

"モリモリ具のカレースープ"
朝しっかりと!
よし!元気っ
行ってきます!

晩酌
今宵は
"いも"と"ぬかづけ"
おつけもので

はやおきめだまやき

よう

早起き
目玉焼き
プレートモーニン♪

んんん~
ん…?

あ!

秀樹
感激

んん…(汗)

なっとうすとのあさ

よう
うまいね~ん!
もぉ何も言うまい…

うまいねんて
いや ホンマやて
だまされた思てやってみて
ホンマ美味いで
いや
あのな、

あ…

もぉ何も言うまい…

あさのにおいとイチゴジャム

よう
早起き
窓を開けると
朝の匂いがする
ゆっくりと珈琲をいれる
朝ごはんはね
ちゃんと食べようと思う
うん
"食べる野菜沢山スープ"
6月6日朝ごはん
バタートーストにね
イチゴジャムはホント合うと思う
さっ
いってきます
と思う

やまとかつらぎさんにおとずれる♪

よう
めっちゃ早起き

わ!すんごいグリーンや
"ブロッコリィスープ"やねん
みどりやなぁぁぁ
健康な色やな
濃厚~っyammy

そろそろ、出掛けますヨ

"大和葛城山"へ

登山道口から見上げるその姿は、悠々としていてエエ感じやねぇ
やまとかつらぎ

2009年台風被害から通行止めだった"櫛羅の滝コース"もこの春開通したみたいやね…

今日の僕は"北尾根コース"
右の急坂の道へ
右の尾根道へ
その名も!

"秋津洲展望コース"

…日本書紀ですか
そない思いながら見下ろす大和はなんとも感慨深いっすねぇ
見渡す
この尾根道は、眺望よし、やねぇ
気にいりました♪!

山頂の高原
空は、あいにく曇ってたけれど…
山頂の高原
そよ風はやさしく

ツツジシーズンは終わったみたいだけど…
お花
花は咲きみだれ

空を正面にしてさ
(寝転んでさ)
目をとじる
風が草花を揺らす音
鳥たちの鳴き声
しばらく

はぁ~気持ちいい

今朝、こさえたお弁当
材料買っちゃったしネ(ナハハ)
ランチ!
そやけど…
なんでかなぁ…
なんでなんやろなぁ

ふと、足元に咲いた
"ニガナ"が笑って
僕に聞く
お花2

「オイシイ?」

「おいしいさぁ…
  うん、おいしいよ…うん」

そよ風がやさしく僕をなぜる

グィ~ッてのびをして
さっ行くかぁ

下りは、"櫛羅の滝コース"にしますかぁ
おもしろいね

"櫛羅の滝"
くじらのたき

すごい赤色の実は
"クサイチゴ"
くさいちご
白い花は、もぉ実になったのか…
可愛いよねぇ

はぁ~ 山 楽し♪

あさごはんたべて、さ、いってきます

よう
今朝は
"なんちゃってオニグラスープ"と
ジャーン!(ジャーンてほどじゃぁねか…ナハハ)
サラダは"ポテサラ"作ってみました
朝!
んん~ジャガイモだけ、くらいのシンプルな方が感じだなぁ…
ちょいと豪華ポテサラでした(ナハハ)

ランチは近所のコリアンフードさん
石焼ピビンバ
ビビンバ 
?ん~
ビ?ピ?…いつも、どないか忘れるなぁ…ナハハ
昼!
美味しいネェ
家じゃぁ石焼けねもんね

クリエイターたぁ、くによしさんとくらぁ

よう
早起きの朝
"にんじんでポタージュ"
にんじんのポタポタスープ
甘くて美味しい

大阪市立美術館にて
大阪市立びじゅっかん
くによしてんにおとずれる
歌川国芳
寛政9[1797]~文久1[1861]
ロビー
でぇっかい"朝比奈"に見下ろされる(ナハハ)
ロビーにおっきいかんばんがデーンって

国芳…
なんとも粋じゃあねぇかおまいさん
言うまでもねぇが
構図といい、色使いといい
デザイン、アイデア…
いやぁ
おもろいわぁ
よっ!
"お江戸グラフィックデザイナー"!

いやぁ
美術館でな
絵を前にして
ひとり、大笑い
ワハハ
笑うのこらえるの苦しかったわ
いやホンマ
そやけど、そんな展示会て珍しいなぁ

"鳥獣シリーズ"?とか
タヌキの****のあれとか
あ!あの
"福禄寿シリーズ"…
アハハハ

まぁ
国芳かて
まさか、この絵が
こんな風に展示されるとは
思わへんわな…

にやけたわ

めちゃ楽しみました♪

さて
同天王寺公園内にある
旧住友家の名園
"慶沢園"
ぐるって散歩
菖蒲の季節か…
そろそろ"菖蒲"だねぇ

お昼
さぁ国芳の時代を想ひながら
"青い鳥弁當"を食べようぢゃなゐか
110603blue
おっと、こりゃぁうめぇぢゃねぇか

そらそぉよ

このあけぇのは

"みなづき"は"みのつき"、田に水をはる月

よう
ちかごろ
めちゃ早起き
タマネギをエエ色なるまで炒めましょう
おにおん炒める♪
"なんちゃってオニグラスープ"♪
なんちゃってぇ~
好きやなぁ…
行ってきます

お昼
さぁ"青い鳥弁當"を食べようぢゃなゐか
110602blue

読んだ
"山でクマに会う方法"
くぅま

ひとりブナ林を歩いている時…
あんまりにも静かだと
(もちろん熊よけ鈴は鳴らすねんけど)
僕は思わず
木々を見上げ"熊棚(クマが木の上で食事した跡)"を探したり
はてまた

♪あるうぅひ(あるうぅひ)
 森の中(森の中)
 クマさんに(クマさんに)
クマさんに
 (クマさんに)
 クマさんに
 (クマさんに)…
  -徐々にフェードアウトしていく-

など、大声で"ひとり合唱"したり…

クマのことは、ある程度知ってるつもりやけど
やっぱり知らんなぁ…と
もし、バッタリ対峙したとして
相手の事、知らへんとまず、あれやん?
何よりも知ることが大事や
思てな



"はじめに"の章で

クマに会わない方法を裏側からくみ取っていただきたい。

の一文に、グイと引きこまれ
読みたくなったわけで…

読み終えました

僕は
クマとの"関わり方"を真剣に考えた
"人間社会"と"クマ"との関わり方…
単純やないわ
様々の枝葉末節に至るほどに複雑になる
そやけど
根底を忘れたらあかんね、ホンマ
そやけど
僕らは人間なわけで…
んん…

今も考えてる

山に
"熊出没!"とか"クマ注意!"
看板があるやん?
あれってな
熊からすれば
"人間出没!"
なわけやん
もともと森はクマの領域やねんもん
会いたくないのはクマの方やんか
そやから
この本かて
もし、クマの方で出版されたとしたら…
『町で人に会わない方法(街と建築出版)』
な訳で…

もとい

やはり
著者のおっしゃられる
クマに
『人間と関わるとエエ事ない!』と
思わせるのが
なによりや
賛同っ!

その事が、母グマからコグマへの教育?
うん
"教育カリキュラム"に含まれるようになるくらいなれば…

「人間がいたらこんな風に逃げるのよ、けっしてこんな行動は駄目よ」

「どぉして? どぉして?」

「お母さんもお祖母ちゃんに教わったの、かけられるからって、スプレー」

「スぷレ?スぷレって?…それつおいの?」

「クマスプレーって言うらしいの、それって、かけられちゃうと
 目とか、鼻とか、メチャクチャ痛いの、こんなかっこして、もし脇なんかにかけられたら
 もぉどぉしようもなく熱くて痛いんだって
 冬眠明けのお手洗いの数倍痛いんだって…あ、まだわからないわよね…
 とにかく、人間と関わると痛いのよ、わかった?」

「うん、わかった…、ぼ、ぼく…ぼくがね…」

「ん?ぼくが?なに?」

「ぼく、大きくなったら、スぷレ!
 "にんげんスぷレ"を開発して、おかあさんをまもるよ!」

おっと、あらぬ方向に向かってしもた…
(いつもの事か…ワハハ)

とにかく
"クマよけのスプレー"
皆が携帯すべし!
やな
その為には…
まず、アレ、安くせな
コストダウン!をはかるべし、だ
とにかく単価を下げるべし だ
あと、サイズダウンできれば…(求めすぎ?)
クリアできれば皆、購入する思うよ
そしたら、もっと単価下げれるわけで
…みんな欲しいはずやねんから
うん
皆に携帯させ、
登山の人、山菜狩、渓流釣の人
クマに対峙したとき使ってもらおうじゃないか!
うん
そないすればクマは学習するって
うん
そないできればなぁ…
なによりも
クマの事を考えて

ん?
著者のクマ好きが伝染した?…
ワハハハ
それも、エエ、エエ

はぁ 本 楽し♪

うめぇはそぉのひのなぁんのぉがれぇ っとくら

よう
何度も言うてるけど
どうしてもカレー食べたいってあるよねぇ
今朝の僕はそない
"パンつけて食べるねんカレー"
カレー欲する朝はカレー
ふぅ…サティスファイed
行ってきます!
六月だねぇ

お昼
さぁ青い鳥弁當を食べようぢゃなゐか
110601blue
沢庵?

僕は4切れ

何でて?

世(4)切れで
『世の中を斬るっ!』

なぁんてな
午後もハリキッテまいりゃぁしょう
てな
プロフィール

Arbre de Hiver

Author:Arbre de Hiver
fuyu

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード