FC2ブログ

そんな麺の日は如月最終日

よう
140228mor.jpg
玉葱を切って揚げた
タマネギアゲタン
温かいうどんの朝

白葱たっぷり刻んで
温かいそばの夕
140228night.jpg

そんな 麺の 日
あ、2月も最終日やねぇ
しみじみ
スポンサーサイト

ひじきタイタンおむすび

よう
140227mor.jpg
しろあえ、エエねぇ(ひじきタイタンと和えただけやけどネ)
140227mor2.jpg
朝食の時間を楽しむ
ねん
「3万6千5百回分の1回」の朝やねん
それは、100年生きたとしても、や
ま、もぉ、だいぶ過ごしたからな
それにそないに長生きへんやろし…
計算してみたら…むむむ!!
ナハハ
楽しむのだぁこの朝を
ネ(ナハハ)
行ってきます行ってらっしゃい

ピクニック弁当(仕事やけどネ)
140227blu.jpg
切干大根タイタンおむすび

ひじきタイタンおむすびっ

めっちゃ強い力士名みたいやろ(ワハハ)

具沢山味噌汁は なみなみ

よう
140226mor.jpg
具沢山味噌汁はなみなみで
切干大根炊いたん(アゲイン♪好きやもん)
背筋を伸ばして
「いただきます」
「ごちそうさまでした」
そして
よく食器を片付けます
せば
行ってきます行ってらっしゃい

本日の弁当
140226lun.jpg
おっ なんか めちゃ贅沢弁当♪
ナハハ
はい

切干大根タイタン と ひじきタイタン 2色弁当

よう
140225morr.jpg
僕の部屋の東向きの窓に向っていただく
昇る朝の陽が 聳える高層マンションと高層ビルの間から細く光射す
それは大地から真っ直ぐ天に向って伸びる閃光
美しいんだ
それは、それで。

朝の時間を楽しむ

行ってきます行ってらっしゃい

昼弁当のお気に入り藍染の包みをほどく
140225lun1.jpg
タダァァァン!♪
"2色弁当"です
切干大根タイタン と ひじきタイタン
140225lun2.jpg
あ…そういえば
山崎パンの"二色パン"
クリームパン と チョコパン
あったよなぁ…まだ、やってはるのやろか…
むむ、なんか ソレ食べたくなってきたぞ
ナハハ

キュッてあおってガシッてくぅぅっ

よう
140224mor.jpg
朝飯を食べるでござる
熱い味噌汁は温まるでござるよ
「ふぅ 旨し」
行ってまいる行ってまいられい

昼は弁當
140224lun.jpg
梅はその日の難のがれ

京都下京区のホテル内飲食店のお仕事
140224kyou.jpg
ここのところ連日の京都だなぁ…
仕事だけどね


140224teX.jpg
お土産にいただいた
美味いテキーラ
キュッてあおって
ガシッって檸檬シガンで
ほんで
「くぅぅぅっっっ」て言う
美味っ♪


葱たっぷり入れてねグゥワァァァッつうて混ぜる グゥワァァァッつうて

よう
1140223mor1.jpg

140223mor2.jpg
好きなんだよなぁ
くぅぅ

深夜、京都四条通に面するビルでのお仕事
140223kyo.jpg
こういうシンプルなデザインほど
気合い入るよなぁ…いい感じになりました
ご協力いただいた職人さんに感謝

巻いて 頬ばって パリッてしてモグモグ

よう
朝食はね
"納豆炒飯"♪
140222mor.jpg
一族の定番メニュー(ナハハ)
美味しいのだ

夕飯
"手巻き寿司"でね
140222din.jpg
巻いて 頬ばって
ひやぁ 楽しいね
僕は、長イモ短冊切りにしたの
好きだなぁ
イベントだよなぁ

さて
深い夜
ウィスキーやりながら
140222wis.jpg
色々と考える
深く

大盛飯と納豆

よう
140221mo.jpg
納豆でござる
行ってまいる行ってまいられい

弁当
140221lun.jpg
好きやねん

この一言が最近しみじみと
大切だなぁと胸に染む

己に死するの物は
方に生くるの用を為し
既に過ぐるの事は
将に来らんとするの鑒を為す
【言志録 佐藤一斎】


遠い昔に亡くなったものは
現代、生きているものの役に立ち
また遠い昔に過ぎ去った事柄、事件は
未来への教訓となる。

ホントそうなんだよなぁ

菜の花で思い出す詩はね

海苔弁当です
140220lun.jpg
菜の花のおひたし
削り鰹と

"菜の花"で思い出す詩はね

菜の花畑で眠つてゐるのは

菜の花畑で吹かれてゐるのは

赤ン坊ではないでせうか?

いいえ
空で鳴るのは 電線です 電線です
ひねもす 空で鳴るのは あれは電線です
菜の花畑に眠つてゐるのは 赤ン坊ですけど

走つてゆくのは 自転車々々々
向ふの道を 走つてゆくのは
薄桃色の 風を切つて

薄桃色の 風を切つて
走つてゆくのは
菜の花畑や空の白雲

赤ン坊を畑に置いて
【春と赤ン坊 中原中也】


いや違うよ、あれは、電線の音だよ
朝から晩まで鳴っている電線だよ
薄桃色の風…自転車に
薄桃色の風…黄色と白
そこに赤ン坊はいるのかいないのか
ふむ…

菜の花畑を見に行って
そこで考えようかなぁ…
なぁんて

スルメはアタリメ 摩る目は当り目

よう ござる
140219mor.jpg
菜の花をひたし胡麻と和え
だいこは戸棚に残っておった"当タリメ"で炊いた
(ナハハ)
豆腐と八丁味噌の相性
ふむ、美味うござる
行ってまいる行ってまいられぃ

昼の弁当
140219lun.jpg
たまごやき?
140219lun2.jpg
この弁当箱、深いので
長いのである
ナハハ

おっ 飯ブログ♪

ホッドッグ!ホッダッグ!ホッドッグ!

よう
140218mor.jpg
ホッドッグ!
ホッダッグ!
どうしても言うてしまう
キアヌ・リーブスの映画のセリフ
…あれ?ピンとこないか(ワハハ)
ホッドッグ!
ホッダッグ!

昼の弁当
タダ~ン♪
140218lun.jpg
詰めただけぇ
ナハハ

お…メシブログ!

ゆっくり楽しむ朝の時間つうのが贅沢なんだな

よう
140217mo.jpg
おぉ 朝からご馳走…
ゆっくり楽しむ朝の時間
行ってきます行ってらっしゃい

昼の時間
こけし柄をほどく
140217lun1.jpg
おぉ 朝と同じ
140217lun2.jpg
ナハハ
よし 午後もハリキッテ
まいりますまいられい!
まいっちゃいかんがネ
ナハハ

豆腐&ひじき アゲタン

よう
140216mor.jpg
パンに挟むは
豆腐&ひじき アゲタン(揚げたん)
マヨネィズでいただきます
むむ
美味いぢゃん

なんだかワイン、と思い
コンビニエンスストア(便利だ)
140216vin.jpg
エエやん、このラベル

5人の若者たちは横浜から

映画のはなしをしよう
cho5.jpg

"CHOSHU FIVE"

松陰の死から四年後のこと
1863年(文久3年)
長州藩
馬関攘夷戦争の二日後
5月12日

井上聞多(馨)
遠藤謹助
山尾庸三
伊藤俊輔(博文)
野村弥吉(井上勝)

長州5人の若者たちは
横浜を秘密裏に出港した
留学するため

エゲレスへ

長州五傑~タダァァァン!
(てな感じでしょうか…)

ふむ、内容…
少し物足りない感
僕はよ、僕は
ん?贅沢?ナハハ

んんん~
やっぱ物足りないです
スイマセン

ふぅ 映画 楽し♪

車がシャァシャァ通り過ぎる

よう
温かいスープと美味しいパン
140214mor.jpg
行ってきます行ってらっしゃい

あ 雪
140214sora2.jpg
アスファルトは濡れて
車がシャァシャァ通り過ぎる
だけどね
路側帯の雑草の上には
積もるんだなぁ

綺麗だな
土はいいな

昼は、お気に入りのキャニスターでね
朝のスープの残り
140214lunch.jpg

夜はウィスキーとチョコ
140214choco.jpg
何歳になってもやっぱ
照れくさいよネ

ありがとう

具沢山の雑炊 味噌風味

よう
140213mor.jpg
背筋をのばして
「いただきます」
「ごちそうさまでした」
そして
よく食器を片付ける
ふむ
行ってきます行ってらっしゃい


昼の"具沢山の雑炊 味噌風味"
140213lun.jpg
と言うか
"味噌汁ぶっかけご飯"
と言うか
"にゃんこメシ"

なんで 猫 ?
あ…犬やと、ややこしなるもんなぁ
"わんこメシ"
"わんこソバ"に少なからず影響?



きりぼしだいこんタイタン

よう
140212mo.jpg
切り干し大根炊いたねん
食べたくて
やっぱり美味しいなぁ 好きや

もちろん昼は
"切干大根弁当"
140212lun.jpg
真ん中に入れると汁洩れ防げますし
味がご飯にシュんで美味いねん
この技、我ながら賞賛
ナハハ
「味移るの嫌」言う人には不向きだろうけどね…
ナハハ

映像と音響、趣向を凝らした舞台演出!!

よう
140211mor.jpg
少し意識してみました
飯のかたち(ナハハ)
香の物は"うるい"
お土産にいただいたもの
140211mo1.jpg
オオバギボウシ大葉擬宝珠の若葉が山菜の"ウルイ"

昼は"お家立ち喰い蕎麦"
140211lun.jpg
鉄管ビールと一緒にどうぞ
なんか知らん楽しぃ

さて!
観に行ってまいりました
sasuk.jpg

―軍師又兵衛―

時は永禄3年
1590年
今から424年前のことでございます。 

播磨、姫路の神東郡山田村
現在の兵庫県加西郡加茂村に男の子が生まれます。
性は"後藤"名は"基次" 
人呼んで 
"後藤又兵衛基次"と発すその男でございます。
その父、後藤新左衛門は、
三木城城主の別所長治に仕える春日城城主後藤基信の弟でありまして

時は戦乱の世
仕える別所家は、織田信長と対立することとなり
織田家臣、豊臣秀吉によって滅ぼされた後
父、後藤新左衛門、新しく城主となった小寺政職に仕えましたが
早々に病に死するのです。
其の時、
この小寺政職に共に仕えておった、かの、軍師として名高い
黒田官兵衛孝高
幼い又兵衛を引き取り育て
後に家臣とするのでございます。

信長に反旗を翻したのが
有岡城の荒木村重
この村重を説得に単身で訪れた官兵衛を幽閉してしまいます。
官兵衛が幽閉されているこの間に、
なんと、仕える小寺政職も、又兵衛の伯父・藤岡九兵衛と共に
信長に反旗を翻したのであります。

結局
有岡城は、織田信長の軍勢に攻め落とされ、
官兵衛は救出されます。
しかし官兵衛
この藤岡九兵衛の裏切りを許せず
一族の又兵衛も同罪として黒田家から追放するのでした。

その後、
後藤又兵衛、越前(福井県)仙石秀久に仕え
九州征伐、宇留津城攻めに従事するのですが
戸次川の戦いにて島津家久に大敗し讃岐国に逃げ、
その後は官兵衛の重臣・栗山利安に仕え、
四国征伐などに従軍していたのですが、
しばらくして
官兵衛の息子、黒田長政が
後藤又兵衛を呼び戻すこととなります。

文禄元年1592年からの朝鮮出兵
"第二次晋州攻防戦"では"亀甲車"なる装甲車を作り、
城壁を突崩、加藤清正、森本一久達と一番乗りを競いあい、
秀吉の従軍として、戦功を挙げる又兵衛

慶長5年1600年の"関ヶ原合戦"では、
石田三成家臣の大橋掃部の剛槍を打ち破り
その武名を天下に轟かせ
黒田家の武将、"黒田24騎"の1人として
その中でも精鋭を選んだとする、
"黒田八虎"の1人として、
銀の天衝前だて打ちの兜
黒ホロの勇士で
勇猛果敢に戦うのです。

その後、
又兵衛は、福岡、益冨城(大隈城)主とあいなります。
官兵衛の息子、長政は、筑前太守となるのですが…

如水(官兵衛)の死から2年後
慶長11年1606年
やはり修正できぬ黒田長政との確執
又兵衛はとうとう黒田家を出奔することとなるのです。

その後、
豊前中津城主の細川忠興を頼りますが、
黒田家と細川家の関係が悪いことが原因で退去することとなります。
その後、
播磨城主の池田輝政を通じて、池田忠継の仕官となるも
長政からの執拗な抗議の策略、
"奉公構い"なる干渉を諸大名に通牒されるのであります。

果ては又兵衛
京都にて、浪々の身となるのでございます。
慶長16年1611年のことでございます。

さて
浪々の牢人そんな又兵衛のもとに、
慶長19年1614年10月
大坂城から、とある使者が訪れるのであります。

「大坂城の方(方角)からきました(紀州九度山)
 右府様のつかいの者でござる」

豊臣秀頼のスカウトですわ
猿飛佐助やないでしょうか

大坂城への入城を堂々と果たすのであしました。

…他にも、息子左衛門が大坂で長政の刺客に誘拐された時、
秀頼によって救出された…
これも多分に甲賀の猿飛佐助あたりの働きやないかいな
ほんで、毛利家に仕えることになるのやけど
この時のこと感謝して大坂方に付いたんや
とも言われております。

さて
大坂 冬の陣
天満の浦にて旗頭
閲兵式の指揮、その采配の素晴らしさたるや
真田幸村・長宗我部盛親・毛利勝永・明石全登とともに
"大坂城五人衆"として、家康からも恐れられ
11月26日の鴫野今福合戦では、
守備苦戦する木村重成を援助し家康方の佐竹義宣と対峙した。
その時、上杉景勝の家臣直江兼続の鉄砲隊に脇腹を狙撃されるも
傷口を指でチッとさわり
「秀頼公のご武運は強い」と言い放った武勇傳

さて
ここからが書きたかったところやねん
そやけど
前置き書き出したら止まらんで
たいがい端折ったけど
えらい長なってしもた…


「徳川は30万、豊臣は12万
 往昔の関ヶ原のごとき野戦では、とうてい御勝利はおぼつきませぬ。
 小松山の争奪が、大坂城の運命を決する
 小松山へ大軍を集中しなければならぬ」 【小説 軍師二人 司馬遼より】

"大坂冬の陣"
たび重ねた軍議で一貫して主張するも…
結局、家康との講和で終えた"冬の陣"
大坂城の壕は埋められ
城は、まさに殻を砕かれたサザエのような裸城となったのです。

慶長20年1615年
5月6日
瀟々たる夜来の雨を冒して
古沢四郎兵衛満興、山田外記片山勘兵衛等の諸将を初め、
吉村武右衛門、長沢七郎右衛門以下、旗本郎党の士卒、
手勢二千八百を率いて平野の陣所を出立いたします。
小松山へ

―濃霧―

藤井寺、誉田を経て、
道明寺に至ったのは午前4時頃のこと
焦燥の想いで待つのは
彼らの到着。

薄田隼人正、明石全登、山川賢信、北川宣勝、槇島重利、井上時利等の兵、総勢3600余り。
真田幸村の三千、毛利豊前守勝永の3000
福島正守、渡辺内蔵助糺、大谷長岡勢等の兵合わせて、6000余り。

道明寺で全軍集結の約束の
総勢一万六千余の到着を・・・

―濃霧―

「まだ着かぬか…」

到着せぬ部隊

到着せぬまま夜が明けてしまえば…

石川の河原に旗を並べ布陣
石川の浅瀬を渡れば小松山(玉手山)である

―濃霧の中、明けてくる空―

対岸の様子を探る
「よし 小松山に、敵はおらぬ」
敵の居ぬこと確認し小松山に陣をはる

―霧が薄らいでくる―

大和衆を率いて攻め来るのは徳川軍先鋒水野日向守勝成、総勢3800余り
彼らが霧の晴れまに見上げたのは

風に翻る"下がり藤"の旗

彼らは慌てた
攻めるも
山腹の路幅の狭さに総兵力をあげることができず
双方ほとんど一列の一騎一騎の戦となり
死を決した後藤軍の精鋭の猛進に押される東軍

小松山の作戦は見事成功…
真田の軍が合流すれば
だった。

既に前日に奈良より亀ノ瀬越え、関屋道を通り、
国府付に布陣されている後続の東軍
本多美濃守忠政、松平忠明、伊勢政宗、上総介忠輝ら
総勢30000余の大軍である。

孤軍の又兵衛の運命やいかに!

時を経るにつれ攻め来る雲霞の如き大軍
疲労困憊の又兵衛の兵士たちだったが
駆けまわり乱戦に応じている
それでも次々と攻め来る軍勢
押される後藤軍 
とうとう石川堤が背後に迫る程に押し戻された。

石川の瀬の向こうには未だ見えぬ西軍
朝霧のこの日の

―よく晴れ渡った空―

ゆっくりと仰ぐ又兵衛

「最早やこれ迄…」

又兵衛は、30騎の果敢なる旗本の勇者と共に
血に塗れた大槍を振るい
山腹を横ざまに駆ける
そして
手綱をしぼり路上に飛び降りるその瞬間

銃声がなり響く

ターン タターン!

片倉景綱の従士の放った銃弾は
又兵衛のその厚き胸板を貫いた

驚いて馬を寄せ駆け寄る従者達…

又兵衛は尚も馬から落ちず
黒田家臣の時代も共に戦った
二歳年下の吉村武右衛門を招き寄せ
厳命した

「我が首を打て、構えて敵手に授く勿かれ」
(速やかに我が首を打て、然る後深田に埋めて、決して敵手に渡すな)

齢五十有六才時刻は正午前後。

いやぁ
石川いしかわ と 玉手山たまてやまは幼い頃から馴染み深く
何とも言えん気持ちになります。

この度の舞台"真田十勇士"におきましても
なんちゅうても
果敢な最期を遂げる
又兵衛の勇姿!!
グッときた
あの俳優さん何ていう名前やろか…
ナハハ

楽しみました♪
映像と音響、趣向を凝らした舞台演出
ニュージェネレーション舞台、ちゅうのかな
面白いなぁ
流行の"リアル脱出ゲーム"やらあるやん?ねぇ、
そんな時代やもんね
進化するよなぁ…

その内に、"生声の舞台"っちゅうのも"古典"となるのやろか…
それもエエ うん

はぁぁぁ 舞台 楽し♪
楽しみました!♪
ありがとう!!

あ…
舞台は"真田十勇姿"、猿飛佐助が主役ですよ
カハハ知ってるわな

ありがとう!

銀の鍔(刀のツバね)はいつかしら金の鍔と呼ばれ

よう
140210mor.jpg
温かいホワイトシチューで温まろ思いまして
ゴロゴロ男爵芋とゴロゴロ人参
朝の時間を楽しむ
行ってきます行ってらっしゃい

ランチボックス
140210lun1.jpg
お気に入りのキャニスター
140210lun2.jpg
まだ温かいホワイトシチュー(ナイスやね)
140210lun3.jpg
ゴロゴロ男爵芋とゴロゴロ人参
好きやわ
食後の"きんつば"はいただき物
140210lun4.jpg
くぅぅっ"金鍔焼き"好きだぁぁぁ!
ごちそうさま

夜は ウィスキィでね
140210wis.jpg
♪ナッキンコールの歌声
夜の時間を楽しむ
むふふ エエなぁ

冷える朝のカレー…

よう
140209mor.jpg
いえいえ
カレー
"そば"
ですねん
140209morr.jpg
細い麺が
カツオがっつり利かせて
片栗粉溶いてトロリとさせた汁を絡めて
くぅぅっ美味いんです
その後にくる
蕎麦の香り
くぅぅっ美味いんです

冷える朝のカレー蕎麦
エエんですな

カレー蕎麦ブログ

無骨で大粒 しっかり匂いが好きだ 大盛なら なおよし!…そやけど

よう
140208mor.jpg
納豆 好きやねん
…そやけど
大阪のスーパーの陳列棚
納豆コーナーの事や
"超小粒!"とか
"匂い少なめ"!とか
並んでるねん
どこかしら否定的な品揃えや
まぁ しゃぁないか 関西…
僕、無骨で大粒、しっかり匂いの
関西納豆工業協同組合さん頑張れ!
ナハハ 納豆 好きやねん
140208morrr.jpg
行ってきます行ってらっしゃい

本の話し
dooomonn.jpg
伊藤俊輔
"幕末青春児"とは
何ともナイスなタイトルや

幕末動乱の世
高杉の
『おもしろき こともなき世を おもしろく…』
と詠うまでを描いた

長州藩若者達それぞれの青春物語!

楽しみました♪

松下村塾で出会う山県とのやりとり
後に続くこの二人の確執っちゅうのか…
想像したりして
桂と高杉の感じも、そうやろなぁ…って
ナハハ
いやぁぁ楽しみました

羽目外したり 自棄になったり
嫉妬したり
泣いたり 笑ったり 怒ったり
惚れたり 腫れたり
とても"人間くさい"ところ
そこは歴史小説の楽しいところやなぁ

はぁぁぁ 本 楽し♪

糠床の底の胡瓜を引っ張り出す

よう
140207mor.jpg
具沢山の味噌汁を"食べる"やねん
古漬胡瓜を温かい飯にのせる感じ
エエなぁ
『朝の時間を楽しむ』でござる
行ってきます行ってらっしゃい

昼の弁當を食べる
140207bluee.jpg
「いただきます」
140207blue.jpg
「ごちそうさまでした」

さてさて 活動写真を観る
kunihe.jpg
カルメンこきょうにかえる
1951年の松竹大船撮影所 木下恵介の脚本監督で
国産フィルムの純天然色映画 第一号!
つうだけあって
フィルムの試行錯誤や
撮影の裏話(モノクロと2本撮ったり)や
興味深い俳優達のそれまでのモノクロ用メイク話しとか
よぉさんあるよねぇ

さてさて
"リリィ・カルメン"こと"おきんちゃん"を演じるのは 
高峰秀子
木下恵介監督と彼女といえば
僕的にはやはり
1954年公開の"二十四の瞳"の大石先生なのだけれど
さておき
自称芸術家"裸踊り(ストリッパー)"のカルメン
彼女が故郷に帰って来て…騒動となるっちゅう喜劇

いやぁそれにしても
ロケーション!
北軽井沢の青い空
背景にどっしりと横たわる浅間山
そして 浅間高原で歌い踊る彼女らの原色の衣装と白い肌!
実に微笑ましい
♪我が故郷って唄(マイナーな感じやけどエエ唄や)♪ふぅるぅさとぉと
♪カルメン故郷へ帰る ♪ラァァヴソングゥってコントラスト
あとシューベルトの曲…そこなんやろね 
この映画のいわんとするところっちゅうのは

僕としては
校長先生役の"笠智衆"の詩吟調の♪唄
良かったなぁ
もっと長く聞きたいのにカットやもんなぁ…

はぁぁ 詩吟 楽し♪



はぁぁ 映画 楽し♪

相性っちゅうやっちゃね

よう
140206mor.jpg
八丁味噌に豆腐
大根に雑魚

舌鼓でござる
行ってまいる行ってまいられいっ

昼は"僕の青い春弁当"でい!
140206blue.jpg
『昆布に山椒』
海のもんと山のもん
相性っちゅうやっちゃね♪


さて、映画
tumu.jpg
観た後
なんや残念な気持ちになってしもた

原作、好きな本やからやなぁ…

読んだ時
僕の中に出来あがってしもてたんやな、映像
くっきりとな
それが、めっちゃ素敵な感じ(ワハハ)に
完成してしもてたから

そやからな

ちゃうんよなぁ…
なんやろ、悲しぃなったちゅうのか…

忘れます!

…ってガハハ
めっちゃ自分勝手やねぇ、僕…
まぁ 勝手 〃 、相性っちゅうやっちゃね(か?)
"感じかた"いうのは人それぞれ
それ、あらためて実感させてもろた
おおきに
はぁぁ 映画 楽し♪

納所の納豆

よう
140205mor.jpg
拙者、納豆数奇でござる
平安のその昔から院の倉庫
"納所なっしょ"で作られた精進料理
いな、起源は縄文時代まで遡る、などとも言われる
この納豆!
そのように考えて食すと
何やら、妙な心持ちよのぉ
行ってまいる行ってまいられい

昼の弁當を食べる
「いただきます」
140205blue.jpg
「ごちそうさまでした」

飯 ブログ
ナハハ

八丁味噌と豆腐の組み合わせは鉄板

よう
140204mor.jpg
納豆と大根擂りの組み合わせも宜し
八丁味噌と豆腐の組み合わせは鉄板
朝の時間を楽しもうよ

行ってきます行ってらっしゃい

夜は
手作りの塩辛黒で舌鼓
140204sake.jpg
美味し 
ありがとう

平成二十六年"せちわかれ"

よう
140203mor.jpg
惣菜のコロッケ朝定食の朝
Croquetteクロケット よりか
蘭語のKroketだろなぁ…クロッケ コロッケ
コロッケって呼び名もカワイイなぁ
好きだなぁ
行ってきます行ってらっしゃい

コロッケ弁当の昼
140203lun.jpg

さてさて
"せちわかれ"だ
豆撒き
「福はうち、鬼もうち」
言うて撒くのは吉野、金峯山寺の蔵王堂
そして
またまた思い出す"節分の鬼"のお話しは
マンガ日本昔話なのである

"いわし"は、惣菜コーナーで買いました
綺麗に焼いてはるなぁ
柊の葉っぱを添えて
140203din2.jpg
いわしって美味しいなぁ
普段から、もっと食べよう思いました。

今年は
"東北東"を向いて
まるかぶり
140203din1.jpg
しゃべったらあかんねんでぇ
とか思いつつ
ま しゃべれへんわな…
内心ニヤケながらも
ひと口食べて

「旨ぁっ」

…「あっ」

「ぉあっ」

3言もしゃべってしもた。
ワハハ

「鬼はそとっ、福はうちっ」
今年も豆まきしましたよ。

しかし…

年齢の数だけ豆を食べると
お腹めっちゃ膨れてしもた…
カハハ

♪だいこんどんどん だいこんどん

よう
140202mor.jpg
"大根丼"
♪だいこんどんどん だいこんどん
 たまご落として
 ひゃぁ美味し
 ご飯が出てきて こんにちわ
 坊ちゃん一緒に んんんんん♪
はい
美味しいねぇ
どんぶり飯

映画の話し
zonbb.jpg
なぜかしら
インドのロボット映画を思い出しました
はぁぁ…
ブラッドピットはエエねけどね

はぁぁ…映画 楽し♪

2014年きさらぎを始めよう

よう
140201mor.jpg
さぁ2014年きさらぎを始めよう
まずは 朝飯だ

今夜はホットプレートで焼くのだ
沢山作ったけどペロリだな…ナハハ
140201dinn.jpg
餃子にはやっぱビールだよねん
140201din.jpg
ふぅ旨っ

餃子 ブログ
プロフィール

Arbre de Hiver

Author:Arbre de Hiver
fuyu

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード