FC2ブログ

滋味 掬すべし也

よう
150630mor.jpg
うむ 美味でござるな
150630mor2.jpg
肉味噌でござるよ
行ってまいる行ってまいられい

昼 "青い鳥辨當"でおじゃるよ
150630lun.jpg
美味なりんよ

嗚呼 水無月も暮れよの
スポンサーサイト

そやな やっぱり"黒酢"のを選ぶかな…。

よう
150629mor.jpg
"もずく"は、美味しいよね
パッケージ売り(3パック入り)のをね…"黒酢"味。

両の手のひらを合わせて
「いただきます」
朝の時間を楽しむのや

朝食は食べたか?。ハイ。
ほな食器をよく片付けなさい。ハイ。
(一連の流れ ナハハ)

ほい
行ってきます行ってらっしゃい

さぁ昼飯だ 
青い鳥辨當を食べやう
150629blue.jpg
おむすび

本にしよう
kakooooonooooooon.jpg

「 … 。」

なんなんやろな…この感じ。

本は 出会い。

ヘイ スリッキー、出番だぜ

大盛りの蕎麦にしよう
150628lun.jpg
胡麻を"スリッキー"(お気に入り)でがぁぁぁ擂ってさ
ズズズ ひゃぁ 美味です。

「 映画にしよう 」
napkati.jpg
時は1810年、ポルトガル
ナポレオン皇帝は、ポルトガル征服の指令を下す。
マッセナ元帥率いる仏軍
迎え撃つは、
ウェリントン将軍率いる英国軍

そやねんけど…
ウェリントン将軍はジョン・マルコヴィッチが演じるねんけど…
んんん
観ていくうち

「…あれ?…あれ?…ん?」

てな感じで、
「思うてたのと違うやんか!!」

そやから、結局
この映画の感想は…

「紛らわしい邦題は止めて下さい、たのんます。」

みたいな変な感じなってしもた。
ニャハハ
まぁ エエわ

映画は 出会い。


今日は、こんな感じの映画にしようよ

「 映画にしよう 」
burningunanokai.jpg
1944年、独軍占領下からの巴里開放。

なんちゅうのかな…思っていた感じ(欧米的な戦争映画)と違うて
なかなかなんで、面白かった。
嫌な感じのプロパガンダ臭(?)感じへんちゅのかな
レジスタンス達の感じも、ドゴール、反ドゴール派、ロル大佐
…過激派、穏健派、それらのイデオロギーも描いてあるねんけど
なんちゅうのか、どこか人間らしい滑稽さ(?)ちゅうのかな…
スウェーデン領事ノルドリンクの描き方
なんちゅうても、
コルティッツ将軍(独軍 巴里占領軍 司令官)なんか、あれやな。

1966年の仏米合作映画や
そう、"ルネ・クレマン監督"ちゅうたら、
"太陽がいっぱい"やんな。
それにしても、キャスト
アラン・ドロンに、
ジャン=ポール・ベルモンドやろ、イヴ・モンタン、
オーソン・ウェルズに…いやぁ豪華なり。
本編が、モノクロ映画なのは、
多分、アーカイブ映像との融合を狙った為だらう。

なんちゅうても
巴里市民のラ・マルセイエーズの大合唱と
鳴り響くノートルダム大聖堂の鐘)

「Brennt Paris?」

そないな意味で燃えてます。

はぁ 映画 楽し♪

さぁ 何から食べるか?

そやな
150626lun.jpg
まずは"玉子焼き"からやな。

さて
新しいふきんをおろす時
150626biwa.jpg
新しいノートに始めて書く時
新しいマーガリンにバターナイフを入れる時

そないな時の気持ち
エエよなぁ

お気に入りの"びわこ"ふきん
"微和呼"やで。
ガラガラァいうてなる紡績機で織られた"ガラ紡"やねん。

好きやねんなぁ。

オレンジのニンジン 

150625lun.jpg

彼れも一時なり、此れも一時なり
              【 孟子 公孫丑下 】


そやねん、

エエことかて、

エエことないことかて、

やねん。

生命のかき揚…生活のかき揚 どっちにしても あれやな(しゃしゃしゃ)

よう
150624mor.jpg
大好きなこれ
そして、昼に引き継がれる
"かき揚弁当"
150624lun.jpg
ナハハ 美味いねん
近所の 
よぉ考えたら、どえらい名前の
スーパーマーケットの 
最近リニュアルした惣菜コーナーの 
かき揚。

「本にしよう」
tyuuutennkyakaku.jpg
通天閣
「お前が、好きやあああああ」
ほんで、雪…。
そこやね。
(ナハハ、種バレやないやろ?)

小生、日々
小説における"活字"(活版印刷に使う凸型の字型ね)について、
思うところが多々あるのやけれど…。
この本にあるような
"通常明朝体+強調明朝体の組み合わせ"
まぁ、そういう感じも、ありなんかもなぁ…
そない思たけど、どないなんやろな。
はて

にゃぁ 本 楽し♪

具ぅ沢山の 味噌汁が 好きなんだな だな

よう
背筋を伸ばして
「いただきます」
150623mor.jpg
エエ感じに漬かっちょります 
昨夜揉んだ白菜
150623mor2.jpg
朝の時間を楽しむねん
背筋を伸ばして
「ごちそうさまでした」
朝食は食ったから
食器をよく片付けます、ハイ。
行ってきます行ってらっしゃい

昼の弁当は
150623lun.jpg
"トマト弁当"
(まぁ何とでも付けられるわな ナハハ)
トマトの赤色、綺麗やな

「食べたいなぁ」となったらね

昼の弁当
150622lu.jpg
昆布、エエのよねぇ


「食べたいなぁ」となったらね
白菜、ザクザクって切って
塩で揉んでさ
150622sake.jpg
芋の焼酎
「くぅぅぅぅっっ」
エエのよねぇ

大阪土産を食べよう(ナハハ ありがとう)

大阪土産を食べよう(ナハハ ありがとう)
150621din.jpg
パーケッージ写真に似せてね(ナハハ)
味?
ん~…( 腕を組む )
ナハハ 
楽しみました♪

刻み葱をご飯に和えて、納豆をのせる(感じが変わる ニャハハ)

よう
150620mor.jpg
好きです。

「本にしよう」
suzukisanndouy.jpg

「 …。」

男は、
読んでいる間ずっとそうであったように、
無表情のまま、背表紙を閉じた。
まったく何も無かったように。
ただ、時計の針が、進んだ。
(男:Arbre de Hiver)

まぁ、エエわ
色々なの 楽し(も)♪

海栗、海丹、海胆…今朝は、雲丹 だな。 

よう
150619mor.jpg
これ、この感じ…
150619mor2.jpg
な、最高やのよなぁ
朝の時間を楽しむ♪
行ってきます行ってらっしゃい

昼の弁当 と
150619lun.jpg
夜の柿ピー と 
150619sake.jpg
大好きな星印の麦酒

野菜の色は美しい

野菜の色はホンマ綺麗や
150617nagaaat.jpg
お気にいり琺瑯の弁等箱で
"インゲン豆弁当"
150618lun.jpg
ナハハ
さて、隠元隆琦禅師といへば、
中国明朝時代の僧で、黄檗宗開祖なのだな。

夜は、宇部の蒲鉾で一献
150618kama.jpg
くぅぅぅぅったまらん

山葵と醤油と蒲鉾 と芋焼酎 と本

よう
150617mor.jpg
がぁぁぁいうて、かき混ぜる朝、ふたたび。
ほんまエエのよなぁ…ぷりぷりのうどん。
ほな
行ってきます行ってらっしゃい

昼はお気に入りの"BOOK BENTO箱"
150617lun.jpg
えりんぎ焼いたやつ

夜のお楽しみ(ムフフ)
宇部の蒲鉾 いただきもの
150617kamaa.jpg
ほんまエエのよなぁ…ぷりぷりのかまぼこ。
芋焼酎、そして、大好きな読書
150617sake.jpg
そんな夜は
更けてゆくのです。

がぁぁぁいうて(言うわけではない)かき混ぜる朝

よう
150616mor.jpg
がぁぁぁいうて、かき混ぜるねん。
めっちゃうまいねん。
行ってきます行ってらっしゃい

昼は"シュウマイ弁当"にしましてん。
150616lun.jpg

夜は…ムヒヒ
150616nasyu.jpg
いただきもの"泉州の水茄子"ですねん。
指で割いて お気に入りの皿にのせて
150616nasyu2.jpg
ほんで"芋の酒"

「くぅぅぃぃぃっ!」

"宇部かまぼこ"は11mm(だいたいナハハ)に切りますねん。
150616kama.jpg
これまた いただきもの
感謝!
ほんで"芋の酒"

「くぅぅぅぅぅぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!」

夜は更けてゆくのです。

甘いトマト、池(思い出)で冷やして食べたいなぁ

昼の弁当にしよう
150615lun.jpg
トマト、ドーン!♪
ナハハ 
いただきものの"アマーラ"
めっちゃ甘いねん

「映画にしよう」
STSTEEE.jpg
わぁお ジャン=ピエール・ジュネだなぁ~
いいわぁ
GEEENIIIIII.jpg
T・S・スピヴェット君は10歳の天才科学少年!
なんつっても"スピーチのシーン"だよねぇ
ふむ

はぁぁ 映画 楽し♪

茎や葉を落とさんといてくれた方が嬉しいのにな…

茎が付いてるのが嬉しい のにね。
150614daiko.jpg
刻んで、塩で揉んで、じゃこと和えてね
150614daiko2.jpg

うどんを茹でよう
150614dein1.jpg
うどんを食べよう
150614din2.jpg
ぷりぷりやねん
150614din3.jpg
大好きやねん

老桜の青葉が眩しい

よう
150613mor2.jpg
今朝の僕の前の風景
見上げる老桜の青葉が眩しい
150613mor1.jpg
甘ぁぁぁい トマト
アマァァァァァ(ナハハ)ラ
150613amaaaalaa.jpg

「あ、くちなわ」
150613aoda.jpg
「青大蛇と言ふは緑蛇也」新井白石

ドクダミの黄色い花が咲いてるよ
150613dokuda.jpg
白い総苞片(そうほうへん)は
虫達に魅せる為の衣装なのであらうか

自然は面白い

煮しめ…煮染め、煮汁をじっくりと染み込ませます

椎茸のもどし汁
150612lun.jpg
いいなぁ

緑色の粘土のヒューマノイド ナハハ

よう
150611mor.jpg
納豆が好きだ
150611lun.jpg
こんな感じの弁当箱も好きだ

獅子唐辛子、辛いのに当たったら「ィエィ当たりっ!」って嬉しいねんけど…何か?

150610lun.jpg

安政6年(1859)正月
吉田松蔭は野山獄中に居たらう…
松下村塾門下の作間忠三郎正明に言う

「吾が性多言なり、
多言は敬を失し誠を散づ、
故に無用の言を言はざるを第一戒と為す」


不勉強の小生であるので、
明代末期の思想家、李卓吾(りたくご)
氏の【 劉肖川に別るる書 】なるもの、未だ見聞きに至っておらず、
言の真意を図ること難しいが…。
その時代に、異端な"危険思想家"とされ
投獄された李卓吾の書であるゆえ、
松陰のその心持ち、言の真意を想像する。

諺(ことわざ)に云う
禍(わざわい)は口より出て、病(やまい)は口より入る。


か。

かぼちゃはホックリするなぁ…温ぅても、冷とぉても

よう
150609mor.jpg
冷やしたカボチャスープでね
朝の時間を楽しむ
行ってきます行ってらっしゃい

昼の弁当を食べよう
150609lun.jpg
海苔巻き(綺麗に巻けんなぁナハハ)
美味っ

本にしよう
ieeeeemoring.jpg
いつも楽しませてくれる、歌野晶午氏の著
"短編集"なのね
だいたい、"短編"を読む場合は、
意識を"短編集モード"にもってくねん
なんちゅうのかなぁ
想像力の駆使
それから 些事に拘泥せえへん!つうのかな…
なんちゅうのかなぁ「楽しも」思て読む!
っちゅうこっちゃな
ナハハ

はぁ 本 楽し(も)♪

豚の生姜焼きドン(ドンッてのせた)ベントウ

昼の弁当は豚の生姜焼き
150608lun.jpg
ほうれん草も
切干大根も
玉子も
豚肉だってね
同じ気持ちで、いただくんだ。
同じだ。
「ありがとう」だ。
どんな食材だって、ひとつも違わない。

あさりのスパゲティ美味しいね♪

"あさりの白葡萄酒蒸スパゲティ"を作ってさ
150607din.jpg
ヴォンゴレ ビアンコ♪でいいや(ナハハ)
「映画にしよう」
GIDmokusomo.jpg
「なんじゃそら…。」

と眉をしかめながらも
何とか最後まで観たのですが…
極めつけは

"雨の交差点のシーン"

僕は、深い溜め息の後、
うな垂れ
眉間を、指で強く押さえ、
頭を左右に、大きく振り続けた。

「なんじゃそら…。」

…がしかし!だ
丁度、小生が今、読んでいる本が
エラスムス『痴愚神礼讚』であること。
そして、
こないな映画を観ることになったこと。
考えたら、
なんか、サブイボ(鳥肌)やねん。

映画は 出会い。

水無月の夜と読書

水無月の夜 と 読書
150618sake.jpg
著者、エマニュエル・トッド氏は、
仏蘭西人で
家族構成の分析する、家族人類学者であり
歴史における人口統計から読み解く歴史人口学者。
この度の氏の談も、興味深く読みました。

本は 楽しい。

辨當の"弁"は…弁(そな)えるから、だろね

よう
150605mor.jpg
朝ナットオスト
昼ハ 塩鯖ヲ焼ヒテ辨當
150605lun.jpg

追いつけ追いこせブログ
あ…"追いこす"はないか(ナハハ)

梅雨入りの大豆三昧(ナハハ)

よう
"朝の大豆"
150604mor.jpg
めっちゃ美味いねんけどなぁ…

「おおっ 飯が見えぬ!」
150604lun.jpg

"夜の大豆"
150604bgansya.jpg
ちと贅沢な晩酌なり

「くぅぅぅぅっ」

好きな言葉 「其の独りを慎む」、尚わくは屋漏に愧じざれといふことなり。

昼の辨當
150603lun.jpg
夜の豆腐
150603bansya.jpg

ムハハ

カレーは仕上に酢を チャッ とします

よう
150602mo.jpg
カレー と トースト
朝の時間をゆっくり楽しむねん
行ってきます行ってらっしゃい

六甲山でのお仕事
150602rottkoo.jpg
ん?
すぐ横に"縦走コース"の立て札がある
「去年、歩いたあたりかなぁ…
 なぁ、ソーセー人」
150602lun2.jpg
「ムギャゥ」(だいたいこの顔)
人にも色々大小いるように、ソーセー人にも大小いるのだ(ナハハ)
昼の弁当を食べる
150602lun.jpg
お気に入りの"BOOK BENTO箱"なり。

平成二十七年 水乃月 始まり

昼の辨當を食べやう
150601lun.jpg

「映画にしやう」
akahigesennseiii.jpg
江戸時代劇
舞台は"小石川養生所"(幕府が設置した無料医療施設)。
多くは話さずとも、有名な映画だ。

山本周五郎原作"赤ひげ診療譚"を
黒澤明監督が撮った、
まさに活動写真やなぁ

"赤ひげ"新出去定(三船敏郎)もエエ。
なんちゅうても
主演の青年"保本登"(加山雄三)、
医が、仁術たることを学び成長する姿、
何ともエエのや。

原作からの台詞は、胸を打つ。
黒澤明映画は、往々にしてそうなんやけど、
台詞が、ホンマ、グイグイと胸にくるねんなぁ。

書いとく
【 赤ひげ診療譚 】より
或る個体は病気を克服するが、他の個体は負けて倒れる。
医者は、その症状と経過を認めることはできるし
生命力の強い個体には多少の助力をすることもできる。
だがそれ以上の能力はない。


はぁぁぁ ホンマ 映画 楽しわ♪
プロフィール

Arbre de Hiver

Author:Arbre de Hiver
fuyu

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード