FC2ブログ

桃栗、柿、枇杷、梅、柚子、何年ね?

よう
CURRY UDON
150930mor.jpg
ナハハ 
朝の時間を楽しむねん
七味唐辛子がぁぁかけてな
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當
150930blue.jpg
食べやうぢゃなゐか

いただきものの"秋"
150930aki.jpg
しばらく食べずに
眺めたり手に取って匂いかいだりして
楽しむねん


スポンサーサイト

スーパーで、惣菜コーナーのかき揚だけを買うのにレジに並ぶ。

よう
どーん
150929mor.jpg
朝の時間を楽しむ
好きやねん"このうどん"
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150929blue.jpg
…ん? 質素。

映画にしよう
norainyus.jpg
昭和24年(1949)公開、新東宝。
もちろん
黒澤明監督。

敗戦直後の東京、夏
若い刑事(三船敏郎)
射撃練習を終え満員バスに乗る。
なんと…
拳銃コルトを盗まれる。

さてさて
復員兵、遊佐の不幸と犯罪。
野良犬は、狂犬に…。

皆まで言うまい。

しかし
闇市の潜伏捜査のシーンは長かったなぁ…
何か観てる僕も、疲れた。
ナハハ

そうそう
あの雨の夜!
佐藤(志村喬)がホテルで電話するシーンは
ガァァァァッ!!ってなったなぁ
いや、ホンマ。

ほい
はぁぁぁ 映画 楽し♪

人皆は 萩を秋と言ふ 尾花が末を秋と言ふ よし我は 美味い米を秋と言はむ

昼ごはん
150928lun.jpg

平成27年の『まつり』におもふ 

よう
150927morsora.jpg
まつりの朝
150927matu1.jpg
神職の警蹕の響き…僕は背筋を伸ばす
150927matu.jpg
政…献り、奉る、そして、待つ…全。

常日頃から考える"言の葉"なのだが、

今日は、
"まつり"に、
ただただ感動する。

夜、
直会的な宴
150927utage.jpg
そこに登場したのは、
酒精、神少彦名ではなく、
久高島からやって来られたのか?別の神様…
いや、…と思っているだけの神様かも知れない。
ナハハ
それは とても月の美しい夜の
それは とても楽しい宴でした。

ありがとう。

かま烏骨鶏玉!

よう
烏骨鶏の玉子だ!
150926gyoku.jpg
(いただきものだ!)
今朝も調理法をどうするか練ったのだが
ええぃ 贅沢食いっ
"かま烏骨鶏玉"っ!!
150926mor.jpg
ありがとう 
何か元気ハツラツ(ガハハ)

映画にしよう
sfirstlovenacxa.jpg
少女コミックの映画なんよねぇ。

こういうのは、往々にして
原作ファン、
彼女たちの頭の中の想像で、完成されてるやろからね、
彼女たちそれぞれの一番美しい姿でね。

そやから、
ホットロードの時も然り、
めっちゃ難しいやろなぁ…
などと
「それ、誰目線なん?!」っちゅうような
おっさん目線で観た感じですねんけど

いやいや
正直言うと、
その、
何ちゅうの?
「キュン」いうの?
なってしもたもん、しゃぁないやん
いや、
何や、色々とな
青~い記憶
それ思い出してしもてな
ガハハハ

あ…
大人な感じで書こう思てたのに
こない書いてしもた。
まぁエエわ。

ほい 映画 楽しも。

シルキーな烏骨の鶏、か

よう
150925mo.jpg
むふふ めっちゃエエ玉子
烏骨鶏の玉子は、いただきものやねん
いろいろと調理法を考えたんやけど…
よしっ これぞ贅沢食いっ!です。
ありがとう

昼は"天魚"佃煮どん(音)辨當
150925lun.jpg
美味也

映画にしよう
ittutyan.jpg
昭和19年(1944)東宝
黒澤明監督

軍需工場、挺身隊。
むむ…プロパガンダ?と感じたのやけど
何や、そないに観てしもたら、
もったいないなぁ思て、
"青春群像、ある記録"として観ましてん。
…いや、説明不足やな、
そなぁ、大きく後ろに下がってな、見るねん。
それを演じている女性達、その脚本、その演出…
そないにして観た。
(説明が難しいな…わかるかな)

それでもな、
ふむ、なんちゅうかな、黒澤明監督やねん。
(としか言えんなナハハ)
どうも、様子が単なる"それ"とは違うねんな
そこは、観たらわかるねんけど。

そうやって観たからこそ見えたのかも知れんな

"アレソレ話法"になってしもたな
ナハハ許せ。

はぁぁ 映画 楽し、や。

アルマイト加工の辨當箱 最近のお気に入り

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150924blue.jpg

映画にしよう
itamyus.jpg
天童荒太氏の著の映画化

生前、
誰を愛し
誰に愛されたか
どんなことをして人に感謝されたか…

『 悼む 』、か…
あのシーンの、あの仕草が
丁度、『 悼 』、その文字だなぁ
うん

そやけどなぁ
何やろなぁ
ふむ
河瀨直美さん(以前の)に撮ってもらいたかったかも…
ナハハ 我儘。

ひぃ 映画 楽し。

秋なのだなぁ…金木犀の花の匂ひ

よう
150923sora.jpg
朝からご馳走也
150923moe.jpg
いい匂いだなぁ
見上げると
150923aki.jpg
季節だなぁ

夜は
これまたご馳走をいただきました
150923lun.jpg
鰻、好きや

鉄線虫の事、初めて知った時の衝撃ったらもぉ、だったなぁ…

よう
150922sora.jpg
ぐぅぃぃぃっっって伸び

蟷螂の後姿
150922kamky.jpg
鎌切、だよねぇ…

「どっちでもエエよ」

踏切…クロスポイントね、何で?いつ頃から?そない言うのかなぁ

昼のうどん
150921lun.jpg
月見うどん

踏み切りで列車の通過待ち。
150921kintet.jpg
列車が来る、そして行くのを見るのは楽しい。



福神漬とラッキョウと

葱っ ガッサァァァァァッ(ナハハ)
カレーにしよう
150920lun.jpg

映画にしよう
syubara.jpg

「みなさん!お願いです
 どうか拍手をしてやってください」

ホント、びっくりした。
拍手?
しましたよぉ
上映当時、映画館ではどうだったのかぁ…

昭和22年(1947)公開
製作、配給は東宝
黒澤明監督の映画。

カフェのシーンとかさ
みどころ沢山あるねぇ

はぁぁぁ 映画 楽し♪



家のカレーでもイカスミいれてみ 美味よ

イカスミを入れてね
カレーにしよう
150919mor.jpg

映画にしよう
fooootnot.jpg
イスラエル映画。
ヨセフ・シダー監督

父と子は、
共に大学教授。
文献の研究者だ。
古代ヘブライ語…か
しかも、タルムード研究…
もぉ、頭、グルグルしてしもて
映画どころやなくなってしまうのやけど。
そこは、ほれ、
この度は、さておき。

物語は、
栄誉賞の受賞の誤報から

FOOTノート、"脚注"か
どういうことなんやろなぁ…。


あの狭いミーティングルームで話し合うシーン
一番、印象的でした。
つまり
そういうことではなかろかな…と
はい。

ほい 映画 楽し

さて、沢庵の"黄色"とは?ナハハ

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150918blue.jpg

映画にしよう
birdbadbirdbad.jpg
ある俳優の
幻想は、現実であり
現実は、幻想である。

劇中劇の
ブロードウェイ公演
『愛について語るときに我々の語ること』…か
レイモンド・カァヴァーやねん、
なんちゅうかな、ある世代には馴染み深いやん?
まぁ、エエねんけど、
そういう意味のシンボリックな題材としてって
どうよ、いやぁ、過ぎませんかね?
まぁ、エエねんけど、
確かにそない思うねんけど
そやけどなぁ…
あと、ちょこちょこ鼻につく"言いまわし"や"行動"
まぁ、"ジョーク"なのだろうが
"ユーモア"ではないのよなぁ…
(あ、小生の思うところの、よ)
好みでない、っちゅうのか
おっと、
さてさて!
いやぁ、キャスティング!
ね、ホンマ…ナハハですな。
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督!
楽しみましたよ、はい。

はぁ 映画 楽し。

青い鳥辨當

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150917blue.jpg
ほい

葱をたっぷりの納豆 がぁぁっちゅうて

よう
納豆、好きや
150916mor2.jpg
朝餉の膳
150916mor.jpg
朝の時間を楽しむの。
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150916blue.jpg

本、
enndoooooo.jpg
書店で
「装丁の色、綺麗だなぁ」と手にとった。
この小説、
読んだのは、もぅ随分まえだなぁ…。

頁をめくるも
物語を、どうしても思い出せず…

改めて読んだ。

読みすすめる内

何なんだろうね
次第にね
思い出すものなのだなぁ
不思議だなぁ

読み終えました。

はっきり思い出した。

「あぁ、以前読んだときも、そう感じたなぁ。」
と。

「気にいらないな…。」
と。

まぁ、それぞれの感性があるからね。
うん、
本は 出会いなんだな。

味噌汁は、「食べる」や。ナハハ

よう
朝餉の膳
150915mor.jpg
日日是好日
イワシを焼く

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150915blue.jpg
メザシを焼く

本を楽しむ
hodakaniy.jpg
槍、穂
北鎌尾根
前穂北尾根

その遭難に
僕は想ふのだな…色々 深く。

はぁ 本は 連れて行ってくれるんだな。

薩摩芋と麦味噌の相性 やねん

よう
薩摩芋と麦味噌の相性
150914mor2.jpg
朝餉の膳
150914mor.jpg
木綿豆腐にもずく
朝の時間をゆっくり楽しむ
ほい
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150914blue.jpg

ほい

ざるそば と もりそば

よう
150913mor.jpg
蕎麦
好きや

映画にしよう
fooooocus.jpg

♪ウゥ~ウゥ~

ナハハ
そこ、面白い

映画 楽し♪

すこし前の映画にしよう

映画にしよう
usualsussss.jpg
久しぶりに観ました
やっぱ、楽しいよね
やっぱり、ケビン・スペイシー、エエよなぁ

「カイザー・ソゼ」…

ナハハ
僕の頭には
どうしても
「ロロトマシ」
っちゅう言葉が浮かぶ。
ナハハ
(わかる人にはわかる)

映画っちゅうのは はぁぁ 楽し♪

だいこおろしとしらすとからあげ

よう
朝餉の膳
150911mor.jpg

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150911blue.jpg

よし いくぞ!!(何を?ナハハ)

青い葱 白い沢庵  

よう
150910mor.jpg
干し鰈(いただきもの)を焼いて
そやけど、カレイはやっぱり右向いた方がエエねぇ…ナハハ
150910mor2.jpg
朝の時間を楽しむ。
行ってらっしゃい行ってきます。

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150910blue.jpg

本の話しをしよう
nobyyy.jpg
病院で手記を綴る男は、はたして
レイテ島にいた田村一等兵、あの男なのだろうか…

フィリピン戦線、結核、爆撃、彷徨、
野火、偶然、飽食、教会の十字架…殺人、銃、
羞恥、罪悪/道徳/生。
塩…集団、孤独、彷徨、飢餓、蛭、友軍の屍体、
カニバリズム
羞恥、罪悪/道徳/生。
(思い出しやすい様、箇条書きにしました)

極めて『 人間小説 』である。
シンプルに『 生 を感じる状況 』において、
『 生 』における、『 道徳 』とは?
どう言へばよいのかな…
それを認識すること?

となると、
どうしても
アンチノミー、二律背反つうのか
これは、僕がいつも考へてることで。
根本的なところ、
そもそも考へても、その答えがあるものなのか?と…。

いや、むしろ、こう考えるか
『 道徳 』そして『 野蛮 』。
ちょい待ち
『 野蛮 』の対義語が、『 文化・文明 』なら、
『 道徳 』ってなによ?ではあるが。

そうさなぁ、

少し横道にそれます。
そもそも、欧米語の『 モラールmoral 』は、
ラテン語『 モースmos 』→習慣、風習という語源をもっていて、
つまり、
ただの『 習慣の相違 』がその『 モラルの判断 』となると、
『 野蛮 』ってなによ?である。

この『 文明 』かて曲者やねん、
『 シビライゼィションcivilization 』は、
福沢諭吉翁の曰く、
「人の智徳の進歩と云て可なり」【文明論之概略】
うんうん、そのとおり!である。

『 モラルmoral 』を『 道徳 』とするなら
『 シビライゼィションcivilization 』は『 智徳 』と改名したいわ。
と、いうこと。

それにしても、
我国において、
『 モラール 』を、『 道徳 』と翻訳したその真意は?
…まぁ、何となく伝わってくるねんけど。

『 モラル 』は他に、「集団形成の為の機能」ちゅうような
『 道徳 』に置き換えたら、何や、違和感があるような論もあるねから、
よけぇに混乱するのや。

こんな風に、
"語彙の使用方法"を違へると、
ただただ、混乱するのである。

以前に読んだ
『インディアスの破壊についての簡潔な報告』【ラス・カサス】
を引っぱり出してきて、考えたわ。

頭の中 グルグル グルグル
正直、「ガァァッ」言うてなりましたわ。
(その後、ポケェ~となる。 ハハハ)

いや、
若輩小生が、
やっと最近になって本腰をいれて読み出して、
今、めちゃグッときている著書、
モンティーニュ『エセー』の影響が、多大にあるのやけどね(ナハハ)。

結局、
『 モラール=道徳 』で考えたからや。
モラール=道徳 やけど、道徳≠モラール でござる。
つうこと。

…む?
話しを、田村一等兵に戻さなくては…。
ここでは、『 ヴァーチュvirtue 』→『 徳 』
「田村にとっての『 徳 』とは?」であらう。

さて
…ところが!や
小説には、こない出てくる
田村の「いつも誰かに見られてる感覚」
???
そして、彼は、
丘の上、木の下に座るひとりの人間に出会う
黄金色の夕陽(朝陽?) …慈愛の色か。
そして、
右手と左手
為す勿れ【 マタイ伝 】
銃を持った堕天使は、聞くのだ、
うわずった巨大な声を。
『 罪 』とは…
すぐに思い返したのは、
田村が、永松から貰い口にした”猿の干肉”だ。
『 罪 』とは、か

田村のおかれた状況は、まさに深淵。
その深淵から、彼の叫ぶ声が、、
「願わくば…」だとしたならば、
その『 罪 』、その『 徳 』ってなんやねん?えっ!や。

頭の中 グルグルグルグル
正直、「ガァァッ」言うてなりましたわ。
(その後、ポケェ~となる。 ハハハ)

そやけど…
「著者は読者に、そこを疑問視させることを意図して書かはったんかもな」
と、うんうん頷き、落ちつきを取り戻し。
「そこをシンプルに考えること」を示唆?
…いや、ちゃうな(違うな)、

もっと単純に、
現代においても、いつも混同され続けてる、
実存の客観的認識、そして、いわゆる『 理念 』つうのかな…
唯物論、観念論、そないな言葉に向けると、
そもそも対立する言葉とも思えんし、
つまり、ますます二律背反であり…
結局、
色んな先生方々の話しを聞く為に、
部屋の本棚を、ガサガサと荒らすことになり、
最終的には
「あれ?僕、何を知りたいんやったっけ?」となる確率80%。

ふむぅ

ホイッ 話しを変えましょ
『 狂人の手記 』の下り、その構成、練りに練られた小説、
レトリックの上手さいうのか、テクニシャンやなぁ
そない感じました。
…あ、そないな読み方は、好きやないねんけど、
正直、そない感じてしもたこともホンマやからな…
書いときます。
それに、
なんちゅうても文章、
目の前に映し出される風景は、どれもこれも、
鮮明すぎるほどに鮮明やねん。
中でも、僕の脳裏に一番深く焼きついているのは、
あの『 野火の風景 』やねん。
田村の、あの「見られてる感覚」言うの、
見てたんは、
あの『 野火 』っちゅうことなんちゃうかなぁ思うねん。
どやろな…。

なぜか、
ひとつの詩が思い出されたんよな
茶色い戦争の詩 
ゆあーんゆよーんゆあゆよん
あの詩や、
なぜだらう…。
まぁ、大岡昇平だからやな
ナハハ。

さて、
この小説を読んで、
最近もよく目にする、薄っぺらな戦争話し
「悲惨だから、反戦」
「だから、ホニャララ」ちゅうような…
それを語ることには、めっちゃ違和感を感じる。

言うまでもない、
全ての善良な人々は『 反戦主義者 』である。

関わらず、
「だから戦争は~」などと言うような…。
それこそ、明治維新以降、歪に変貌してしまった我が国のMASS。
そんなMASSは、
きっと、前の日米戦争において、
仮に、我が国が戦勝国になっていたとしたならば…
今とは真逆の意見を言うのだらう…自覚もなく。

憂うねん…クラクラするくらい。
もちろん、
僕も、そのMASSの一塵である。
だからこそ、憂うんや…。

もとい!(気を落ちつけて)

言うても
『 小説 』ですもんね、人、それぞれの感性ですし、
どない感じて読んでも、エエんです、ねんけど、
ですねんけど、よ!

当時の世相もそっちのけで、
著者の人となりも、そないに知りもせぇへんのに、
自分に都合のエエ解釈で、
意見を押し付けてくる(どっかの国みたいに)感じは、
阿呆らしいて…

しまいには悲しぃなるんや!

…あ、スンマセン、ここらで止します。
趣旨が違います(ナハハ)。

少なくとも、
僕は、語らない。
いうことです。

ええっと、総括っ!
著書を読んで感じたこと

死を意識することによって、生を意識する。
その中で、感覚的価値が混乱に陥ってゆく。
その様を観る。
…かな。

『 屋漏に愧じず 』
僕は、そう生きたいな。
ただ、そう思いました。

ふぃぃ ようさん書いてしもた
しかも、独り言みたいや、

くだくだとこちたきこと…

あれ?
誰も最後まで読んでくれてない?

もしもーし!

そして誰もいなくなった?
ガハハハハ
まぁエエ

叫んでやるっ!

ガァァァァッ! 本っ 楽しっ!!

丼…慳貪屋の"けんどんぶりばち(慳貪振鉢)"…ん~"つっけんどん(突慳貪)"、何だかなぁ

よう
餡かけにして
なすびどん
150909mor.jpg
美味し
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150909blue.jpg

"グッとくるの記"を紹介します。

人材育せざるべからず。(中略)
蓋し、人各々能あり不能あり、
物の斉しからざるは、物の情なり。(中略)
斉しかざる人を一斉ならしめんとせず、
所謂才なる者を育することを務べし。(中略)
今の弊、
興国の人をして 皆一斉ならしめん と欲するに在り。
而して 却つて其の間 才なる者 特出するを見ず。


   【山田宇右衛門(治心気斎)先生に贈る書  吉田松蔭 】


いや、ほんま、そうや思うねん。
あ…これ、
今から124年も前に書かれた文や。

奈須比の"び"は実の説が好きだなぁ…夏にむすぶ実 

よう
150908mor.jpg
なすびを炒めて
150908mor2.jpg
朝の時間を楽しむ
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150908blue.jpg
めざしを焼く

「映画にしよう」
前編 【 事件 】
solomonnnno1.jpg
後編 【 裁判 】
solomon23.jpg

めちゃ面白いよ。

とにかく、
松子ちゃん、くぅぅぅっ。


んめ ぁ でぁごんのがっこ

よう
150907mor.jpg
納豆
150907mor2.jpg
「いただきます」
朝の時間を楽しむ
「ごちそうさまでした」
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150907blue.jpg
大きな御むすび

時間の軸を遡って、そこに拡がる空間を見る。

本の話をしようよ
zyakucyyyy.jpg

青物問屋 『 枡源 』
そこの長男に生まれた"源左衛門"
その名は、伊藤若冲。
小生、京、錦を歩く時は、いつも、
その人のことを思ふのである。
そう、いわゆる想像タイムトラベル(妄想とも言ふ)。

初めて伊藤若冲の絵と対面した時の話しもしよう。
まず、「 なんじゃこりゃあ!」だった。
ほいで、
絵の前で長いこと、ポカァンいうてクチあけて
ツッ立ってる阿呆な姿に気ぃついた。
…何とも奇妙な感じに圧倒されてしもたんやな。
そないな出会いやから、
伊藤若冲への"思ひいれ"いうのかな…
自分勝手ながら、めっちゃ想像してるやん?
たとへば、僕にとって『 野菜涅槃図 』なんてのは、
正に、"若冲と言ふ人物像"や。
そやからかな、
何やろ、
そないにサラサラ行かれてしもたら、
「ちょいちょいちょい、待って待って待って」
と、そないな感じしたんよな、
そやけど
さて。

物語は、
若冲:「お志乃かいな」
志乃:「へぇ 新しぃ顔料を作ってきました」
そないな会話から始まるねん。

で、読みすすめます。
小生:「へっ?結婚してた?」
まぁまぁまぁ
小生:「げっ!?市川君圭が、義理の弟ぉっ なぬぅっっ」
その瞬間、

パタンと本の頁を閉じたのでした。

…しばらく後…

そおぉぉっと頁を開きます。
薄目を開けて読み進めます
(やはり気になります)。

で、
小生:「ふふふふ」
著者殿、おぬしやるな(ナハハ)
そない考えるかぁ、
その想像力なかなかのものや。
いやぁ、著者殿、小生にも勝るほどの妄想者であらうな
…と、読みすすめるうち
本作家への興味が津々となり申した。

それから、
時代の…そう、若冲と親しかった池大雅、
そして、円山応挙、与謝蕪村に谷文晁…
まさに”仮面ライダー全員登場の回”みたいな感じ
楽しい(ナハハわかる?)。

世は
「愚者には安心の時節、識者には不安心の時節」【徳富蘇峰】
そんな時代、
絶対尊皇論を唱える竹内式部らは、
幕府による弾圧により追放
宝暦事件(1758年)や。
物語のシーンで、池大雅と共に訪れるんが、
蟄居中の裏松光世宅やねん。
あの“芭蕉の木”は映像として、めちゃ残るなぁ…印象的や。
そぅ、京、天明の大火のシーンも臨場感ある。
うんうん、人情劇、やな、楽しく読み終えました。

そやけどなぁ、
何やろ…

聞いたことのある『尼僧は、義妹の真寂尼』という説も、
エエ感じで好きやねんけどなぁ…

あ、やめときます。

あ、そやけど、
これだけ、これだけは書いときたいな
(著者に届くわけではないねんけど)
"伊藤若冲"
何をさしおいても思ふんは、
"売茶翁禅師" と "米斗翁(若冲)"のこと。
そこ、やねんな
そこや思うねん…若冲の絵いうんは。
もちそん、
僕の勝手な想像やけどな。

想像するねん、
"81歳くらいの禅師"、そして、"40歳くらいの若冲"
言うたら、
一種、ウィーンのカフェサロン文化、みたいなっちゅうのか…
ベルエポック、ガートルード・スタインの文化サロン、なちゅうのか
もちろん、全然ちゃうねんけど、
そこには、
"禅"というの事がベースにあってな、
ほんで、色々、想像するとな
「あぁ、それでか!」
みたいな感じがあるねん。
小生には、その方が面白い感じすんねんよなぁ。
もちろん、
こないな"人情ドラマ"も大好きやねんけど、
若冲の『 志 』言うのかな…
そういうの、もう少し…
あ、又、勝手なワガママ言うてますね 
ナハハ。

それぞれの感性でエエねよ、
"ヒストリー"は"ストーリー"やねんから。
はい。

はぁぁ さういふ意味でも(どういふ?) 本 楽し♪

あ、これ書いとこ、

物議をかもしてる伊藤若冲の、
あの『白象群獣図』の枡目描き…モザイク画、
あれは、『西陣織』や、と小生も考えるところです。

皆さんはどない思います?

映画鑑賞の秋、いや残暑ですか…

よう
150905mor.jpg
ぶっかけの蕎麦だぜぇ。
がぁぁぁっいうて食べるぜぇ。
あ…これやとホンマにワイル…あれ、死語?
早いなぁ…。

昼間の大好き星印ビール と 柿P と 本。
150905beer.jpg

映画にするぜぇ
dhonnzokonn.jpg
昭和32年(1957)公開 東宝 製作・配給
黒澤明監督である。

マクシム・ゴーリキー戯曲『どん底』
小生、随分前に読んだからか、忘れていた。
どうだったかなぁ…
しかし
観ていくうちに思い出しました。
やはり、
監督! 脚本家小国英雄さん!
拍手です。

群像ドラマ時代劇ですねん。

江戸の場末、
崖の下
窟のような斜めに傾いた棟割長屋
「掃き溜め」か…
そこでの悲喜交々の人生模様

ラストシーンの
お囃子、
合唱、
踊り狂う皆々
エネルギーの爆発とでも言いましょうかね…。
印象的です。

捨吉(三船敏郎)も勿論エエが、
遍路姿の老人、嘉平(左卜全)がエエなぁ

はぁ 映画 楽し。 

「カレーのくち」言いますやろ?しばしば、それ、なりますねん。

よう
150904mor.jpg
「ほれ」
150904mor2.jpg
「ね」
"カレーうどん"
にんじんようさんいれましてん。
「ほい」
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150904blue.jpg
「ね」

本の話でもしますかね。
著者は、デイヴィッド・エドモンズ(1964~)
dousimasuka.jpg
表紙の紹介書きにこうある↓

思考実験「トロリー問題」の多角的な考察を通じて、
哲学・倫理学が道徳的ジレンマとどう向き合ってきたかを明らかにする。


…そやね、その問いの出題背景と、
この問いに対して、それぞれの哲学者たちが
"どないなふうに向き合ってきたのか"を紹介してくれる。
そういう本やね。

さて、主題となる
倫理学の思考実験

「トロリー問題」

トロッコ
進む先に作業員が五人、
待避線に作業員が一人、
進路を変えて待避線に進むべきなのか…
あなたが運転手なら?

【トロッコ問題(the trolley Problem)/フィリッパ・フット】


あるひとを助けるために、別のひとを殺すのは許されるか?

本の表紙は
この問いを少し変化させた、
「トロッコ問題・太った男編」
dousimasuka_20151015180517b24.jpg
あなたは橋の上にいます。
見知らぬ太った男の横に立ち、
トロッコが5人の方に向かっていくのを見ている。
トロッコを止める方法は、
隣の見知らぬ人を橋の上から線路へ突き落とし、
トロッコの進路を阻むことしかない。

【トロッコ問題・太った男編/ジュディス・J・トムソン(Judith Jarvis Thomson)】


あるひとを助けるために、別のひとを殺すのは許されるか?


哲学、倫理学におけるディレンマ
"トロリーディレンマ" か…
功利主義(utilitarian)的判断基準で判断する人々の社会的動向
義務論(deontological)的判断基準で判断する人々の社会的動向
…。
こない書いてみても
…何やろな
何か基本的な、"もっと重要なこと"を見落としてて、
それそっちのけで議論されているような…
そない気がして、何やモヤモヤするねんなぁ…何やろな。
それでも、
著者の紹介してくれた
それぞれの学者たちの、それぞれの考えの数々、
興味深ぁく、聞きました(読みました)よ。

さて、

聞きましょう
あなたの判断を。


「 ( 耳 )… 」

それは、
5人を"見殺し"、もしくは、1人を"見殺し"
…あなたが"殺した"とはならないですか?

「 ( 耳 )… 」

そうですね、確かに
『いづれかが死ぬ』という未来は、最初から決まっていた。
たしかに。

さて、
小生の考えについて書くのはよそう

…と思っていたが書くとする。

「拙者ならばだが…、
迷わずポイントを切り替え5人を救う。

そして、
亡くなられた1人に最大の敬意を表し、
そして
後の生涯を、残された遺族の方々へ
礼を尽くし、最大限の奉仕に費やす。

こう思ふからだ…
もし、その1人が私ならば、それを望むからだ、と。
仮に、その5人の内にあれども、
それぞれが、その1人の立場なれば、さふ考へるだらう。

切り替えず、とすれば、
5人の遺族に誠の意を尽くすことになるが、
無念であるが、拙者1人では力量不足と判断する。
勿論、1人といへども、十分とは思へぬが…
精一杯の誠を尽くすしだい。

そもそも、この罠を仕掛けた犯人
その悪党を捜し出し、
尋常に成敗いたす。

兎も角、
知った以上は、
何もせずにおくこと出来ぬ。
決して無かったことになどならぬ。」

…と言いたいところだが

実は、

「んなもん、そないな状況になってみぃひんんと、わかるかいな!」

が正直な回答である。
…そない言うてしもたら、
倫理も、道徳も、身も、蓋も、あれへんね。
ゆるせ。

個人的には、
イマヌエル・カントのいう『定言的命令』(定言命法)という考え方、
好きです。

うん 本 楽し。

海背川腹 川は皮から海は身から 左平目右鰈 

よう
150903mor.jpg
いただきものの鰈の干物を焼いて
具多っ!味噌汁
朝の時間を楽しむ。
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い辨當を食べやうぢゃなゐか
150903blue.jpg

映画にしよう
ikimonononnkiokunn.jpg
昭和30年(1955)東宝製作・配給
黒澤明監督です。

原水爆放射能の恐怖
主人公:中島喜一(三船敏郎)は、
狂気に陥る…。

印象的なラストシーンだなぁ
"階段のシーン"
裁判調停委員(志村喬)
そして
朝子(根岸明美)と背負われた幼子。

考えること
そして
これから考えること。

さて、
この映画が撮られたのは、
米ソ冷戦の時代と呼ばれる時代だ。

1954年、
南太平洋のマーシャル群島ビキニ環礁で、
米国が実施した
"水爆実験"
近くを航行中のマグロ漁船
第五福竜丸
乗組員23人全員が、被爆 した。
【 第五福竜丸事件 】

米国が実施した核実験は、
太平洋だけでも、
合計23回(但し1946~1958の間で)だ。

終盤に医師(中村伸郎)が言う、
こんな感じに

「どうも酷く憂鬱になって困る…
なんだか、正気でいられる自分に不安になる。
狂っているのは、
あの患者なのか、
それとも
こんな時世に、正気でいられる我々なのか。」

か…
皆さんは
どない思われますでしょうか?

しかし、
何とも迫ってくるタイトルだなぁ…。
「俯瞰して観よ」
ちゅうような、監督の声が聞こえてきますな。

ふぅ 映画 考えさせられて楽し。

長月の朝 朝の時間を楽しむこと

よう
150902mor.jpg
朝の時間を楽しむこと。
150902mor2.jpg

「三万六千五百朝」【棟方志功】

なんだ。
で、
朝食は食ったか?
ハイ いただきました。
では 食器をよく片付けなさい。
なのだな。
で、
行ってきます行ってらっしゃい

昼の青い鳥辨當を食べやうぢゃなゐか
150902blue.jpg
えぶりがっこ…燻り御香香だらうかな。

赤葡萄酒の時間です。
150902vin.jpg
赤い葡萄酒 と
豆腐に塩とオリーブオイル と
本。

好きなのだなぁ…この時間。

平成27年夜長月…始まりです。

よう
夜長月…始まりです。
150901mor.jpg
糸を紡ぐ紡錘型のショートパスタでね。
朝の時間を楽しむ
行ってらっしゃい行ってきます。

昼はね、
"炭水化物好きですねん弁当"
150901lun.jpg
"ドリア"とも"グラタンライス"とも
(ナハハ)

映画にしよう
kumonosuuusuu.jpg
昭和32年(1957)東宝製作・配給
黒澤明監督です。

"命"は…鷲津武時(三船敏郎演じる)
その男より作さる。

馬にて駆ける武将二人
鷲津武時 そして 三木義明
主君、"蜘蛛巣城"城主、都築国春のもとへ

蜘蛛手の森の中で
怪しき一人の老婆の予言

そして
鷲津武時(三船敏郎演じる)は、
"命"を、作さる。

彼が自ずから定めた…"宿命"。
自ずから由るものも、
自ずから在るものも
その"動かざる命"の内に求む。
然れど、
"留まる命"の内に棲むは…
物ノ怪の老婆と
怪しき森。

湧き出でる不信のこころ、
やがて
信じえずは自己ともなるなり

やがて、
その自己不信は、
自己の存在価値までをも
"命"から離すことになる…。

その悲劇の訪れが、
"運命"となる。

さて、それは彼の
"天命"だつたのだらうか…。

観終わってから、
おもわず
拍手喝采。
まさに『マクベス』!
素晴らしいです、監督!

いやぁ
小生にとって
"シェークスピア劇"の存在
…それら数々は、ふとした度ごとに、思い出てくる。
僕の胸の内でも、かなり大きい存在、なのである。
そやから余計に、ですわ。

いやはや 映画 楽しい。
プロフィール

Arbre de Hiver

Author:Arbre de Hiver
fuyu

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード