FC2ブログ

平成二十九年 大つごもり

よう
171231mornisnah.jpg
大つごもりの朝
師走の空のから風ひゆう ゝ
熱々ざうすひ啜りて温まろ

美よし野で迎う大つごもりの宵
御馳走なる牡蠣の味噌土手(玉*)鍋
(*玉のように丸めた味噌を放りこむ)
内でも一番、
171231dinnsa.jpg
旨味出汁滲みて美味なる葛切り哉
♪舌鼓 ポンポンッに御座候

白菜漬け
171231tyukyasa.jpg
これまた美味にて、
おとうとと共に平らぐる。

― 大つごもりの夜 ―

夜半、皆で揃ひて、
すするは年こし蕎麦なり。
171231sobyasa.jpg
誰かが
「年越しに、何で蕎麦を食べるん?」
毎年問うも、年越しの慣例行事なり。
(ナハハ)

― 年明け ―

谷間に響く除夜の音
180101goooon.jpg
初の詣でにさまざま思ふ。
スポンサーサイト

♪チャクチャクチャク♪ジャハァァァア

よう
みずたきの出汁でね
今朝の雑炊
171230mornsind.jpg
「くぅ~っ 美味か~っ」

そして、昼

そのときだった
「ウインナーあるかい?赤いウインナーだ」
「タコのかたちで炒めてやらうか」
「!」
♪チャクチャクチャク
171230lou1.jpg
♪ジャハァァァア
171230lou2.jpg
「あいよ ウインナー炒め大盛り」
171230loundhsa.jpg
♪プリッ
…それ以来でもなく
うちの常連さ だわさ
ナハハ
「今日は、ジンジャーエールで」
171230ginnz.jpg
金本さん(大好きなドラマでいつもジンジャーエールの人)
の真似(ナハハ)

冷えるね。
今夜も鍋にしよっかね。
冷蔵庫にいただきものの蟹があったのでね(感謝)
171230zousua.jpg
これこれ、
カニすき鍋の中で何が好き?
って聞かれたら、
「これです」と必ず言ふ。
美味いんだな。

映画にしよう
lalalife.jpg

「うわっ!まじかっ」

「ひょええええっ!そんなんっ!」

と、えらい賑やかに観ましたわ。
ナハハ
楽しみました♪

あ、
はやぶさ2が持ち帰る予定の
小惑星 "リュウグウ"の土て、
大丈夫やろか…
とか言うたりして

…ブルッ
「ギャーッ」

はぁぁぁ 映画 楽しい。

歳末の宴 ふたたび

よう
鴨蕎麦の朝
171229mornsin
鴨蕎麦の昼
171229loundhsa.jpg
昨夜の鴨鍋大活躍の巻
ナハハ
エエ出汁なんよなぁ 好きや

映画にしよう
koooooooooppsioajka.jpg
家族、それぞれの事情と、その心情。
家族ゆへの様々、ね。

はい 映画 楽しい♪


歳末の宴をしよう
美味しい鍋にしよう
この穴からシャァァァァァッちゅうて湯気の勢い
171228dinnsha.jpg
ほい、出来たよ
めっちゃ美味しい鍋でね、歳末の宴をしよう
171229dinnshas.jpg
温まろ

うぅぅぅわっ
いぅぅぅわっ

美味っ

葱と かしわ は相うな
白菜と かしわ も相うな
好きです 博多水炊き
171229din1.jpg
「美味かです」

歳末の宴 ふたたび(ナハハ)
鍋は温まるネ。

米の"白"て、ほんま綺麗やなぁ

よう
「豚汁朝食 お待ち」
「いただきまぁす」
171228mornisnah.jpg
「ああ…美味しかです」
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、食器をよく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171228lounshas.jpg
米の"白"て、ほんま綺麗やなぁ思うねん。
梅はその日の難のがれ、っちゅうて食べる。

映画にしよう
hahahhahhasna.jpg

そうやなぁ…
そやけどなぁ。

映画は出会い

歳末の宴をしよう
美味しい鍋にしよう
この穴からシャァァァァァッちゅうて湯気の勢い
171228dinnsha.jpg
ほい、出来たよ
めっちゃ美味しい鍋でね、歳末の宴をしよう
171228dins1.jpg
温まろ

うぅぅぅわっ
いぅぅぅわっ

美味っ

葱と鴨は相うな
水菜と鴨も相うな
好きです 鴨鍋

"上方稲荷辨當"

よう
とろろ昆布蕎麦
白葱刻んでね
171227mornisnnhha.jpg
ふぅ、エエ(吉々)なぁ
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171227lpounndsioa.jpg
お稲荷さん、
三角ですから、上方ですねん
"上方稲荷辨當"
ワサビをよお効かせましてん。
熱いお茶 と 稲荷寿司
ふぅ、エエ(吉々)なぁ、
おぉぉ効くっっっ(ナハハ)

映画にしよう
mikkkkksakakkasa.jpg

ジョージア(グルジア)、アブハジア。

そのエストニア人集落には、
長い間、その土地で営んできた"生活"があった。
みかん実る丘…
"生活"に"戦争"が闖入する。

皆は失望し、祖国へ戻った。
木箱職人イヴォ、みかん農マルゴス、
医者のユハンを除いて。

イヴォ:「大好きだし…大嫌いだ」
彼が、祖国エストニアに戻らない理由だ。

そして、戦争は、
イヴォの住居内にまで闖入してくる。
負傷したチェチェン人傭兵のアハメド
負傷したグルジア人のニカ。

アハメド:「奴を許さない。奴は俺の友達を殺したんだ」

イヴォ:「彼の友達を殺したのは、お前だろう」

…いやぁ、
丘に実る"みかん"が、脳裏から離れない。

はぁぁぁぁっ 映画 楽しいっ!♪



何のがれ?難のがれ

よう
サニーサイドアップ
171226morninnfghs.jpg
胡椒をきかせてさ
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝さ、
朝の時間を楽しむさ
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171226lounnnchsina.jpg
梅はその日の何のがれ?
難のがれ。

「酒を張ると、見込みの緑、映えて良いなぁ」
171226sakkkkkyrs.jpg
「ム、口縁のあたりも良い、よい器じゃのぉ」
「よい器でやる酒は、いっそう美味いのぉ」
などと、
ブツクサいいながら
ナハハ
ぐい呑みでね。
気に入ったぞよ。

ポン酢、七味ちゃっかけて

よう
温かいスープを食べよう
171225mornisnha.jpg
ふぅーふぅーはふはふ、ね。
スープとパン、
僕は、東欧の空気を思い出す。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171225loundhsina.jpg
梅はその日の難のがれ

映画にしよう
dadadadadannnsaew.jpg

ヨッ、待ってました、
クリストファー・ノーラン監督!

そか、ダイナモ・オペレーション、
ダンケルク撤退の実話、
その映画化なんやね。

交差する時間軸、妙やなぁ、流石。
そして、
集約する時間と場所、
重なる瞬間の迫ってくる映像っちゅうたら、
ね。

こりゃ、劇場で観なかんかったな…ふむ。

そやね、
そやねんけど、ね。

はぁ?そらぁ、助けに行くやろ…
はぁ?そらぁ、覚悟きめるやろ…
はぁ?そらぁ、残らなあかんやろ…

そんな事が感動することなん?
…何か残念やったな。

まぁ、あれ、でした。
でも、まぁ、
そ、そういうことね、か?
ふむ、何だかなぁ…
自問自答。

つまり、映画は 出会い。
つまり、ビールでも飲も
171225beeerosi.jpg
「まぁまぁ どうぞどうぞ」
「まぁまぁ どうもどうも」
豆腐(木綿が好きです)をチン(ピピー)して
171225tofufufuufuas.jpg
ポン酢、七味ちゃっかけて

瞼を閉じて、
潮の花が舞う砂浜に(映画の印象的なシーンね)
僕は立つ。

映画を思い出しながら飲むのは楽しい。

陽気に!楽しく!さぁ食べよう!

よう
チーズをたっぷりかけてさ
温まろ
171224morningsa.jpg
じゃが芋のほくほく、麦のぷちぷち。
朝の時間を楽しむ、ゆっくりとね。

さぁ パーティーをしよう
ステーキを焼くよ。
タマネギを擂って、
ニンニクを擂って、
醤油と酒、酢と砂糖ね、
鉄板を熱々にしてさ
171224dinnnnsa.jpg
ジュッジャァァァァァ♪
ってね。
いい音、いい香り。

年に一度だけ登場のアルバム、活躍。
♪カレンの歌声のクリスマスソング
キャンドルに火を灯してさ

さぁ 発泡葡萄酒を開けよう
171224vinnndhs.jpg
ピンク色の泡、可愛いね。

「メリィ、メリィ、陽気に!楽しく!さぁ食べよう!」
ナハハ

珈琲を淹れるよ
171224cakaaaa.jpg
ケーキと珈琲は相うねぇ

素敵な"ぐい呑み"の酒器
171224presssaa.jpg
エエ(吉々)色やね。
ありがとう。

今宵、みんなに素敵な夜が訪れますよう…
サンタさん、よろしく。

天は長く地は久し 弥栄。

よう
ぽたぽた南瓜のポタージュでね、温まろ
171223mornsina.jpg
ホックリだな。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝
朝の時間を楽しむ。
せばね、食器を、よく片付けるんだな。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171223louinska.jpg
梅はその日の難のがれ
いやぁ美しなぁ。

居酒屋さんのリニュアルお手伝い
171223rinsuayus.jpg
綺麗なったお店で、
楽しい忘年会とか、楽しいデートとか、ね
この場所で、
沢山の笑顔や、素敵な思い出が生まれる。
そのお手伝いが、少しでも出来たとしたなら、
僕は嬉しい。

夜食、お土産のうどん
冷えるからね、
"鍋焼きうどん"にしやう♪
171223dinnnnsa.jpg
ぐつぐつぐつ 僕の部屋に立ち登る湯気
ずざざざざぁ 溢れる出汁
わわわわっ 急いで火を小さくする僕
ナハハ
ずずずずず はふはふ 
美味しいね、ありがとう。

映画にしよう
namidasuuusuuskanxa.jpg
アルベール・カミュの
「男も女も、そうさ、創りだすんだ、生きてさ…涙するまでさ」
の言葉だらうな…うん。

1954年のアルジェ
荒野が舞台の物語。
原作の『 客 』、
短編集"追放と王国"の中でも、
僕の好きな話しだ。

仏領アルジェリア。
主人公の教師ダリュ。
選択。

ほぉ、そうかぁ、
こないな感じの映画にしはったんやね。

ほい、映画 楽しい♪

本棚から引き出した
gennsakusowowa.jpg
頁を開き、もう一度、
じっくりと読むことにする。

やっぱり、最期の一説は、
ココロを打つ。

授業で、
仏の四大河を、四色のチョークで描いた黒板やねん。
その"うねりくねり"の間に、
下手くそな筆跡で書かれたその文字。

「お前は己の兄弟を引き渡した。必ず報いがあるぞ」

な。

そんで、
ダリュは、
空を見上げる。
それから、
高原を眺めて、な、
さらに、
その彼方のな、
海まで延びている
目には見えへん土地をな、
眺めてるねん。

で、結びがな、

これほど愛していたこの広い国に、
彼は、ひとりぼっちでいた。

な、胸、ギュッや。

僕の中で、
その文字の書かれた黒板を背に、
窓から外の景色を眺め、
孤独を感じている主人公が、
著者カミュの姿になる。
作家の意図には反するのだらうが…

関わるのか、
関わらないのか、
連帯、追放…孤独。

夜は更けてゆくのです。

あ、こっちの呼び名の方が"ん"多いな…

よう
熱い珈琲を淹れて
171222morcofff.jpg
朝の時間を楽しむ。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171222lousnian.jpg
梅はその日のぉ?
ナハハ、正解。

冬至の今日、南き"ん"でね
171222kaboskai.jpg
お手製"木ぃのマッシャー"でね
171222kiinomaxtusyaus.jpg
あ、こっちの呼び名の方が"ん"多いな…
"パ運プキ運スープ"
171222sosoososka.jpg
ナハハ 甘くてホックリ美味しいな。

勿論、"柚子湯"でね
171222yususuuai.jpg
ふぅううううぅ 暖まるねぇ

科白?

「はぁぁぁぁっ、極楽、極楽」

あ、今の若い子らも言うんやろか…?

ナハハ、そんな冬至の今日。

その広場に、歓声があがるねん。

よう
温かいスープで温まろう
171221mornisnha.jpg
いや、ほんま、暖房とかよりも
"熱いスープ"やねん。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝
朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171221lounshdisk.jpg
梅はその日の難のがれっちゅうてな。

「あ、たこ焼き下さい」
171221dinsha.jpg
たこ焼き と 缶ビール
ナハハ エエ(吉々)なぁ

今夜は"美しいもん"を観るのに、
中之島公会堂へ
171221byusoausy.jpg
広場にわく歓声、
感動の声…

いやぁ、素晴らしいなぁ。

美しいもん観た皆が、
感動してな。
昼間、仕事で、めっちゃ嫌な事あった誰かが、
そんなことかて、忘れてしまうくらい…。

「ああ、明日も笑顔で出社して、嫌な上司に笑顔で挨拶しよう」
とか、
「さっき彼氏と喧嘩したけど…何や知らん間に、手えつないでるなぁ」
とか、
な、
…そういうことなんや。
うん、
素晴らしい仕事や思う。

歓声が上がるたび、な、
何だか誇らしく思いました
ナハハ、弟に拍手。

そして、
しみじみと、
どて焼き と 熱燗 やりながら
171221doisnao.jpg
三度目のウォールタペストリーを観る。

お腹、空いたね。
帰り道途中の"白丸ばりかた"のお店に行く
171221sinnsyaia.jpg
くぉぉ 食べ過ぎたなぁ 
はぁぁ どうしたい?
寝転びたい。
ナハハ

麦のぷちぷち食感が楽しいのだ

よう
温かい、スープ、
171220mornisnha.jpg
からだ、温まるね。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝
朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
久しぶりに保温筒でね
171220lousnnahsi.jpg
きのこリゾット辨當
171220lousnaksi.jpg
麦のぷちぷち食感が楽しいのだ。

映画にしよう
tootootoskoakmorokosia.jpg

ジョージア(グルジア) と アブハジア、
戦争。

雪どけの季節、
悠々と流れるエングリ川の中洲。
やがて季節が巡れば、
洪水が起こり、その中洲は消滅する。

小舟で渡り、
その肥沃な中洲に、
とうもろこしの種を蒔く。
次の冬の為に。
それが、生活。
営み。

老人 と 美しい少女。

少女:「この地は誰のもの?」
老人:「耕した者のものだ」

老人の愛孫だ。

人間の生活…
種を蒔き、実りを待ち、収穫する。
人間の戦争…
争い、戦い、殺し合う。

中洲に逃げ込んだ負傷兵士。
そして、
兵士たち。
戦争。

嵐、洪水、
自然の驚異。

僕のココロからは、
それらの生活や、
それら戦争は、消え去り…
自然だけが残った。

いやぁぁぁ 映画 楽しい♪

あ、そうだ…、
少女が、美しいんだな。
幼い少女の"開花する性"…
とうもろこし畑の中追いかけあう男女、
あのシーンは、ドッキドキしたなぁ。
一時、流行ってた"壁ドン"?
なぁんじゃそら、
あのシーンのドキドキ感に比べたら、えっ!
なぁんていうと、世の少女諸君は怒るか?
ナハハ
ほい、
冷えるねぇ、
熱燗をつけやう。
171220bannsyaksi.jpg
ふぅ、温まるなぁ。

目を閉じる。

大自然の谷間、
悠々と流れる川の風景、
僕は、中洲の狭い土地、
とうもろこし畑の中にいる。

岸辺に寄せる波の音、
対岸から聞こえる銃声、
川面を過ぎ行く兵士を乗せたモーターボート、

嵐は去り…

若い男女の笑い声、
お爺さんの呼ぶ声、

焚火で焼けた魚を頬張るのは、
兵士たち、
グルジア人兵士、
アブハジア人兵士、
そこにロシア人兵士も交じりあい、
勿論、少女と、お爺さんの姿も。
皆、和気あいあい、
笑い合う。
見渡せば、美しいエングリ川の風景。

…何なんだ、
この感情は…

僕は、
声をあげて泣いた。
映画は、とっくに観終わったのに…。

うん、
酒のせいだ。
うん。

パルメザンチーズたっぷりかけてさ

よう
熱々のキノコリゾット
パルメザンチーズたっぷりかけてさ
171219mornisnha.jpg
温まろ。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝
朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171219lounnnchisna.jpg
お気にいり"中川政七商店さんとこの辨當函"
"小さな仕掛け"(?)なんだな。
梅はその日の難のがれぇ、っと。

映画にしよう
hikakakkakakkaksa.jpg
映画についての映画、でもあるな。

めっちゃグッときましたわ。

映画中映画『 その砂の行方 』、
それの監督・主演は藤竜也が演じてるんやけど、
劇中劇中セリフ(ややこしな)
「目の前から消えてしまうものほど美しいものです」
は、グッとくるし、ほんで、
監督が、彼女に言う
「重三が、あんたの希望になったら、ありがたい」
は、グワワワワァァきた。

あと、
居酒屋で、
自分が撮ったグラビア写真を、
平たい言葉で表現した友、
“心臓(カメラ)”を奪い去る赤いスニーカー、
あの後の「もうやめろよ」は、
ギャァ~ちゅうて胸を突くなぁ。
彼(友)の人生を想はずにおれん…。

あ、ドキドキしたなぁ、
「顔を触らせてくれないか?」のシーン。
あ、シャッターを切る…最期の写真、
カメラ…心臓…ココロ
そう、『 記憶 』といふこと、か。

彼女のシーンもエエなぁ。
憶えてしまった"失踪した父の財布の中身"。
そんな彼女の認知症の母が、
行方不明になった日の夕方、
林の中を捜し彷徨い、
泥濘に足を取られるシーン!
ぐぐぐっ胸が苦しくなったなぁ…
「がんばれ、がんばれ」言うたわ。

そして、
これや、

「 視線の先には   」

溢れたぁぁぁ…
いやぁ、まいったな、
くぉぉぉぉぉでした。

ありゃ?
観ておられへん人には、
何のこっちゃ分からんやろな、
スンマセン。

とにかく、
感想は、こうです、
あぁぁぁっ、映画って、ほんまエエなぁぁぁぁぁ♪

「まあまあ どおぞどおぞ」

よう
171218mornisnha.jpg
三万六千五百朝【 棟方志功 】
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當ですねんけど
お土産にいただいた
"シウマイ"
し「美味い」と、かけてはるんやろなぁ…
171218losuajs.jpg
"シウマイ辨當"です
171218lounnnchisna.jpg
し美味い!

晩酌ビール
「まあまあ どおぞどおぞ」
171218beeeerska.jpg
「これはこれは どおもどおも」

『男前のどん兵衛』

よう
朝飯を食べやう
171217morninsha.jpg
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、食器を、よく片付ける。


お土産にいただいた
あ、これ"特別"やねんで
(大阪に住む僕としての限定やけどナハハ)
見て、" E "の文字
171217eeeeeedesu.jpg
" E "の方が旨い、ぜぇったい!そない思う(私見)。
『男前のどん兵衛』と呼ぶとする。
どん兵衛(E)、かっこいーかっこわらい。
美味しくいただきました、ありがとう。

映画にしよう
nanntekotowositekurerunnda.jpg

さうぢやないだろーっ!だ。

人類に不可能な条件、『 平和 』
それを語らずして、映画化と宣うとは…。

そう、
人間に巣食うの宿命的病気、
三つの関心(ゾルゲ)
"事物への関心"
"人間への関心"
"神への関心"

いづれにせよ、
人類は最終的に、『 釦を押す 』だ。

で、どうする!?だ。

温暖化?…はぁ?だ。

― 閑話休題 ―
熱い珈琲を淹れて、ひと呼吸しました。

それにしても、
…いや、止めよう。

映画は、出会いだからね。



具沢山スープで温まろ

よう
珈琲を淹れて
171216mornsicooof.jpg
朝の具沢山スープ
171216mornisnha.jpg
ゆっくりとね、温かいスープでね、温まろ。

映画にしよう
douiukotonannaa.jpg

『 剣の道 』な…

"人"やない、"己"。
"人を斬る為"やない、
"己の魂を磨く為"なんや。
"斬る"やない、"活かす"なんよな。

その道を究むるために、
"守破離"いうのがあるんやけど…どやろな。
"型"を真似ぶことも間々ならず、"守"など…なぁ。

「素振りや、一心不乱に素振りをせえ、素振りや」
そない、よお言われとったことを思い出した。

さて、
『 道 』いうことやけど、
そやな、
「いまだ木鶏たりえず」
それ、
それこそが、『 道 』や思ふねん。
ふむ、
禅語に云ふ、滴水滴凍、生くることも一理。
されど、
自然…かむながらに生くること、此れ道なり、
と拙者は考へる。

あれ?剣道の話し…
あ、何の話しや、あ、そや、映画や…。

あ、だいぶ前の話しやけど、
外国人にな、
“道”について説明すんのん、
めっちゃ苦労したのん思い出したわ。
ああだこうだ、
四苦八苦説明するんやけど結局、
「えにうぇい、お腹すいたな」
そない言うて誤魔化した気がする。
ナハハ
あ、今、聞かれても、どないやろなぁ…。

あれ?剣道の話し…
あ、何の話しや、あ、そか、映画は…
出会い。

"のり辨當"っていふ名

よう

「あいよ、豚汁朝食」
171215mornisnaha.jpg
「あぁぁ 美味しかです」

三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171215loudssnak.jpg
"のり辨當"って名前は、
どないな感じで付けはったんやろかいな?
しかも、
その呼び名、何の違和感も無く、
こないに世間に浸透したんは、何でやろかいな?
…そか、
もともと"海苔だけ"やった処に、
鮭やら、ちくわ磯辺揚げやら、
加わったっちゅうことか!
(…か、どうか真相は分からんけど)
そないな謎解き遊びをするのんて、
ほんま楽しいな。

映画にしよう
alllasa.jpg

"顕在意識は過去の記憶で出来ている"
とか言ふやうな話しを聞くやん?

今現在、起こる事柄
その意思決定や判断、
そして、それに対する感情は、
過去の経験や体験した記憶により…か。

そういふ話しをね、
話したり、考へたりするのは好きやねんけど、な
其のたびに、違和感を感じるねん。
そういう考え方って、
いかにも『 人間様 』な感じ、っちゅうのかな…

そやから、
まぁ、そらそうやねんけど、
何ちゅうかな、
そやな、『 人間味 』が無いっちゅうか、
"情緒"とか"忘却"とか言ふのがあるんや、
「やっぱり"人間イコール脳"っちゅうのは、ちゃ(違)うなぁ」
そないな結論に帰結する。

…あ、映画のはなしや、な、はい。
ナハハ

好きなシーンな↓

秋、木枯らし吹く公園、
主人公アルパチーノ演じるマルグホーンが、
可愛い孫娘と話す。
そして、
クリスティーナ・G・ロセッティの詩を、
聞かせるシーンがエエねんなぁ。

誰が風を見たでしょう?
ぼくもあなたも見やしない、
けれど木の葉をふるわせて
風は通りぬけてゆく。

誰が風を見たでしょう?
ぼくもあなたも見やしない、
けれど樹立ちが頭をさげて
風は通りすぎてゆく。

【 訳者:西条八十 】

(映画では違った表現だったけどね)

でね、
孫娘が、言うねん
「くるくるって」

ナハハ、タネバレは止しておきます。
何ともよいシーンなんだな。

そやねん、
冒頭の話しに戻るけど、

そう、過去かて、
未来かて、な、
ぜぇんぶ、
"今"に内展するもんなんや。

そやな、
言い換えておく。
"顕在意識は未来への希望で出来ている"
や。

はぁ 映画 楽しい。

キャベツの芯もサイコロに切ってさ

よう
冷える朝はね、うん、温まろ
171214mornsiinsa.jpg
キャベツの芯もサイコロに切ってさ、
甘くて美味しいね
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171214loundhska.jpg
ピエロの鼻(ナハハ)

映画にしよう
imaitiarenannyonaaaaaa.jpg

んん・・・で?

映画は…出会い。

ミネストラ ラララ♪温まろ 

よう
ミネストラ ラララ♪温まろ 
171213mornisnha.jpg
冷える朝はね、
熱いスープで温まろ
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171213lousnahsioa.jpg
プチトマト
ピエロの鼻
トナカイの鼻
アンパン男の鼻

熱燗にしよう
171213sakyasa.jpg
ちゃっ きゅっ
「くぅぅぅうぅぅっ」
ちゃっ きゅっ
「くぅぅぅぅぅぅっ」
ナハハ

鹿ノ尾ノ菜ノ飯

よう
「お待ち」
「いただきまぁす」
171212mornisnha.jpg
「あぁ… 美味しかです」

三万六千五百朝【 棟方志功 】

この朝、
朝の時間を楽しむ。
せば、
食器を、よく片付ける。

行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171212lounnshai.jpg
鹿ノ尾ノ菜ノ飯

映画にしよう
turakaneedaronaa.jpg

何だかね、
悲しくなりました。

『 人を看るには只後半截を看よ 』
そんな古語がある。

勿論、
まだまだ見識確か成らずの小生ゆへ、
真価を見定めきれぬと、
幾ばくかの期待を持って鑑賞するのですが。

そうだな…
"さるぐつわ"を意味する『GAG』ギャグばかりで…
少しは笑うのですが。
やっぱり、
僕は、ラテン語の"フモール"、
"湿気"とか"体液"を語源とする
『HUMOR』ユーモアってものが、好きです。
小津監督が描いたやうに。

…悲しいけど、映画は 出会い。

「ちょっとだけ ちょっとだけ」

よう
「あいよ、豚汁・小 と、バターライス」
1712011mornisnhasa.jpg
ここで、腕を組んで30秒…
171211mornisna2.jpg
バターがご飯に馴染んだら
醤油を
「ちょっとだけ ちょっとだけ」
ナハハ
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
「んん~まい」
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171211lousnhasia.jpg
カボチャを炊いてね
甘くてさ
ホックリするのよなぁ。
やさしいなる。

本の話しをしよう
kyaaaaapteeeenn.jpg

その瞬間…
即座に、本部・扁桃隊より出された指令はこうだ、

『 洋梨はあるが、ない 』

早速、
指令を受けた視床下部の隊員により、
暗号解読機(ツキノワグマ)に迅速に入力される暗号。
『 ヨウナシハアルガ ナイ 』

解読された文章はこうだ、

『 林檎ではない、洋梨に注目せよ! 』。

これは…?!

隊員:こっ、これは…どういう指令ですか?

隊長:"真っ直ぐ"と言うことだ。

ニャハハハ
スンマセン意味わからんですわな。

まぁ楽しみましたよ。
そやけど、
何や知らん"中途半端"?
その感じは否めませんな…。

あ、
映画化で、"村上病"への宣戦布告ですねんやろ?
主演は勿論、
著者2人様で頼んます。
あ、勿論、
井ノ原さん(伊坂さん)の奥さん役は、
伊坂さんの奥さんに友情出演お願いっちゅうことで。
ジャニーSさんの採用はくれぐれも無しでお願いしたい。
"ズル"をしちゃいかんでしょ?ズルを…
勝負なんですからな(何の勝負かわからんけど)
あ、川上さんは、勿論、桃沢瞳役です。
もちろん、再現シーンでは、
勿論、村上さんの出演も頼んでくださいよ。
ムハハハハハ
とか一人勝手に言うたりしてね。
まぁ、そんな感じで、
楽しんだ、っちゅうことか?
ムハハ
はぁぁ 本 楽しい…としとく(贔屓目)。

ふうふう、はふはふ、ふんまぁ(ふたたび)

よう
マカロニを柔らかめに茹でてさ、
昨日のクリームシチューでね、
"マカロニグラタン"
171210mornisnhasa.jpg
ふうふう、はふはふ、ふんまぁ(ふたたび)
ゆっくりとね、
朝の時間を楽しむ。

昼は、
野菜をたっぷり入れてさ、
玉子も落としてね、
インスタントラーメン好きなやつ(ナハハ)
171210lounnshainsa.jpg
やっぱり"塩"やな~っ!

映画にしよう
rakugakihaikannna.jpg

ん?
この映画のタイトルって、
"ダニエル・ブレイクの憂鬱"?
…ではない。
ナハハ

さて、
英国の福祉行政における、
受給申請の制度の複雑さ。
行政側の故意?、かどうかは分からんけど、
実状、所謂"マキャベリズム"なん?
この映画て、
そないな"行政への批判"なんやろかいなぁ?

いや、単純に、
"手段が目的化"してしもて、"本来"を忘れた人々、
そないな"社会への憂い"なんやろかいなぁ?
えと、
"人間がおって、社会福祉制度がある"やのに、
"社会福祉制度があって、人間がおる"みたいな、な。
そう、我が国における、
"人間がおって、憲法がある"やのに、
"憲法があって、人間がおる"みたいな、な、
本末転倒っちゅうやつや…アホくさ。

んん…そやけど、
そないなことは、この映画の主題ではないな。
まぁ、言うたら、
"人と人とが出会って、色々ある"っちゅうことかな。
んん…そやけど、
ソレやったら、アレやな、
そないな(本末転倒の)役所の職員さんらかて、
家に帰れば、家族とかおらはるやろし、
ひょっとしたら、隣人に、めっちゃ優しい…かも知れんやろ?
そやから、
何やろな、アレやな、
もう少し深いとこまで掘り下げて欲しいよなぁ、
『 人間 』っちゅうもんを、な。

小生は、常日頃より、
大工さんなど、
長い年月、まじめに従事される職人の方々を、
尊敬しています。

さりとて、
そんな職人であったにも関わらず、よ、
このダニエル、
壮にしても、其の以す所、
その襟度、涵養を看たれば、尊敬に能わず。

極めつけ、
彼に失望したシーンを一つ紹介↓

福祉行政の理不尽に対し、
業を煮やしたダニエル、
役所の入る建築の壁に、
スプレー塗料で、
デカデカと文句を連ねる、
ご丁寧に署名入り(映画タイトル)で…。

そないな、"為さざるの志"を持たざる男。
それを映画に描く監督の意図や如何!やねん。
しかも、
その愚行に拍手をおくる聴衆たち。
それを映画に描く監督の意図や如何!やねん、ほんま。

僕は、ただただ、
ビル管理の清掃会社、
そこに勤めている方、
もしかしたら…
老齢のお爺ちゃんかも知れない、
お婆ちゃんが、そのせいで腰をいわすかも知れへん…
そんな方々のことを想っていました。

仮に、あの後のシーンに、
拍手してた聴衆も、皆で手伝って、
ダニエル自身の手で壁を綺麗にする、
そないなシーンがあったならば、
物語は、全然違ったのんですがなぁ。
…あ、はい、監督との見識違いです、はい。

何ちゅうかなぁ、
急いで撮らはったんやろか?
残念過ぎるわ…
もう少し深いとこまで、掘り下げて欲しいよなぁ、
『 人間 』っちゅうもんを、な。
と思ふのです。

あ、書かんでもエエような、文章になっとるな…
スンマセン

そかそか、

分かってないのは、
僕の方なのかも知れん。
そかそか、
いかんいかん。


なんにも書かなかつたらみんな書いたことになつた
覚悟を定めてみれば此の世は平明なものだつた
夕陽に向つて、 野原に立つてゐた
【 中原中也 】

かな。

つまり、映画は、出会い。

"ポテトサラダ"でね
171210potesasasasa.jpg

春風を以って人に接し、
秋霜以って自ら粛む
【 佐藤一斉 】

だな。

ニンニク食べたい衝動て、何だ?

よう
「今朝は冷えるね
そんな朝は、クリームシチューさ
長年こんな商売やってると、そんな勘がはたらくもんさ」
とか言いながら(ナハハ)
昨夜に作ったシチューを温める。
171209mornisnhasa.jpg
ふぅふぅ、はふはふ、ふんまぁ
シチューでね、温まろ。

今昼は、
何だか、「あぁ~っ、めっちゃニンニクが食べたい!」
そやし、"にんにくスパゲティ"
171209lounchisna.jpg
ほんで、「あぁ~っ、めっちゃニンニクを食べた!」

映画にしよう
purinnsesssstoyotomiyanaiyo.jpg

秀吉への文(ふみ)書くとこ、面白かったよ。
ハハ、それで"大返し"ね…ってオイオイ。
ナハハ

あとはぁ…あれだな、あれ、
はい、映画は、出会い。

夜は、担ぐ担ぐ
担々胡麻鍋にしよう
青梗菜がっさぁ入れてね
171209dinnshasa.jpg
温まるなぁ、いや、汗、汗、暑っ
ナハハ

むかごはん ムカゴはん?いや零余子飯、ナハハ

よう
今朝の蕎麦、高襟蕎麦(久しぶりに言うた)
171208mornisngasa.jpg
「おっ、ハイカラな蕎麦やなぁ」…どないやろな
ナハハ
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171208loundhsians.jpg
零余子飯、エエんよなぁ。
ちくわの穴は何であいてるか知ってる?
それはな…ナハハ、美味いよなぁ。

本の話しを…ふむ
nanndakyanyaaaaaxa.jpg

好きな言葉がある。
「 歴史とは、上手に”思い出す”ことだ 」
小林秀雄の言葉だ。

歴史を知るとは
「古えの口ぶり、手ぶりが、まざまざと目に見える」
といふこと。
現在の我々の心の中で、
生きて活動するもの、
それが歴史だ。

さて、
この著者が、近代的な解釈で語るのは無理もないが、
数多、首を傾げざるをえない考察、
その勘ぐりには、半ば辟易しながら、
聞きました(読みました)。

橿原神宮についてや、
伊藤博文に関する著述は、
小生の眉間、
皺がよらずにおれん。

言うのはいいが、
丁寧にお願いしたい。
そして、
丁寧に跡片付けもお願いしたい。

僕は、
明治維新前後を、聞く時、
胸が熱くなり、
時に涙が溢れてしまうのだが…

つまり、本は、出会いである。

カレーきしめんは、とてもデンジャラス也

よう
今朝の麺
やってみましてん"カレーきしめん"
171207morninshasa.jpg
何でデンジャラスか?
麺をツルツルッちゅうてやる時な、
ピピピッいうて…いや、ババババッやな、
な、デンジャラスや。
そやけど、
困ったことに、
めちゃ美味いんや。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171207lounndhsianas.jpg
塩鯖焼いて…定番やな、好きや。

今夜は、
171207beeeeers.jpg
何だか、ゆっくりとビールやりたいなぁ…、
な時は、やっぱり、黒ビールなんやな。
ほんで、
大好きな歌集を開いて、
声に出して読むんよな、
じわじわぁいうて、染み込んでくる。
ほんで、
ビールひと口、
じわじわぁいうて、染み込んでくる。

しはすの夜は更けてゆくのです。

鰹けづり節、がっさぁのっけて

よう
今朝の麺は"きしめん"
171206morninsha.jpg
"紀州麺"、"雉子麺"、"碁子麺"やら、
…諸説、様々にあるんやねぇ。
僕は、
「尾張藩、ひらうどんを雉子肉で煮込んで…」
"きじめん"いうのがしっくりくるなぁ。
おもろいなぁ。
今朝は、
鰹けづり節、がっさぁのっけて
名付けて
"武士男"!(節めん)
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171206lunnchidnsh.jpg
たまご焼きに、わかめ。
たまご焼き言うんは、
何を入れても美味いなぁ
いっつも、そない思う。

蕎麦の出汁には海老をきかせるのが好き

よう
きつね か たぬきか、うさぎ か かめか
171205mornisnhd.jpg
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171205lundoisnahs.jpg
鮭を焼こう。

晩酌、熱燗つける。
171205bannsyaksiau.jpg
春雨が切れていたので、
"ヨウちゃん"印のマロニーでねサラダ。
(ちなみに僕は、"もやし君"と呼んでいる)
ふむ、いけるやん。

夜は更けてゆきます。

「鹿の尾っぽみたいなやっちゃ」

よう
171204mornisnha.jpg
"いもがゆ"
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171204lunndhisna.jpg
"鹿尾菜"と書いて、ひじき、ね。
ヒョロロとなってるもんは、
「鹿の尾っぽみたいなやっちゃ」と表現してたんやろなぁ…
今はせぇへんなぁ、おもろいなぁ。

映画にしよう
maaeenekedosoyakedonasa.jpg
漫画の実写化なんやてねぇ。

微笑ましく微笑ましく、
そない思て観やなな…ふぅ。

映画は、出会い。

サクッ、グビッ、サクッ、グビッ♪

「まぁまぁ、どうぞどうぞ」

「あぁあぁ、どうもどうも」

171203lunshapldsap.jpg
サクッと鳴らして食べてカツ
グビっと鳴らして飲むビール
サクッ、グビッ、サクッ、グビッ♪
エエなぁ、ね。

夜は水炊きにしやう
171203dinndsha.jpg
ポン酢は、やっぱり
"ゆずの村(馬路村)"なんだな。
大ファンです。

映画にしよう
eggogogodda.jpg

手を取るのだ、美しく可憐な少女よ
私はお前を苦しめる為に来たのではない
落ち着くのだ 恐れずともよい
私の腕の中で安らかに眠ればいい
【 マティアス・クラウディウス 死と乙女 】


エロス と タナトス

鏡に映っているエゴン・シーレを、
深く凝視する男、
エゴン・シーレ。

深く凝視された美しい女性、
ゲルティ、
モア、
ヴァリ、
エディット。

アトリエ、
鏡に映る"エゴン と ヴァリ"
絵の表題は
『 男 と 乙女 』。
そして…
TOD(死) と 乙女』
と改題される。

いやはや、
溢れました。
どのシーン?
いえ、
劇中は、ただただ見入っておったのですが、
それは、
エンドクレジットが流れる中でした。
不意に眉間が熱くなり、
溢れて、溢れて…
いやぁ、まいりました。

はぁぁぁぁっ 映画 ちむぐりさ!!
あ、楽しっ♪

あ、
ゼセッション!
"ベートーベン・フリーズ"を
見上げた時の、あの感動を思い出したなぁ…。

そう、映画でな、
あの部屋で開催される、
エゴン・シーレの絵の展示会のシーンがあるねん。
"クンストシャウ"(総合芸術展)やな。

"シーレのその声"、
視線を上にあげると、
"クリムトの表現したその世界"!

うわっ想像しただけで、さぶいぼやん?
いやぁ、グラグラくるぅ~

"しはす"ですね、十有二月が始まります。

よう
"けつねうどん"
171202morningdhsjka.jpg
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。

昼食の御馳走
171202dinnnsha.jpg
ごちそうさま。

映画にしよう
andreeeeeeeeewaaasa.jpg

公安当局:「君はどちら側の人間なのだ?」

ストゥシェミンスキ:「私は、自分の側だ」

『選択する』といふことは、
まず、
"自分を信じるといふ選択"をすることだ。
さういふ事だ。

この世界に存在する人々は多様であり、
其々が、唯一無二である。
ハンナ・アーレントの言葉を借りるまでもない。
まして、
芸術とは何の関係のない
社会主義リアリズムなどと言ふものの愚かしさなど、
語るまでもない。

平成28年10月9日、
アンジェイ・ワイダ監督が逝去された、享年90歳。
遺作となったこの映画、
いやぁ実に、素晴らしい映画だ。

物語の主人公は、
ウッチ造形大学教授、
画家のヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ。
実在した男の伝記的物語やねんな。

挙げるときりがないんやけど…
まず冒頭シーンから堪らんなぁ。

高原での野外講義、
そこに、ワルシャワからやってきたハンナが登場するねんけどな…
ふむ、書かずにおかう…ゴロゴロブワァァ~ちゅうて、な。
そのワンシーンでな、
生徒達のストゥシェミンスキ教授への、ね、うん。

ほんで、
アトリエでキャンバスに向かってるシーン
屋外の集会では「同士スターリン万歳、ポーランド労働党万歳」の声。
ふいに赤く染まりゆくキャンバス…。

おっと、
冒頭シーンから全部書き出してしもてるな…ナハハ。

いや、ね、
詩人のユリアンとの会話のシーンも、
あ、娘ニカの靴のシーンも、
赤いコート、青く染めた花束…
エエなぁ。

そや、
劇中、ストゥシェミンスキ教授の、
ゴッホの絵"麦畑"を題材にした授業には、
心震えたな。
講義は、こうや、

『 見る 』と言ふのは抽象的行為ではなく、
ある時間の流れを眺める過程なのだ。
自然の中には“関心を惹く中心点”が複数ある。
我々は点ら点へ移動しながら見ているのだ

ゴッホの絵にある4本の視線、
その反復と展開の表現。

ゴッホの様に風景を見るにはどうすればいいか?
彼の絵に視線を合わせればいい。

それが、ゴッホのリアリズム、
そう、人間としてのリアリズムである。

―長々書いてしもたな
よし、締めますわ。

残像といふ補色が、
僕の心の網膜に残りました。

それを、
像として認識したと言ふことは、
見たといふこと。

見たといふことは、
僕の中に吸収したと言ふこと。

アンジェイ・ワイダ監督、
有難うございました。

はぁぁぁぁぁっ 映画て ホンマ楽しい!

「あったかい蕎麦に、天かすのっけて」

よう
今朝の蕎麦
171201mornindhgsa.jpg
「あったかい蕎麦に、天かすのっけて」
"ハイカラ"やんねぇ
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば食器を、よく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
171201lunnsiha.jpg
時々食べたくなるよね
"そぼろ飯"
鶏ムネ挽肉を炒めてね、
美味いんだな。

晩酌の時間
171201beeerisk.jpg
いいよなぁ…"瓶ビール"。
こないやって、注ぐ、この感じ、やん?

「あ、スイマセンな」

「おっ、と、ととと」

「では、まぁ、失礼して」

「うむ、実に美味いですな」

「ま、どおぞどおぞ」

「あ、スイマセンな」

…などと言いながらね、
手酌酒(ナハハ)。
プロフィール

Arbre de Hiver

Author:Arbre de Hiver
fuyu

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード