FC2ブログ

ふぅ、やっぱこれやな、たまらんな

よう
今朝の饂飩は、
コレ↓です。
180531moriskdi.jpg
「あぁ、やっぱコレやねんなぁ」
なのだな。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

あおによし奈良の博物館へ
180531kasyogask.jpg
いつも思う、
この昭和47年竣工の博物館新館。
"新館"(新陳列館にしてもだ)という名称をつけるといふこと…
色々思う。
建築は、言わずもがな吉村順三のデザインだ。
校倉造りのオマージュ…かな。
見てね、いつも思う、色々思う。

すがすがし日(梅雨前の時雨空ですが)
"春日大社のすべて"なる展示を楽しむ。
180531kasyugays.jpg
僕が、
京の細見美術館に訪れた際には、
いつも見惚れてしまう
出口横に展示されてる
"春日神鹿御正体"
koksaoksikds.jpg
本展示会玄関でね、
最初に迎えてくれた。
何だかね、
何か知らん、
嬉しくてね、胸が熱くなった。
ナハハ

いにしへからの人々の"おもい"、
そして"いのり"。
宝物の前に立つと、
ぶぅわぁぁぁちゅうて、僕に迫ってくるねん。
kosakodmosikfd.jpg
いやぁ、
御神宝ゆへ大切にされてきた宝物。
いやぁ、
拝ませていただきました。
あ、そうそう、中でも、
鎌倉の世の、
高階隆兼たかしなのたかかねの筆による、
"春日権現験記絵巻"!
じっくり、穴あくほど(ナハハ)見入り、
魅せられましたわ~。

はぁぁ ムゼウム 楽しい♪

いやぁ、お腹が空きました
今昼の辨當
180531lpoid.jpg
なんや知らん
今日の沢庵は、
いちだんと黄金色に輝いとるなぁ
ナハハ
スポンサーサイト

よぉしゅんでるタイタン

よう

牀前看月光 牀前に月光を看る
疑是地上霜 疑うらくは是れ地上の霜かと
挙頭望山月 こうべを挙げて山月を望み
低頭思故郷 頭をたれて故郷を思う
【 静夜思 李白 】


月、李白…か。
いや、
今朝は、月見うどんにしたさかい、な。
180530mornsikdi.jpg
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180530louismdi.jpg
よぉしゅんでる
大根炊いたん

映画にしよう
nbansbnanbnsidn.jpg

ナラタージュ…ね。

夜もすっかり更けた頃、
君が、
ゆっくりと話し出した物語。
その風景は、
狐の嫁入りのように、
キラキラと眩しい陽の光が降りそそぐ中、
サラサラと冷たい雨が降っていた。

僕は、
君の話しを聞き終えて、言う。

「珈琲でも淹れるよ」

そう言って、
少し荒めに豆を挽いた。

珈琲豆が、
一粒こぼれて落ちる。
あ…
人がね、
恋に落ちるのは、
重力のせいではないんだよ。

アインシュタインの言葉だけどね。

はい、映画、出会い。

だいこ、あぶらげとたいたん

よう
♪Oh Ban Bluemait by myself, whooo~
垸飯振る舞いマイセルフ
はいスンマセン。
180529mornsikdis.jpg
だいこを、あぶらげと炊いた朝。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180529louindksi.jpg
だいことあぶらげ、美味いな。

映画にしよう
amerigobesupuchiyakara.jpg

な…

"乙女"ですか…?
アバンチュール、憧れますか…?
リミッター効いてるから大丈夫、ですか…?
だけどだけど、ですか…?
まぁ、
そこが可愛いかったりするのかねぇ???

仏蘭西の人らに、
この映画の感想を聞いてみたいなぁ。

まぁ、
物語は、さておき。
(ヌハハ)

兎に角!
めっちゃ楽しそうな旅やねんなぁ、
めっちゃ旅をしたくなりました。
そんな映画でした。

はい、映画、楽しい。

ごさごさ、すくすく、ぽりぽり

よう
糠床を、ごさごさ混ぜて、
糠漬けを、すくすく切りて、
180528mornsikd.jpg
糠漬けを、ぽりぽり鳴らす。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
はい、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180528louimdks.jpg
芋飯を食みながら思ふことつれづれ。

最近観た映画だな…
あるシーンで、セザンヌがゾラに言う科白
「人生が夢だった日々を憶えているか?」
その声に重なるように響く、
別の映画で、ロダンがセザンヌに言う科白だ
「人の意見など聞かず作り続けろ。
美は、作業の中に宿るものだ」

何でそんな科白を思い出したのかなぁ…

と考えると、
そうか!
芥川が、セザンヌと重なる…。

勿論、
辨當函には芋飯、"芋粥"ではない。
況や、
デザートでもない、主食だ。
ましてや、
自然薯ではなく、薩摩芋
(ナハハ)

芥川も、あと20年、
歳を経て、書いたとしたなら、
"芋粥"は、きっと違ったんだらうな…
などなど、
つらつらとね、
意味もなく、
思考を巡らせるのは楽しい。
で、
最終的な〆の言葉はね、

「はぁ美味しかった」

ナハハ

あれ?
今、読み返してみたら、
何や、意味わからんな。
…まぁエエな
ナハハ、な。

ぶつぶつ言いながら作る

よう
笊の蕎麦
180527morniskd.jpg
蕎麦はいい。

さて、
昼です。

「何、作ってんの?私、頼んでないけどぉ」
「~何か腹へっちゃって」
「ひっどぉい、マスターまでそんなこと言うの」
とか、ぶつぶつ(いや、かなりハキハキ)言いながら作る
"ナポリタン"だ。
「はい、つまんでよ」
180527louindks.jpg
「これよぉコレコレ」
「始めっから、分かってたでしょ、コレが食べたかったこと」
とか、ハキハキ言いながら食べる。
(うるさい?ナハハ)
じゃぁ…「ナポリタン!最高っっ!」

映画にしよう
nanndeunayannennsn.jpg

「え゛っ?…そっちかぁぁぁぁぁ」
でした。

どないやねん。

こっちやなくて、
そっちでしたか。 

ほい、映画は、楽しい。

冷やっこで晩酌をやりながら、
180527sakyusia.jpg
では、
どうすれば良かったのか…
やはり引っ越せば良かったのだ。
しかし、
15年の間、彼女が焦がれたものは、
いや、焦がれざるをえなかった、か?
それは、何だ?
確証を得たかった、信じたかった?か?
んんん…

そして、夜は更けてゆくのです。
深く深く、女ゴコロのごとく。
ナハハ…ハ

昼は苦瓜を炒めるよ

よう
朝のそうめん
180526mormsikdf.jpg
早苗月のものよ白糸そうめん
ひね(古)の素麺は、いただき物なんやけど、
エエなぁこの"のどごし"…喉越し、越し、腰?
ホンマは、"腰"は"越し"なんかもな。 
そうめん、エエ(吉〃)なぁ

昼は苦瓜を炒めるよ
180526dinnskd.jpg
麦酒 と 苦瓜 相うんよな~。
さて、
映画にしよう
youtidanska.jpg

…まぁ、
こういうの好きな人がおっても、エエな。
よぉわからんけど。

映画は、出会い。

夜の(も)そうめん
180526dinnsk2.jpg
そうだ、
『 索麺 』と書くが善いと…
「索のごとき麺」とは、如何に?
つらつら思い巡らせて、

早苗月のものよ白糸索麺
か…。

三つ葉がっさぁ、黄身とっろぉ、天かすぱっらぁ

よう
長芋ぐわぁあっ、
180525mornsikd.jpg
三つ葉がっさぁ、
黄身とっろぉ、
天カスぱっらぁ、
とろろろぉ蕎麦、やで(ナハハ)
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180525louismdk.jpg
お気に入りの藍染めの包みをひらいて、
「いただきます、ありがとうございます」

映画にしよう
nannyatimarannnaxaas.jpg

うぅぅぅむ…。

テンション?ちゅうのか、
何ちゅうの?
"楽しむぞ態勢"?っちゅうのか、
"思考回路調整機能の不具合"?っちゅうのか、
何ちゅうのかなぁ、
今日は、ぜんぜん上手い事いかんかった。

あっ!
"ポップコーン"があったらいけたんかも!
でかい紙カップ入りの…

ふぅ。

ほい、映画は、出会い。

梅はその日の何のがれ?

よう

「得意料理あんの?」

「んんん…煮こごり、かな」

そんな女性もエエし、
それで惚れちゃうような男性も、エエな。

さてさて、
「うちじゃあ、二日に一度、カレイの煮付けを仕込むんだ。
次の日には、煮こごりが出来る」
とか言いながら、
もちろん、二日に一度になんて仕込まないけどね(ナハハ)。
180524mornsikd.jpg
「それを取っといて、好物だって人にサービスで出してるんだ」
とか言いながら、
ご飯の上で溶けてゆく煮こごりを、
ニヤニヤしながら眺める。
180524morensi2.jpg
「いただきます」
そして、"ほんと美味そう"に食べる(ナハハ)
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付けて、はい。
行ってまいります行ってらっしゃい。

港町、神戸
180524hyousoaoksoe.jpg
神戸の海と山、
そして、光と風の美術館へ
180524koiskaosk2.jpg

明治36年、
暑い夏の日、
小村寿太郎とローゼン駐日公使による、
日露交渉は行なわれた。

まさに、
その数日前のことだ、
神戸の中山手通で、
小磯(旧姓:岸上)良平が、産声をあげる。
そして、
旅順陥落の前日、
淀屋橋の油問屋(吉原商店)で、
吉原治良が、産声をあげる。
明治38年のことだ。

何だか映画を観るような…
時代を巡る物語の中を歩くような、
そんな展示だった。

20歳代から順を追って、
並列に展示された二人の画家の絵。

描く対象や、描き方、
線や色、配置、画風言うのかな、その変遷。

時の風景。

両氏の視点、視線…
見えるもの、
見たいもの、
見たくないもの、
見せたいもの…

ぶぅわぁぁぁぁぁちゅうてな。
何や、
絵の前で、立ちつくしてしもたり、
何や、
絵の中に、引っ張りこまれそなったり。
そやから、
美術館を出る時には、
めっちゃ、
ぐったり疲れてしもたわ。
ナハハ

ほい、ムゼウム、楽しい♪

お腹、空いた~っ
今昼の辨當
180524louidksndi.jpg
梅はその日の何のがれ?
難のがれっ、とぉ

晩酌は、
冷やっこ三つ葉がっさぁのせでね、
180524sakiiisuak.jpg
くぅぅぅっっ


大好きなパッケージのふりかけ

よう
カレーうどんいうのは、ほんまエエな。
180523mornsimd.jpg
鰹の出汁とカレーいうのは、ほんまエエな。
ぶつぶつ、
そないなこと言いながら食べますのや。
窓の外では、
雀が、ちゅっちゅ言うて鳴いてます。

三万六千五百朝【 棟方志功 】

この朝のことです。
朝の時間を楽しむ。

せば、
まずは、食器をよく片付けて。
はい、
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180523lounnskai.jpg
赤、黄、緑の切符の兜、ニヤケてしまうねん。
大智浩氏のデザインパッケージ、大好きだ。

映画にしよう
booooskoayusods.jpg
観てへんかった映画。

まぁ、確かに、
隅田川の東側のお話し、
確かに"濹東綺譚"なのだらうけど…
まぁ、それくらい覚悟して観るわけやけど。
むしろ、
"断腸亭日乗"でエエんちゃうの?
それでも、
「…は?ちゃうちゃう」
な話しもあって。
永井荷風?
いやいや、
むしろ、
新藤兼人監督、ですな。
もちろん、
乙羽信子さん、
それに、杉村春子だもの…。

兎に角、
「何だかなぁ…」
です。

はい、映画、出会い。

ほな、
バーブンでもやりながらね、
180523sakyyyas.jpg
本棚からね、
濹東綺譚を取り出して、
読む。

エエ(吉〃)よなぁ、茄子びの糠漬け。

よう
茄子びをな、
糠床に、にゆゅうっちゅうて仕込むねんわ。
180522mornismdi.jpg
美味いな、ぽくぽく食べるねんわ。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180522lousnkais.jpg
梅はその日の、や。

映画にしよう
roddddaaanyus.jpg

「私は、40歳まで無視された、
だから忠告だ。
人の意見など聞かず作り続けろ。
美は、作業の中に宿るものだ」

ロダンからセザンヌへのセリフ。
うむ。

彫刻"カレー市民"を前に
カミーユのセリフ
「美しい人たちだわ」
なぁんて!グッときたなぁ。
美しい…かぁ~ちゅうてな。

有名な彫刻"バルザック"のエピソードも、
カミーユの"ワルツ"
"その素晴らしき不均衡"…か。
そして、
『愛しすぎて、泣く』
クローデルの、その泪、か。
あと、
始終鳴る、ロダンの鼻息、ね。
そして、
"ダンテ"
「彫刻に似ている…言葉の彫刻だ」
か。
うぅっ(グッときています)。

オーギュスト・ロダン
カミーユ・クローデル
その日常、人間性といふか、
そこから観せてくれる、
うん、魅せてくれる、映画やなぁ。

はぁぁぁ 映画 楽し♪

"冷やっこ"で、やりながら、
180522sakyaus.jpg
ロダンと、
その時代を思ふ。

そして、
夜は、更けてゆくのです。
ぐんぐんと。

海苔はいい

よう
180521mornsimdi.jpg
海苔はいい。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180521lousnnaks.jpg
「梅は、その日の難のがれ」

映画にしよう
miyakennmikaminn.jpg
観てなかった映画、
観ました。

んん~…でした。

けど、
やっぱり、

観終わっても、
胸の中では、
何度も、声が鳴っていたのだな…

「あめゆじゅとてちてけんじゃ」

うん。

そして、
全ての幸ひを懸けて願う、といふ賢治の
"その愛"。
そう、
そこなんだよなぁ、
だから、
何だかなぁ…。

映画は、出会い。



玉子とろとろぉちゅうて

よう
みょうがを刻んで…はぁぁエエ香り
さ、今朝は、そうめんにしよう。
180520mornsimd.jpg
つつつぅ~ちゅうて。
何ぼでも食べられるなぁ…ナハハ

ハムやらキュウリやら刻む。
「冷やし中華、始めました」
そない言いながらな、ナハハ。
今昼は、"冷やし中華"にしよう。
180520lounndks.jpg

映画にしよう
omoroisodksidosa.jpg

え゛っ!
そんな!
何ちゅうこっちゃ…

そやけど、
あ、そうかそうか、
そやそや。

ナハハ、
意味わからんわな
ナハハ
おもろいねん。

そやけど、や。
女も、女やけど、
男も、男や、
ホンマ、そない思うで。
たいがいにしいや!

ナハハ
おもろいなぁ

あれ、昨日に続いて
復讐譚的な映画?
ナハハ

はぁぁ、映画、楽し♪

さて、晩、
「何か知らん、めっちゃカツ丼食べたい」
そないなった。
豚肉をサクサクに揚げてな、
甘めの出汁で、玉葱、やろ、
玉子とろとろぉちゅうて
三つ葉がっさぁいうて、
紅生姜ちょっやろ、
180520dinnskais.jpg
ガサガサァ、
ガガガガガァ、や。

「ひやぁ、これやこれや、
たまらんな、めっさ旨いわ」
や。

茄子びをオリーブ油で炒めて

よう
早朝から長芋を擂るのだ
180519mornismdi.jpg
たまごの黄身で、"とろろ蕎麦"
づつつぅ、ちゅうてな。
朝の時間を楽しむ。

さて、とや。
「まあまあ どおぞどおぞ」ちゅうて、
「おやおや どおもどおも」ちゅうのや。
180519beeeeirks.jpg
「これこれ、これですのや」言うてね。

今昼は、"冷やし蕎麦"
あ、蕎麦?好きですねん、うん
180519lounnchisk.jpg
そろそろミョウガが出まわる季節
刻んだ時の香りは堪らんよな
さて、とや。
映画にしよう
douiinokanakanakarikainikuri.jpg

怨み・恨み・憾み。
罪といふこと、そして、救い…

本当といふこと、
理解する、とかそういふことじゃない。

師匠の言葉を借りるなら
"Don't Think. Feel" (考えるな、感じろ!)
【燃えよドラゴンより】
だ。

劇中、ラジオから鳴るニュースが印象的。
香港返還、1997年か…
そして、マザー・テレサの悲報

そう、
「どれだけ多くの愛をこめたかです 」
だな。

物語は、さておいて、
ま、映画、楽しい。

今夜はね、
玉ねぎたっぷり、
ミンチ肉を炒めてね、ミートソースを煮たよ
180519dinnnskas.jpg
茄子びをオリーブ油で炒めてさ
「やっぱり、こさえたのんが断然美味いなぁ」
と、クチの周りをミートソースだらけにして言う。

ミートソース と 茄子び、
相うわ~♪

ハイカラさんやねぇ

よう
ハイカラさんや。
180518mornismdi.jpg
蕎麦 と 麦茶
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180518lounnskais.jpg
「なぜ、竹輪の穴、あいてるか知ってるかい?」

映画にしよう
wsaraunnyaronaka.jpg

苦笑い。

アイロニカルなんかな…
何やろねぇ。

バルセロナで暮らしている作家ダニエル"の"物語。

映画は、
彼のノーベル文学賞授賞式から始まる。
そして、
彼の捨てた故郷、
アルゼンチン・サラス
…故郷を離れた、その時代を思う。
さて、
この度、サラス市長より便りが届く。
"名誉市民"称号の贈与だ。
そして彼は…

うぬ、
タネばれ?
よし、ここまでにしやう。

まぁ、
兎に角、
苦笑いだな。

んんん…まぁ、
はい、映画、楽し。

春雨サラダ辨當や

よう
想像してみ…
海苔にな、
醤油をチャッてつけて、
180517mornisnndsa.jpg
熱々の白いご飯にのせて、
箸をひらげて、丸ぅつまんで、
パクッ、パリッ、
鼻から抜けるエエ香り
…な。
ナハハ
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180517lousnndksi.jpg
春雨サラダ辨當や。

京、東山、
南禅寺の門前、
広い敷地の老舗料理旅館でのお仕事。
180517bouryokyanns.jpg
"老舗"
その意味、その価値について
色々考えていました。

変わること、
変わらないこと、
変えないこと、
変わってしまうこと…

あるいは花しぼみて露なほ消えず。
消えずといへども夕べを待つことなし…。
か。






今夜は、春雨サラダ、そんな気分さ

よう
僕は、炒り子の出汁が、好きだ。
出汁をとったあとの炒り子を食べるのが、好きだ。
180516mornimdis.jpg
"炒り子うどん"の朝
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180516lounnskdis.jpg
「竹輪の穴って何で開いてるか知ってる?」

映画にしよう
sezaaaaanyus.jpg
エミール・ゾラの語る、
ポール・セザンヌ と私…かぁ。

南仏 
エクスアンプロヴァンスの眩しい景色
いやぁ、目を細めてしまうほどや

グッとくる科白もエエね。

「人生が、夢だった日々を憶えているかい?」

「君は絵を描け、僕は小説を書く」

書き始めの苦しみ、
書き終えた時の絶望。

ね。

そやね、
人、それぞれに、
イメージ像といふか、
セザンヌ像とか、ゾラ像とかあるよねぇ。
僕も、もちろん勝手な想像だけどね(ナハハ)。
ピカソ:「(セザンヌは)我々の父」
マティス:「(ゼザンヌは)絵の神様」
そないな有名な言葉にも、
多大に影響されとる像やけど。
あるんよねぇ。
そやからねぇ…ナハハ。

まぁ、
"友情"の話しは兎も角として(ナハハ)

サン・ヴィクトワール山、
草上の昼食…
マネね…モリゾ、モネ、若きルノアール
あ、タンギーさん!
やっぱ、
そやな、そ!あの感じっちゅうの?
ウルトラマンのシリーズ最終回とか
仮面ライダーの最終回、
みたいな感じ?
歴代が総出演するのんネ。
あの感じやねんなぁ…わかる?
興奮するわ~ナハハ。

はい、映画、楽しい。

今夜は、春雨サラダさ
180516sakyyyas.jpg
そやけど、サラダの定義ってなんやねん
ちょくちょく作る"春雨サラダ"。
胡麻のエエ香り。

冷やっこは、エエ(吉〃)なぁ

よう
180515mornsimdi.jpg
「あ、又、カレーの舌なってる」
「そうですよ、ですが何か?」
ナハハ
ちゃうもん、カレー"蕎麦"やもん…はい同じです。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
"シうまい辨當"ですぜ
180515lounndksi.jpg

晩酌の時間
冷やっこは、エエ(吉〃)なぁ
180515sakyyysuak.jpg
刻み生姜でね、
チャッてつまんで
キュってやる
チャッ、キュッ、チャッ、キュッ

はいはい。

よしめしよし

早朝から、めっさ大根を擂る

よう
早朝から、めっさ大根を擂る
180514mornsimdi.jpg
おろしそば、めっさ美味い。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
鮭どん辨當
180514lounndksid.jpg
エエなぁ。

映画にしよう
hinnganaineeesononi.jpg

…酷いな。

やはり、どうしても、苦手。
どうしても駄目かな…
ふぅ。

映画は、出会い。

晩酌にしよう
冷やっこ と 納豆でね。
180514sakiustydus.jpg
映画について思い返す。

んん、タイトル…ね。

"ハト"ですよ。
ん?"ルリビタキ"かな?
まさか、あの幻の鳥"ケツァール"?!
(先日、テクニカルな撮影で撮ったという写真で見ました。)
ナハハ
とか思いましたが、
きっと、鳩ですね。
ブルーなのでせう。

人間の無意識の領域から、
エロスとタナトスを引っぱり出して開示してる感じ…
あたかも人間は
「そればっかりなのです」と、
そう言いたいみたいにね。
そこかなぁ、
僕がこの原作者を苦手と感じていまう所以は…。

なんだか、
原作者は、
きっと"陣治"みたいな"者"…
"物"を、欲っしているんだろうなぁってね。
何だろなぁ…
何だかね、虚しいなぁ。

いゃ、
ここらで、止めときます。
ちぇっ、
美味ぇ酒が、不味くならぁっ

ん?まさか
こういう感情を引き出す為の?
装置的な物語?
巧妙な問題提起物語なのかぁ?

…んなわけねぇか。

いや、待てよ…。

夜は更けてゆくのです。

ハイボール~プレイボール♪

よう
180513mornsimdi.jpg
カツサンドの朝食ですのや(昨夜の残りですのや)
180513mornsimd1.jpg
可愛らしぃ爪楊枝でっしゃろ?
お土産ですのや。
ウスターソースに付けたカツと、
キャベツの感じがエエのです。

さぁ、デイオフの昼食です。
焼きそばを焼いて、あれ?"焼く"言うのは違うな…炒めて。
炒めそばとは言わんな。
ほい、ハイボール~プレイボール♪ですのや。
「ソース焼きそば、目玉焼きのっけて」
180513lounndksid.jpg
もちろん、四万十の海苔ですよ。
♪じゃまじゃまおじゃまぁ~
(はい、独り言です)

映画にしよう
oriririiririskidksiaks.jpg

― 非理法権天で御座候 ―

もはや、彼の中では、
列車内で起きた凄惨な殺人事件も、
そして又、その顛末さへも過去と化した。

今、彼の小さな灰白質細胞は、
次回の船旅で起こる事件の予感に、
ただただ高鳴っていたのだった。

そんな彼の隣に、
いつの間に現われたのか、
KIMONO姿の…
赤色のガウン、ではなく藍色の着物、を着た女ではなく男、
着物の男が話しかける。

「御奉行、しばし待たれぃ、そこは、喧嘩両成敗で御座候」

突然の男の出現に、
彼・エルキュール・ポアロは面食らったが、
平然を装い答える。

「いや、私は奉行ではなく、ただの名探偵ですよ」

着物の男は、少し考え込むようにしていたが、話しだす。

「…さうか、さすれば意図せずとも、
ラチエツト公に成り代り、仇討ち相手への復讐したことになり…
で御座れば、御法度でござらうな…されども…
あくまで、名奉行殿は、裁きをかけるというお立場」

"名"だけが印象に残ったか…
その誤算に後悔しつつも、男の話しの続きを聞く。

「いや、他でも御座らぬ、
拙者が、名奉行殿に進言申し上げたいのは、
名奉行殿、ご自身が怪物になられたこと、ご自覚なされておるか?
その前に、心されておられなかったのか?
汝が久しく深淵を見入るとき、
深淵もまた汝を見入る、で御座らうに!」

「勿論、ニーチェの言葉を借りるまでもなく、
貴男のおっしゃりたい事は理解できます。
けれども、
こうなってしまえば、私の信条の範囲外なのです。
いや、正直に申しましょう、
"手に負えない"ということです。
ですから、
最終的な審判は、
映画をご覧いただいた観客の皆様、
皆さまに委ねたのです」
そう話す彼の視線は、
途中からカメラのレンズに向いている。

「信条…はて?名奉行殿の、その信条とは如何なものか?」

ポアロは、待ってましたとばかりに、
絶妙な一拍を置いて答える。

「物事には、善か悪かしかなく、その中間などない」
口髭のカーブに沿って跳ね上がる言葉。

着物の男が言う
「善無く悪無きは是れ心の体、善有り悪有るは是れ意の動」

念仏のような男の言葉が、
宙を舞うポアロの言葉を封じ込め、
もはや、言葉は着地点を失った…かのように見えた。
が、しかし、

「王陽明ですな…
あいにく私は、根っからの西欧(ベルギー)人でね。
では訊ねよう、
君は、善悪の中間が存在するとでも言うのかね?」

「いや、さう言ふことではないで御座るよ。
善も、悪もその時々により移り変わるもので、
善悪など絶対的では御座らん。
これは、拙者の愛読する書(星の王子殿)の書き手、
サン・テグジュペリ先生の言葉で御座るよ。
つまり、
そもそも善悪など相対的なものだと申しておるので御座るよ」

ポアロが首を左右に振りながら答える。
「あえて言うなれば、
プラトン以降、我々は二元論で考えてきたのだよ。
もっと言えば、
一神教で生きてきた我々ゆへ、二元論にならざるをえないのだよ。
そんな社会の中に生きる我々は、
そもそも、善悪の彼岸にいるわけにはいかないのだよ」

そこで、唐突に着物の男が言う
「かんじんなことは 目に見えないんだよ!」

ポアロ:「それは、どういうことかね?」

着物の男:「いまのは、一度、申してみたかっただけだ」

― 次回へつづく ―

デイオフの黒麦酒は、僕を饒舌にする。
180513beeeeirkdi.jpg
とか言うたりして、ナハハハ

― おまけ ―

着物の男が、さらに続ける。

「いやぁ、名奉行、いや、名探偵ポアロさん…
いや、ここは正確に言おう、
ケネス・ブラナーさん、
其処もとは、監督も務められたのでせう?
やはり、怪物になられてますな…
"最後の審判"を、"最後の晩餐"で執り行なうなど、
とうてい、良い趣味とは言へませんなぁ… ねぇワトソン君」

ポアロ(ケネス・ブラナー)は、
男の、その時の誰かを探す僅かな目線の動き、
それを見逃さなかった。
彼の小さな灰白質細胞が活動を始めた瞬間である。

「君って、、、まさか!!」

しかし、
着物…ヨレヨレの着物を着たその男は、
そのチューリップハットのやうな、
そのソフト帽を脱ぎ、
そのボサボサの髪の毛を、
掻きまわし始めたのだった。
グワワワワ、と
グワシャワシャッワシャッ、っと。

― つづく ―

たはぶれごと と 冷ややっこ でね
180513sakyyyskja.jpg
夜は、ぐんぐん更けてゆきます。
ぐんぐんと。

あ、そや…言うの忘れてた。
はぁ、映画、楽しい♪
オヤスミなさい。

たのしみはカレーの舌がカレーを味わふとき

よう
「あ~っ、何か、カレー食べたい」
そない思てしもたら最後、こうしてカレーを作るのです。
180512mornismdi.jpg
ホクホクじゃがいも
甘味、福神漬けのコリコリ♪
酸味、らっきょうのクリクリ♪
皿の底にスプーンの先があたる音
そして、麦茶、そして、カレー、そして、麦茶
♪みんなぁ好きだよぉカレーライス ふ~♪

さて、
デイオフ昼間の黒麦酒の嬉しさよ。
ほんの少しの罪悪感は、
僕の開放感をより開放する。
180512beeeeidkis.jpg
お好み焼きでね
180512lounndksi.jpg
「くうぅぅぅっ!」
映画にしよう
mmmmmdsksnckd.jpg

ナハハ
いかにも、いかにも。

ナハハ
"放水車のシーン"!
もちろんスローモーションや、
たまらんな、
ニャハハハハ

はい、映画、楽しい。

夕飯は
「カツカレー、大盛りで」
「あいよ、カツカレー大盛り」
「ぅうぅわ」
180512dinnnska.jpg
たのしみはカレーの舌がカレーを味わふとき

有明の円月を見るうどん

よう
"有明の円月を見るうどん"…無理矢理?ナハハ
180511mornismdi.jpg
朝のうどんはエエね、好きや。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
キャベツが、もぉアレやったから(ナハハ)
急いで刻んで炒めて、
"キャベツ焼飯辨當"
180511lounndksi.jpg
美味しいね。

映画にしよう
nannkaaxtutannyadezextutai.jpg

…あれ?

なんで?

酷いな…。

悪意すら感じるわ、
何かあったんかな…。

というのも、原作が、
いつも僕を楽しませてくれる著者の小説やからね、
そやから、
あれ?なんで????、てなった。
そやから、読んでなかったので、読んでみました。
yonndemitahikariyuuno.jpg

ぁあ、そうか、
ぁあ、それで、か。

監督、この映画、著者の為に撮ったんやね…。

伝わったやろかね…
でも、
何か、
切ないね。

ふぅ…映画は、出会い。

たのしみは朝餉の椀を折敷に並ぶるとき

よう
朝餉を折敷に並べる楽しさよ
180510mornismdk.jpg
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、
朝の時間を楽しむ。
せば、
まずは食器をよく片付ける。
はい。
行ってまいります行ってらっしゃい。

よく晴れた今日、京へ
180510ikenosk2.jpg
天衣無縫の旅の画家…か、エエ趣味のタイトルやなぁ
180510ikenosk1.jpg
僕にとって、
と、言へば。
やっぱ、
山…なのだな。
富士、立山、白山…"三岳道者"(ナハハ)
山への思いが伝わってくる。
彼の目線になる。
透きとほる水、艶の岩、山の緑、風の色…、
美しい色は、僕の中にもあって、
時を超え、
彼の描いた南画、
その墨色に、景色を見る。

僕は、
そのカラフルに変容した墨絵の前で、
不思議な感覚になって…
一人唸ってしまったのであった。
ま、いつものことですが。
ナハハ

さて、
僕がこの絵師…
あ、以前から、
この"文人画"なる呼称については、
意味が解らないので、あへて使わない。
(そんな面倒くさい僕です、許せ)
さて、
この絵師を知り興味を持つたのは、
川端康成によつてですのや。
そう、
エピソード満載の
『十便十宜じゅうべんじゅうぎ図帖』

題材は、
清朝の時代、
劇作家の李漁りぎょが、山麓で庵をむすぶ、
その暮らしについて詠んだ詩
「十便十二宜詩」

十の便利なこと、
十便:耕便、汲便、浣濯便、潅園便、釣便、吟便、課農便、樵便、防夜便、眺便
十の宜いこと、
十宜:宜春、宜夏、宜秋、宜冬、宜暁、宜晩、宜晴、宜風、宜陰、宜雨
(2つの宜が抜け落つ…不明か排除か?さてさて、浪漫やね)

さて、
尾張の下郷学海が、
その題材で図帖を、と大雅に依頼したんです。
そして、
池大雅は描きましてん"十便帖"。
そして、や、
十宜帖を描きましたんは、与謝蕪村。
コラボレイションですのや!
『十便十宜図帖』
ワクワクするなぁ。
そして、や、
川端さん、
この図帖を、どんなふうに眺め、
どないに思い巡らせていたのか、
様々、想像するねん。
ひやぁ、
何や、又、それで感動してまう。
ナハハ

はぁぁ、ムゼウム、楽し♪

はぁぁ、お腹が空きました
今昼の辨當
180510lounndhsikd.jpg
そやけど、
岩の描き方とか、構図とか、
先日、展覧会を堪能させてもろた
"不染鉄"を思い出していました。

ああ、何や、感動やなぁ。

"冷やっこ"で晩酌でも

よう
「あ、じゃぁ、肉じゃが定食ください」
「あいよ、肉じゃが定食」
「おっ、ぅまそぉっ」 
(ハイ、一人芝居ですナハハ)
180509mornismdi.jpg
ゆっくりとね。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
「あ、じゃぁ、肉じゃが辨當ください」
「あいよ、肉じゃが辨當」
「おっ、ぅまそぉっ」 
180509lounnchis.jpg
ナハハ

映画にしよう
cccciiiiiiyanennmed.jpg
ん?
…んん~。

どのように笑ってええのか、
正直わからん…

映画は 出会い。

"冷やっこ"で晩酌やりながら
180509sakyyyskja.jpg
"笑い"について様々思ふ。
ユーモア、ウィット、
ギャグ、ジョーク…
可笑しさ、面白さ、
愉快…

ふぅ、何だかなぁ。

夜は更けてゆくのです。

あいよ、ざるうどん大盛り

よう
「ざるうどん大盛りで」
「あいよ、ざるうどん大盛り」
「ぅうぅわ…」
180508morninnska.jpg
ふぅ、お腹いっぱい。
ナハハ
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180508lounnchidnks.jpg
魚型たれびん、ね。
好きや、ね。

よし めし よし
とばすぜ~(言うだけ?ナハハ)

なごりおし櫻花堂辨當

よう
カレーうどんの朝
180507mornsimdi.jpg
何が彼をそうさせたのか…。
―それは突然に訪れ、
決して離してはくれない。
その衝動からは
逃れられないぃぃ~
映画 『 カレーの舌 』
はいはい、スイマセン。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ、や。
せば、食器をよく片付けるんや。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
"櫻花堂辨當"、なごりおし櫻花やね。
180507lounndksi.jpg
ナハハ

映画にしよう
nannyanennsorehonnmaare.jpg

では、
何でロビイストを志したん?
でも、
失望し、諦めたん?
そんで、
これからどないするん?

何だかなぁ…

映画は 出会い。

鯖かな?鮭かな?おっ鯖!

よう
朝食
"柿の葉ずし"
180506mornsimdi.jpg
柿の葉すしくへば…舌が鳴るなり美味し味
鯖かな?鮭かな?おっ鯖や!
エエ(吉〃)なぁ~
朝の時間を楽しむ

昼食
"にゅうめん と 柿の葉ずし"
おぉさうか…これぞ大和メニュー哉。
180506lounnchdiks.jpg
エエ(吉〃)なぁ~

いただいた春野菜
"葉たまねぎ"
180506hatamasa.jpg
綺麗な色、瑞々しく、柔らかで、穏やかな辛味
エエなぁ。
肉じゃがを炊く
180506nikugysuaks.jpg
とろとろやなぁ
エエ(吉〃)なぁ~

映画にしよう
yoyohoyoiyoyoosa.jpg

ワイルドだろぉ
あ…違った
グレートだぜぇ
ふぅ
やれやれだぜ

映画は 出会い。

鳥の声歌うのを聞きながらの朝食

♪チッQチッQチッQチッQチッQ

♪チッQチッQチッQチッQチッQ

よう
180505mortanisk.jpg
「お早ようございます」
180505rousaksia.jpg
朝の陽降りそそぎ、
鳥の声歌うのを聞きながら
朝食:なっとぉすと(納豆トースト)さ
180505mornsimd3.jpg
「やってみ」(あ…やっぱり言うてもた)
ゆっくりとね、
素晴らしき朝食、朝の時間。

チカラ強い木の芽、
芽じゃねぇな葉!
180505kinomesa.jpg
山椒の葉
まつしぐらに両手をひらげ
お前はチカラ強く、
お前の香気で、
邪気は祓われる
そうか、
今日は端午の節句。

昼食にいただいた"おでん"
180505lounndksi.jpg
タマゴ、美味いな~

わたしを呼ぶ花
180505hoooonorks.jpg

一輪の花のごとく
わが生よ
一輪の花のごとく
一心であれ
 
わが死よ
一輪の花のごとく
一切であれ

【 坂村真民 】


八字十音の誓願…
「 念ずれば花ひらく 」か。
今日も
悠々と咲く花の前にて、想ふ。

よし、の。

ぎょうざ 皆でワイワイとね 楽し美味し

朝の陽に
峯の木々が一斉に
歓声をあげている
よう
180504mortani.jpg
静かな境内の老櫻に
「お早ようございます」挨拶
180504rousakuska.jpg
そして、朝食のラーメンセット(ナハハ)
180504mornsimdi.jpg
ご飯に麺をのっけたりして食べます。

朴の花が咲いています。
180504hoooorks.jpg
百花 競い咲くとも あせらず 気にせず
百花 終わる頃 おおきな花を
天空に向かひ悠々と咲かせる朴の木よ…
敬愛する詩人の言葉、
悠々と咲く花を前に、
僕は、好きな詩を誦む。

念ずれば花ひらく

念ずれば
花ひらく

苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうして
そのたび
わたしの花が
ふしぎと
ひとつ
ひとつ
ひらいていった

【 坂村真民 】


『 念ずれば花ひらく 』
八文字の真言か。
朴の木たらん、な。

夕食によばれたのは
"ぎょうざ"!
180504dinnndks.jpg
「くぅぅぅっ 美味しな」
皆でワイワイ、ああだこおだ、
「あ!その列、わたしの」
「これは、僕の列や」
楽しな。

よし めし はな よし の。

美味しい新タマネギで

よう
今朝の饂飩
180503mornsimdi.jpg
昨夜、スーパーの惣菜売場で
買おて帰った"かき揚げ"でね。

大根グワァちゅうて擂ってガッサァちゅうて
葱ザクザクゥちゅうて刻んでガッサァちゅうて
つゆチャァァァァ・ア・アくらいか?
檸檬ギャッちゅうて
胡麻スリスリスリィ
うどん多めに摘んで
グゥワァちゅうて引っ張りだして
ハムッ…フツツ…フズズズゥ

「ふぅ、やっぱりエエなぁ、うどん」

映画にしよう
hinnganaineeee.jpg
小説の映画化
原作は読んでないけどね…
やっぱり、苦手だな。

ほな何で観るん?、て?
いや多分、まだ諦めてないんやと思う。
苦手を払拭できたら、楽しいやん?
僕の勘違いかも知らんしな、
そない思うからね
そやからね、
エエとこ、エエとこ…それを探って観るんやど…
結局、最後まで無理でした。

映画は、出会い。

今昼は美味しい新タマネギで
"たまご丼"
180503lounndjcis.jpg
出汁を鍋から、いっ気にかけたら、
何や、汁飯(しるめし)になってしもた(ナハハ)
もちろん、ご飯おかわり(ナハハ)
美味し!やなぁ。

「スナップかスナックか、それが問題だ!」…んなこたぁない。

よう
朝のお好み焼き
180502mornsimdis.jpg
「え゛っ朝からぁ?」
「へぇ朝からですねん」
豆腐一丁仕込んでますねん。
キャベツが甘おて美味いな。
三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
はい、
行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
何や知らん(知らんことはない)
「オムライス食べたい」なったから
180502lounndjsidk.jpg
オムライス辨當や
添える緑は、いただきものの"豌豆"です。
畑で採れたてのん、甘おて美味い♪な
"Sugar Snap Pea"言うしな、
スナッ"プ"やろな。
まぁ、スナッ"ク"でもエエかな、どっちでもエエな。
想像する、
スーパーマーケット野菜売り場、
"スナップエンドウ"の盛られた篭
その隣に並んだ篭に"スナックエンドウ"。
さて、どっちを買うかな?
つか並べて売ってたら、楽しいやろなぁ。
そやけど店員さん、質問ばっかりされるやろから忙しいか(ナハハ)
あ、スナックのママさんらは、
スナックを選ばはるやろな(絶対数が多いわけやないけどなハハ)
あ、そのママさんの苗字が遠藤さんやったら、
「共食いや」とか言うて、店で盛り上がるんやろな。
…はい、アホ話しはこの辺にしときます。
と、"手首を利かせて"豆を摘んで、
シャクッ♪、ふぅ、美味しな。

映画にしよう
pooooruuuuusids.jpg
ある町(ポルト)での、
あるひとつの恋物語。

ふむふむ、そうねぇ。
"その感情"か…あの感情やね。
そやけど、何だかなぁ…。

映画は、出会い。

いただきものの"新たまねぎ"を刻んで
『 冷ややっこ 』で、麦酒
180502sakyyy.jpg
「まぁまぁどおぞどおぞ」
「おゃおゃどおもどおも」
ふむ、
映画、ジム・ジャームッシュ監督・製作総指揮って、
そない書いてたから、何や色眼鏡で観てしもたかもな…
先日観た"パターソン"、
あれは、めっちゃ良かったもんなぁ…

映画を観たあとで、
ゆっくりとね、
飲みながらね、
つらつらとね、
物語を思い出しながらね。

そんで、
「あっ、そか、それで!」とか、
そん時、気付いたりして
ほんで、
又、胸がギュッちゅうてなったりして、
ナハハ
楽しいんよなぁ。

ほんで、
夜が更けてゆくのです。
ぐんぐん更けてゆくのです。

胡麻 すりすりすりぃっちゅうて

よう
今朝の饂飩"かま玉うどん"
180501mornsimdi.jpg
葱 がっさぁあっちゅうて
胡麻 すりすりすりぃっちゅうて
玉子 ぱぁっかぁ
ぐるぐるぐりぐりぃ
づ づづぅっ
「うぅぅぅわ めっちゃ旨い」

三万六千五百朝【 棟方志功 】
この朝、朝の時間を楽しむ。
せば、まずは食器をよく片付ける。
ほな、行ってまいります行ってらっしゃい。

今昼の辨當
180501lounndksi.jpg
何ちゅうんかなぁ…
こないな感じて、
「演出しよぉ」思て出来るもんやない
こないなった、いうことや。
そこがエエな、エエ感じや。

映画にしよう
zidaigekisaigonoiuute.jpg
タイトル『最後の~』やねんけど、
何だかなぁ…"ジェダイ"は、もぅ改名して欲しいな。
そうやな…"カンフー"やな。
その方がシックリくるわ。
"ライトセーバー"は、
武器やけど、"剣"ではない、"棒"や。
アクション指導はあるんやろけど、
殺陣(たて)指導は無いんやろなぁ。
まぁ、
僕の勝手な"好み"の話しか、ナハハ。

まぁ、
好きなシリーズや(と思てる)から、
観るねんけどなぁ、何かなぁ。
そやからこそ、ここは正直に、

映画は、出会い、だ!

残念だな…
うん、ビールでもやろう。
「まぁまぁ、どおぞどおぞ」
180501beeeeeirke.jpg
「おゃおゃ、どおもどおも」
ふぅ、
何か知らん、今な、
むしょ~にな、
『 椿三十郎/黒澤明監督 』が観たなったわ。
そないな衝動や、
どういうこっちゃろな。

ふぅ、
"スターウォーズ"最初の上映は、
昭和52年(1977)、
あれから40年か。
40年!
あれはそう確か…
梅田の映画館OS劇場!
まず、
劇場が、めちゃくちゃデカイくて驚いた記憶。
あれは、
きっと、"平日"やったんやろな
(ナハハ)

そうそう、
ルークとかオビワンの衣装!
何や柔道着みたいな感じのな。
あれ、かっこよくてなぁ。
竹刀(しない)持って、

「ゥブゥゥゥゥン フブゥゥゥゥン」

そない言うて、
よぉお真似しとったなぁ…。

えと…(部屋を見まわし)
こないやってな(菜箸の一番長いの持って)

「ゥブゥゥゥゥン フブゥゥゥゥン」

な。
「おっまだ効果音、言えるもんやなぁ」

「ゥブゥゥゥゥン フブゥゥゥゥン」

そんな夜は、更けてゆくのです。
…どんな夜やねん?

さぁ、平成三十年、早苗月が始まります。
プロフィール

Arbre de Hiver

Author:Arbre de Hiver
fuyu

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード